デンマーク旅行のおすすめ観光スポット

コペンハーゲンの市内観光を一通り終えたら、おすすめの観光スポット、童話作家アンデルセンの生まれ故郷を訪ねましょう。

スポンサーリンク

メルヘンの国のおすすめスポット

アンデルセンの童話は、彼の生まれ育ったオーデンセでの生活が、色濃く表れています。まずは「アンデルセン博物館」に行きましょう。彼の生涯の年表や、時代背景などがわかりやすく展示されています。2020年には、さらにグレードアップした、新しいアンデルセン博物館がオープン予定だそうです。

次にアンデルセンの生家を訪ねましょう。19世紀初頭の、労働者階級の暮らしぶりが、良くわかるように展示してあります。デンマークの王族が住むお城と比べると、当時の庶民の生活が非常に貧しかった事がよくわかります。

次に「救貧院」を訪ねます。家が貧しかったアンデルセンは、ここで無料で受講できる学校に通ったそうです。そして名作「あの女はロクでなし」の舞台となった、洗い場です。

アンデルセンの母親は、洗濯婦の仕事をしていました。真冬でも冷たい水に足をつけて洗う仕事は重労働で、この仕事をする人々はお酒を飲みながら体を温めて仕事をするために、重度のアルコール中毒になる人が多く、アンデルセンの母親も例外なくアルコール中毒で亡くなりました。

社会的な偏見に、怒りをこめて書いた物語それが「あの女はロクでなし」という物語なのです。他に、母親が洗濯婦として勤めていたオーデンセ城、アンデルセンがオーデンセ市栄誉市民が授与されたオーデンセ市庁舎など、見所がいっぱいあり、繁華街を中心に童話のモニュメントがたくさんあります。

ぜひとも海外旅行の醍醐味である、物語めぐりをお楽しみください。

酪農と北欧の豊かなグルメにご案内

デンマークは、酪農の国です。養豚業がさかんで日本にも輸入されています。おすすめ料理は、豚肉をメインにした肉料理で、寒い冬を乗り越えるための活力元なのです。

◆代表的な料理◆

「フレスケスタイ」

豚の背中を皮付きの塊をオーブンでじっくりと焼きます。それをスライスして、グレーヴィーソースをかけて食べます。カリカリに焼けた皮の、クリスピーな食感がとても美味しい物です。紫キャベツの煮込み、茹でたジャガイモなどを付け合わせにするのが一般的です。

「フリカデラー」

デンマーク風ハンバーグで、豚ひき肉を使用し、玉ねぎのみじん切り、香辛料等を加えて、平たく丸めてフライパンで焼きます。大きめのボウル皿に山盛りにして、真ん中にドンと置き、皆で食べ分けて食べます。

「エープルフラシュク」

1cmほどの、厚切り豚バラ肉を1表面がカリカリになるまで焼き、りんごのソテーといっしょに食べます。豚肉とリンゴの相性は最高なので、ぜひお試しください。

デンマークの国民食、「スモーブロー」

薄切りにした白パンや黒ライ麦パンにバターを塗り、豚肉や魚・野菜などを乗せたオープンサンドイッチで、種類も豊富でボリュームがあります。

ぜひ、旅行中に気軽に味わってください。

海外旅行で一番美味しい食べ物、それは現地の郷土料理です。ぜひ、お試しください。

快適、北欧の交通機関

コペンハーゲンには、成田空港からスカンディナビア航空の直行便が毎日飛んでいます。所要時間約12~13時間ぐらいです。関西や名古屋の空港からは、フィンランド航空が毎日飛んでいます。これで、ヘルシンキ経由でコペンハーゲンに行く事ができます。

時間がかかっても、リーズナブルに行きたいのなら、周辺諸国の航空会社や、南回りで中東や東南アジア系の航空会社利用もできます。レアで楽しい入国方法としては、オランダ・アムステルダムやドイツ国内の空港から、鉄道を利用する事おすすめします。

