ブルーミントン(アメリカ・インディアナ州)のおすすめ観光スポット

インディアナ州のブルーミントンは、広大な自然を存分に感じられる都市となっており、中でも、特に多くの方々から高い評価を受けているのがフーザー森林国立公園です。

スポンサーリンク

自然と科学が両立する観光スポット

フーザー森林国立公園には、美しい国有林が広がっており、風光明媚な公園となっています。マコーミックズ・クリーク州立公園も、多くの観光客が訪れているスポットの1つです。

地元で人気のハイキングゾーンともなっており、トレイルがしっかりと整備されているので、小さな子供を連れていくにも、うってつけのスポットと言えます。他にも滝や自然センター、採石場など、豊富な見所が用意されています。

日本からの観光客から高い評価を受けている施設としては、ワンダーラブ・サイエンス・ミュージアムが挙げられます。このミュージアムでは、様々なテーマに沿って、来館者が体験できるようになっており、子供から大人まで楽しむことができます。理科を、面白いものと感じられるような工夫が随所に施されています。子供たちは、一日中ここにいても飽きることがないほど、充実した施設です。

他にも、インディアナ州大学美術館、グリフィー湖、ツイン・レイクス・スポーツ・パーク、RCAコミュニティ・パークなど、人気スポットに関しては枚挙にいとまがありません。

メキシコ料理も魅力の1つ

インディアナ州のブルーミントンで食べられるグルメは、種類も豊富でジャンルに関しても充実していますが、観光客から特に人気なのが、グリルを活用した料理です。ステーキにしても、鶏肉にしても、高い火力でグリルを施した料理が多く、香ばしい味わいが人気を呼んでいます。

味付けはどちらかというとシンプルであり、個人の趣味や趣向に左右されにくいのも大きな特徴です。一品一品の量も多めなので、お得感もあります。

アメリカ以外の料理としては、メキシコ料理やイタリアンを扱ったお店がたくさんあります。メキシコ料理は、タコスやトルティーヤなどの日本でお馴染みのメニューがありますが、インディアナ州では、その立地から本格的なメキシコ料理を提供するお店が、ほとんどです。

敢えて日本人好みに調整されていないメキシコ料理を食べることで、普段とは違った感覚を味わうこともできます。イタリアンに関しても同様であり、日本人用の味の調整がなされていません。これは、必ずしもデメリットではなく、新鮮味を感じられる要素となっています。

アメリカで作られている、イタリアンを好む方もおられます。日本でのイタリアンとの違いを見つけるのも、楽しみの1つと言えます。

シカゴを経由するのが近道

インディアナ州のブルーミントンには、日本からの直行便が出ていないので、アメリカの他の都市を経由し、インディアナポリスから鉄道で、ブルーミントンへと行くのが一般的です。

例えば、成田空港からアメリカのシカゴまでは、11時間半ほどかかります。そこからインディアナ州のインディアナポリスまでは、約1時間で到着します。その後、鉄道でブルーミントンまでは、それほど時間がかかりません。トータルのフライト時間としては、12時間半ほどになります。

他にも、サンフランシスコを経由するルートがあります。成田空港からサンフランシスコまでは、約10時間ほどで到着するので、シカゴまでに比べるとやや早く着きます。しかし、サンフランシスコからインディアナポリスまでには約4時間かかるので、トータルでは14時間かかることになります。

そのため、早く着きたい場合は、シカゴを経由するのがベターと言えますが、実際には乗り継ぎ時間がかかるので、一概にどちらが早いとは言えません。

ブルーミントンまでの経由地を選択する際には、フライト時間だけでなく、乗り継ぎ時間も考慮しておく必要があります。

シカゴからは、鉄道でインディアナポリスを訪れることもできますが、それだけで5時間程度かかってしまいます。

物価と利便性の両方に優れた州

インディアナ州は物価がそれほど高くないにも関わらず、利便性に優れた都市であるため、観光はもちろん、移住先としても人気があります。単純な物価を比較すると、アメリカの平均的な水準とそれほど違いはありませんが、税率が低めなので、支払うお金は少なく感じられます。

表面上の物価よりも、税率の方が支払うお金に与える影響が大きいことは、アメリカの特徴の1つです。

特筆すべきは、交通の便の良さです。インディアナ州はブルーミントンを始めとして、移動が行いやすい地域構成になっており、過剰に交通費がかかることがありません。そのため、旅行にかかる費用を抑えることができます。高速道路が集中しているので、レンタカーでの移動もしやすいです。

予算的に余裕ができることで、ショッピングなどを楽しむこともでき、人気の理由となっています。また、施設利用料も非常に安く、10ドル以下で入館できる博物館もあります。為替レートによりますが、施設利用料の多くが、1000円前後収まるのは嬉しいポイントと言えます。

レストランも一部の高級店を除き、リーズナブルな価格で料理を提供しています。一品あたりのボリュームも大きく、満足できること請け合いです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

カップル旅行で行きたい九州地方のおすすめスポット

好きな人と旅行に行くのは、ドキドキワクワクの連続で、計画している時から楽しいですよね。 九州地方に旅行を予定しているカップルの皆さんに、おススメのスポットをご紹介致します。

動物と触れ合える!「よこはま動物園ズーラシア」で癒やされよう

横浜には、個性的で人気のある動物園がいくつもありますが、その中の1つに「よこはま動物園ズーラシア」があります。 ここは公益財団法人横浜市緑の協会が管理する動物園で、横浜市旭区にあり、「生命の共生、自然 …

アメリカ・サウスダコタ州のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国の中西部にあるサウスダコタ州は、グレートプレーンズと呼ばれる大平原に位置し、南西部は標高の高い高原地帯があります。

初詣にもおすすめな「生田神社」の歴史

兵庫県にある生田神社は、神戸市の中央区にあり、三宮駅から北西に位置し、徒歩3分ほどのところにあります。 神社のある神戸の地名は、この神社の神封戸(じんふこ)の集落であったことことから、のちに神戸(じん …

メンフィス(アメリカ・テネシー州)のおすすめ観光スポット

テネシー州・メンフィスは、ミシシッピー川のほとりにあるアメリカ音楽の都です。 ブルースやロックンロールなど、アメリカの現代音楽の創始に貢献した町でもあります。

楽天モーションウィジェット