オーストリア旅行のおすすめ観光スポット

蒸し暑い日本の夏から逃れたいのなら、オーストリアの湖水地方、ザルツカンマーグートに旅行しませんか?

スポンサーリンク

夏のザルツカンマーグートきらめきの湖水地方

首都ウィーンから特急で約2時間で到着、ザルツブルグでバスに乗り換えて、1時間もするとバスは緑の濃い山間へ走ります。山を越えると、突如眼下には明るい水色の湖が見えてきます。ここは、サンクト・ヴォルフガング、オペレッタ「白馬亭」で有名なホテルがある湖畔のリゾートです。

町中には、オーストリアの最も重要な文化財の一つ、後期ゴシック芸術の最高傑作と言われた、巡礼教会があります。他にも、映画「サウンドオブミュージック」でおなじみのアプト式山岳鉄道でシャーフベルク (1783m )の山へ登れば、アルプスの大パノラマを見る事ができます。

この湖は、水温が高く夏は湖で泳ぐ人がたくさんいます。バスでさらに移動すれば、ユネスコ世界遺産ハルシュタット湖や、最も高い展望台を持つクリッペンシュタイン (2100m)へ登るロープウェイあるダッハシュタイン、グムンデン陶器で有名なトラウン湖、ハプスブルグ家の夏の別荘があった、温泉保養地バート・イシュルなど数多くの景勝地があります。

この夏に海外旅行を計画なら、ぜひともオーストリアの湖水地方へ行ってみましょう。夏バテで重くなった体を、リフレッシュするのなら、おすすめの保養地です。

さらに夏は、ザルツブルグ・バートイシュル共に音楽祭が開かれます。湖上オペラやコンサートなど、音楽の国ならではのゴージャス夏の催しもぜひお見逃しなく。

素朴なチロル・ザルツカンマーグート地方の料理

海外旅行で美味しい物を食べるには、行き先の郷土料理が一番美味しい物です。

ご紹介は、素材の持ち味を生かした素朴なチロル・ザルツカンマーグート地方の郷土料理、特産品の甘みのある岩塩をスパイスに使い、独特の風味があります。

おすすめは、湖水地方の名物トラウト(マス)をカラっとあげた、”バッハフィオレ” です。揚げたてにレモンをキュっと絞って食べるのは、最高に美味しいです。焼いた牛肉に、カリカリにあげた玉葱とドミグラスソースをかけた、ツヴィーデルローストブラーデン、衣をつけてロール状にした仔牛肉を生クリーム又はトマトソースと白ワインで炒め煮込む、ゲシュピックテ・カルプスフェーゲル、ロールの中にきのこを入れるバリエーションもあります。

淡白な味の淡水魚ツァンダーフィレ・モイニーレ、(川マス)のムニエルもおススメです。ヨーロッパでは高級魚として人気がある魚です。

その他おすすめは、ボリュームのあるクネーデル(肉ダンゴ)入りスープ類、ふんわり口溶けの良い焼き菓子、ザルツブルガーノッケルン、シナモン風味のリンゴとレーズンを薄い生地で包み焼いたアップルパイ、アップフェルシュトゥルーデルは、オーストリア料理のデザートの定番ですが、ふわふわのクレープ、カイザーシュマーレンも捨てがたいおいしさです。

海外旅行では、旅先での郷土料理が一番のごちそうです。ぜひ、おすすめ料理をご試食ください。

えっ直行便はない。どうしよう・・・。

残念ながら、現在日本から直接オーストリアに就航している航空会社はありません。直行便が飛んでいる、他のヨーロッパの各都市で乗り継ぎをするのが一般的です。おすすめは、一番搭乗時間が少なく、乗り継ぎが1回で済むのはルフトハンザドイツ航空で、お隣のドイツ・ミュンヘンで乗り換えてウィーンに行く事です。