コペンハーゲンは北欧の十字路と言われ、各国から国際列車が乗り込む交通の要衝でもあるからです。アムステルダムの空港は、直接列車が乗り込んでいるので、空港からそのままダイレクトに車窓の旅が楽しめます。ドイツ国内の主要空港から列車を利用して、コペンハーゲンに行く事も、列車の本数が多く利用しやすいものです。

特にベルリンやハンブルグから北欧諸国へ向かう長距離列車は、かならずコペンハーゲンに停車します。細かいバルト海の島々を結ぶので、列車ごとフェリーに乗り込むレアな体験をします。短時間ですが、船旅を楽しむ事もできます。

また、フィンランド航空を利用でヘルシンキで乗り換えなら、バルト海沿岸都市を結ぶシリアラインというフェリーに乗って、コペンハーゲンに行く事も、少しゴージャスな船旅を体験できます。

ぜひ海外旅行ならではの、レアな体験をおためしください。

海外旅行の必須事項はお金の認識

北欧は福祉国家で有名ですが、消費税が非常に高く、物価が非常に高い場所です。デンマークは現在、クローネという自国通貨が流通しています。デンマークは他の北欧諸国と比べると安い方ですが、西ヨーロッパ諸国と比べると非常に高くなりますので、それなりの出費は覚悟した方が良いと思います。

デンマークで一番高い物は、外食とタクシーと言われています。空港から市内間タクシー基本料金で約3,351円 、公共の電車かバス・地下鉄でも約589円かかります。

食べ物・飲み物の値段をまとめました。

・ランチー約1500円~
・ディナー約3000円~
・マクドナルドのビッグマックセット 約1080円
・コンビニの500mlの水 約245円
・セブンイレブンのコーヒー 小:約340円 大:約390円
・自販機のペットボトルのジュース 約350円

日本でのお値段の1.5倍と言われています。 デンマークの物価が高いのは、25%という付加価値税(消費税に相当)がかかっているからです。しかし、外国からの旅行者は免税ができますので、「TAX FREE」と表示のある店で、1日1店舗につき300クローネ以上の買い物した場合、買った商品の付加価値税の最大19%が払い戻しになります。

旅行者である事を申し出て、免税書類を作成してもらいましょう。作成の際はパスポートの掲示が必要になります。免税扱いで購入した商品は、最終出国まで開封してはいけませんので注意しましょう。

免税制度を利用して、賢く海外旅行を楽しみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

アメリカ・ニューハンプシャー州のおすすめ観光スポット

アメリカのニューハンプシャー州は自然が豊かな土地です。 地図の上では小さな州ですが、北東部で一番高い山地があったり、短いながらも美しい海岸線があり多様な地形に富んでいます。 ですので、様々なアトラクシ …

地元民おすすめ!富山県旅行の穴場スポット3選

北陸新幹線が開通になったことで、富山県は観光地として人気が上昇しているといわれています。 そんな富山県には、美しい自然、世界遺産などたくさんの観光スポットがあります。 ただ地元民しか知らない穴場スポッ …

ベルン(スイス)のおすすめ観光スポット

スイスのベルンという町は、ほぼ中央に位置する大きな町です。旧市街の町並みはとても美しく、世界遺産にも認定されています。

東京都のおすすめ旅行スポット

日本の首都、東京。2020年には、東京オリンピックも開催されることもあり、ますます魅力的な街へと日々変化し続けています。 そんな「眠らない街、東京」のおすすめスポットをいくつかご紹介致します。 スポン …

岡山県のおすすめ温泉地3選

桃太郎伝説の地として知られる他、小京都と呼ばれる倉敷、日本三大庭園のひとつ後楽園を擁する岡山県は、旅行先としても人気が高いですが、名湯とされる温泉も豊かな土地です。 山の中にあり、アクセスが大変な場所 …

楽天モーションウィジェット