チャタヌーガ(アメリカ・テネシー州)のおすすめ観光スポット

チャタヌーガは、アメリカ合衆国テネシー州南東部の、商工業および観光都市です。

スポンサーリンク

ダイナミックな岩や崖が印象的な街

この地名は、原住民の言葉で「岩が迫りくる場所」という意味がある通り、ルックアウトマウンテンを中心に、ダイナミックな岩がひしめき合う場所があります。

かつて南北戦争の激戦区だったこの街は、その後もアメリカで治安の悪い街と言われていましたが、市民の努力により汚名を返上し現在では、インディアンの時代から残る神聖な観光スポットのある観光地です。

テネシー州チャタヌーガの観光地のおすすめのスポットには、インクライン・レイルウェイやロックシティーガーデン、テネシー水族館があります。

インクライン・レイルウェイは、アメリカの最も驚愕する1マイルとも呼ばれ、最大傾斜はなんと72.7%という世界で一番の傾斜を誇る、ルックアウトマウンテンを通るケーブルカーです。展望台から見下ろすチャタヌーガの街の眺望に、圧巻されてみてください。

インクライン・レイルウェイで登った、ルックアウトマウンテンの山頂にあるロックシティーガーデンは、この崖からは周辺のアラバマ州ジョージア州をはじめとする、7つの州を見渡すことができます。巨大な古代の岩の隙間を通ったり、吊橋を渡りながらウォーキングを楽しむこともでき、ギフトショップやレストラン、カフェもあるので1日たっぷりと自然を満喫してみてください。

今まで2000万人の観光客が訪れたというテネシー水族館は、世界最大の淡水水族館です。ロシアやアジアの魚をはじめ、アメリカのアパラチア山脈からメキシコ湾までの川に生息する生き物を、ストーリー仕立てで展示しているのが特徴です。

小さなお子さんから、大人までが楽しめる水族館です。

やっぱりアメリカBBQが美味しいテネシー州

山頂からの景色や観光スポット巡りに疲れたら、ゆっくり食事を楽しむ時間は旅行中の大きなポイントです。チャタヌーガ市内には、景色だけでなく美味しいアメリカ料理や、南部料理が味わえる手軽に入れるダイナーやレストランなど、観光地にふさわしく数多くの店があります。

テネシー州でおすすめの料理は、BBQです。 BBQは、ビーフやポーク、チキンなどを炭火焼きで、さまざまなソースをそのままかけたり、何種類かを混ぜたりして食べるのが一般的です。

ほとんどのBBQレストランのでは、炭火焼のお肉をソースをつけて食べるだけでなく、そのお肉をサンドウィッチしたメニューもあり、サイドメニューは南部料理名物のオクラのグリルなども揃えています。

チャタヌーガ発祥の味のハンバーガーも、地元の人にも大人気です。このハンバーガーは、1932年創業の老舗のKrystalと言う店で、食べることができます。店名と同じ、クリスタルと言うオリジナルハンバーガーは、小ぶりな四角いパンに、薄い四角いバーガー肉とみじん切りの炒めたオニオンとピクルスだけの、シンプルなものです。

マスタードは付けられているので、好みでケチャップを足して食べるのが一般的です。このシンプルなハンバーガーだけでなく、バーガー肉が2枚入ったスタッカーとベーコン入りなどの種類があります。

アメリカらしからぬ小ぶりなハンバーガーは、日本人にはピッタリサイズですのでおすすめです。

1回以上の乗換えが必要なチャタヌーガまでのフライト

海外旅行は、旅先が遠ければ遠いほど、短い移動時間で行きたいものです。乗り継ぎ回数が増えれば、乗り継ぎ時間もそれなりかかりますので、現地に到着したら疲れて体調を崩してしまう可能性もありますので、フライト選びも重要なポイントのひとつです。