所要約14~16時間ぐらいです。ただし、チロル地方やザルツブルグを重点的に観光をするなら、周辺都市の空港から列車に乗って、現地に行くという事もできます。海外旅行の醍醐味は、意外な場所に寄り道する事も旅の楽しみになります。

また、リーズナブルに現地に行きたいのなら、トルコ航空やエミレーツ航空など中東の航空会社か、大韓航空やタイ航空などアジアの航空会社を利用して、乗り継ぎをしてウィーンへ行くのも節約になります。これは時間がかかりますが、ヨーロッパ諸国外の都市での乗り継ぎは、ちがう文化を楽しむ事になり、旅のレパートリーが広がり面白い体験ができます。

近隣諸国の都市から、鉄道でオーストリアに入る事も、微妙に違う文化圏を旅行する事になり、海外旅行の醍醐味を体験できます。列車の場合、飛行機のようにずっと座っているわけでないので、かなりリラックスして移動する事ができます。

日本ではすでに無くなってしまい、ヨーロッパでも近年は本数が減りましたが、食堂車を連結している列車もあります。ノスタルジーを感じさせる、すてきな旅行体験ができます。ぜひとも乗り継ぎをする事で、いつもと少し違う海外旅行をお楽しみください。

さすがユーロは高い!

現在、オーストリアは経済的に安定した国です。EU主要国との物価は、ほぼ同等になります。オーストリアを旅行する方は、ドイツやフランスなどのEUの主要国よりは安く、東欧諸国よりは物価が高い場所と、頭に入れておく事が賢く旅をするポイントになります。

為替の変動で、現地通貨ユーロの価値はそのつど変わりますが、おおむね1ユーロ120円台で推移しています、確実に日本よりも物価が高い国に滞在しますので、買い物をする時は円に換算して購入しましょう。しかし、物によっては日本で買うよりも、安い物がたくさんあります。

生鮮食品や生活必需品などは、日本よりも割安で買えます。一方外食やホテルなどの宿泊施設は、日本よりも値段が高いです。オーストリアの各都市では、地下鉄・バスなどの公共交通機関を利用するのが一番便利です。毎年のように運賃が値上がりしていますが、タクシーや観光バスよりは、ずっと安い乗り物です。

賢く節約して旅行するには、円との相場をよく頭に入れて、買い物するときはかならず円に計算して購入しましょう。

節約して旅行するなら、外食は極力避けましょう。スーパーなどで持ち帰りの総菜など購入すると、夕食の変わりになり節約にもなります。

さあ、ポイントを頭に入れて、賢く買い物しましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

サイパン旅行のおすすめ観光スポット

日本との関係も深いサイパンですが、自然もあり、歴史的なスポットもあり、週末の2泊程度の泊りの海外旅行としても、行くことができる島になります。 海が美しく、ビーチや離島などでもマリンスポーツを楽しむこと …

食べ物がらみのスポットがいっぱい!ナンジャタウンのおもしろさ

子どもと一緒に遊びに行きたい、友達と都内に旅行へ行く、室内で思い切り遊びたいという人には、池袋にあるナンジャタウンがおすすめです。 ナンジャタウンは、池袋駅から徒歩10分程度のところに位置する、サンシ …

地元民おすすめ!石川県旅行の穴場スポット3選

石川県は、金沢市の兼六園など、定番ともいえる観光名所がたくさんある場所です。 北陸新幹線が開業し、東京と金沢がおよそ2時間30分で結ばれたこともあり、石川県は多くの旅行者から最近特に注目を集めています …

マンチェスター(アメリカ・ニューハンプシャー州)のおすすめ観光スポット

マンチェスターは、ニューハンプシャー州の最大の都市でボストンを中心とするニューイングランドのひとつです。 アメリカの中でも古い歴史を持つ街で、海沿いの港街では都会にいながら恵まれた自然を満喫できるので …

動物と触れ合える!「羽村市動物公園」で癒やされよう

東京近郊に旅行をするなら、羽村市動物公園の動物たちにふれあって、癒されてみませんか?

楽天モーションウィジェット