日本からテネシー州のチャタヌーガまで行くには、直行便の運航がないため、1回以上の乗り継ぎが必要となります。成田や羽田から、デルタ航空やアメリカン航空、ユナイテッド航空が利用できます。

一般的に利用されているフライトをピックアップしますので、フライト選びの参考にしてみてください。成田国際空港から1回の乗り継ぎで行くには、デルタ航空を利用しアトランタ・ハーツフィールド・ジャクソン空港まで12時間41分、ここから現地まで56分のフライトで到着できます。

経由空港では、1時間43分の乗り継ぎ時間がありますが、15時間20分の移動で成田から一番短時間で行かれるルートです。

羽田空港から出発する場合には、デルタ航空で11時間15分のフライトでミネアポリス空港に行き、2時間38分のフライトで、次にアトランタ・ハーツフィールド・ジャクソン空港に向かい、ここから55分のフライトで現地にいくことができます。

2回の乗り継ぎと1時間56分と55分の乗り継ぎ時間がかかりますが、17時間29分の移動時間で行かれます。

このほかにも、アメリカ主要空港を経由して行くルートもいくつかありますが、移動時間に30時間前後かかるため、紹介した2つのいずれかがおすすめのフライトです。

消費税率の高いテネシー州

海外旅行と言えば、観光やグルメを楽しむために、次いつ来られるかもわからないと思いついつい大盤振る舞いしてしまいがちです。すっかり旅行が終わった後に、カード請求で驚かないためにも、予算についてもプランニングが必要です。

そこで一番気になるのが、現地の物価です。テネシー州は、物価の高いハワイ州ニューヨーク州と比べ、ミシシッピ州に次いで、物価が安いといわれています。

アメリカでは、各州で消費税率が決められており、なんとテネシー州はその税金が9.46%なため、日本よりも安いと言って少し高額な買い物をした場合には、かなり高い税金が付いてしまうことになります。そのため、日本も8%の消費税ですが、ほとんど日本と同じもしくは少し高めと想定しておくことが無難でしょう。

それに加えアメリカでは、ホテルのベルボーイやベッドメイキングのほか、レストランのウェイトレスやボーイにもチップが必要となります。その分も加算した予算を立てることが大切です。

現金を多く持ち歩くのも危険ですので、クレジットカードを持っていくことも必要ですが、チップや屋台などのスナックを購入する際には、ドルキャッシュが必要ですので、ある程度はドルに出発前に両替しておくことも重要です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

夏休みに家族で旅行したい山形県のおすすめスポット3選

夏休みに山形県を旅行する場合は、豊かな大自然を満喫する旅にしたいものです。 山形県の旅行は、地域ごとに効率的に廻る必要があります。 山形県は東に蔵王連峰を擁する奥羽山脈が聳え、西は日本海に面します。 …

大山まきばみるくの里で人気の体験とは?

大山まきばみるくの里は、鳥取県西部の西伯郡に位置しています。 牧場の裏には、「伯耆富士」の名前で親しまれる中国地方最高峰標高1,729mを擁する大山が聳え立ちます。

雨が降っても大丈夫!宇宙ミュージアムTeNQの楽しみ方

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)は東京ドームシティの中にあります。 東京ドームシティは、読売ジャイアンツの本拠地となっている野球場の東京ドームや遊園地になっている東京ドームシティアトラクションズ …

シンガポール旅行のおすすめ観光スポット

シンガポールの観光スポットと言えば、マーライオンを思い浮かべる人が多いでしょう。 首から上がライオン、魚の胴体を持つマーライオンが波の台座の上に乗り、口から水を吐いています。 このマーライオンはシンガ …

初心者も気軽に行ける!お台場海浜公園で釣りの魅力に触れよう!

お台場は東京港埋立第13号地に属する東京都港区台場エリア、品川区東八潮および江東区青海の中でも青海南ふ頭公園以北から成る地域などになります。 エリアについては難しいと感じてしまう人も多いかと思われます …

楽天モーションウィジェット