グアム旅行のおすすめ観光スポット

チャモロビレッジでは、毎週水曜日の日暮れ時からナイトマーケットが開催されています。

こちらは観光客だけでなく地元民も多数訪れるスポットで、賑わっている様子を楽しむことができおすすめです。

スポンサーリンク

ナイトマーケットが楽しめるチャモロビレッジ

おすすめしたいポイントは、ナイトマーケットでは雑貨や民芸品など様々なものが販売されていたり、食事やドリンクを提供する飲食店もあり、幅広く楽しむことができます。

他には、ダンスフロアがあり、ダンサーや地元民の踊っている姿を観賞したり、音楽をきくこともできます。 露店もたくさん出店されており、地域のチャモロ料理やバーベキューなどの他に、スイーツやスムージーなどの露店もあります。

露店ではグアムオリジナルの雑貨や工芸品が販売されていて、ハンドメイドの品もあり、ここでしか手に入れることができないものもたくさんあります。チャモロビレッジの場所は、ホテルが立ち並ぶ街の中心地からも比較的近い場所ですが、移動にはシャトルバスやレンタカーなどがよく利用されます。

駐車場もありますが、時間帯によっては混雑が予想されます。

ナイトマーケットは水曜の夜限定ですが、昼間は常設店のみ営業をしています。ナイトマーケットでは行列ができる店も、昼間は並ぶことが少なく、落ち着いた空間でグルメや散策を楽しむことができます。

グアムのおすすめグルメはステーキ

海外旅行では、その地域の食事を楽しむことができますが、グアムにはステーキハウスが多数あります。ステーキハウスでは、アメリカならではのサイズ感と赤みのお肉を味わうことができます。日本語が通じるスタッフがいるお店であれば、注文の際も心配ありませんが、いないお店では簡単な英語や身振り手振りで、注文することになります。

グアムのステーキは、部位やグラムで注文することが多いため、あらかじめお店のメニューや注文方法を調べてから来店すると安心です。また混雑が予想されるディナータイムは、予約が必要になるお店もあります。ステーキの一皿のボリュームがある場合は、数人で分けてシェアすることもできます。

またグアムは海産物も豊富なので、サイドメニューとして味わうこともできます。 またバーベキューのお店では、海岸近くの外で食事を楽しめたり、食事と一緒にショーを見ることができる場所もあります。伝統的なダンスショーやファイアーショーなどが同時に楽しめるので、観光客に人気となっています。

また食事の際は、一緒に注文するドリンクやサイドメニューが大容量であることが予想されるので、最初は少なめで注文し、料理の量を確認してから追加注文するのがおすすめです。

フライト時間や時差について

日本からグアムまでのフライト時間は、約4時間となっています。これは、日本から直行便で行く場合の時間で、海外旅行の中でも比較的フライト時間が短く、移動時間が短いことでも人気となっています。天候や気象情報にもよりますが、成田空港からは3時間45分、関西国際空港・中部国際空港からは3時間35分、福岡空港からは3時間55分、新千歳空港からは4時間35分というフライト時間になっています。

時差は1時間となっていて、日本より進んでいることになります。そのため現地に到着したら時計の針を1時間進めることで、現地時間となります。 時差があるため日本を出発した時間から考えると、フライト時間が約4時間ですが、実際は5時間かかった計算になります。

海外旅行の中でも時差による体への影響はほとんどありませんが、滞在時間やスケジュール管理には注意します。反対に帰路の際はフライト時間約4時間に対して時差の影響で1時間戻ることになるので、実際は3時間しか経過していないことになります。

早朝や夜間のフライトを選択した時は、交通機関等の影響もあるため、気をつけたいポイントになります。時差もあまり大きくなく、フライト時間も短めなため、家族旅行や短期間での海外旅行におすめの地域となっています。

グアムの物価について

グアムはアメリカの領土なので、使用されている通貨はドルになります。そのため円高・円安の影響で、円からドルに両替する際の金額には違いがあります。 物価はグアムは日本と同等の価格帯であることが、ほとんどとなっています。

アメリカから輸入されているものが多いので、アメリカに比べると多少高めですが、関税がかからないため恩恵もあります。関税がかからないため、免税店ではブランド品などが多数並び、日本国内で購入するよりも関税の分安く購入することができます。

反対にアメリカ以外から輸入しているものは、グアムでの物価が高くなっている傾向があります。そのため、日本で購入して持っていったほうがいいものと、現地で購入したほうがいいものは、あらかじめ確認しておいたほうが安心です。

食事をする際は、日本と同等、もしくはそれよりも少し高いことが多いです。アメリカサイズのため量が多いこともありますが、店によって差が大きい部分でもあります。

一般的にファーストフード店や屋台は低価格で、海外旅行客をターゲットにしているレストランでは、サービス料などが含まれ割高になる傾向があります。

地元民も訪れるようなお店だと、日本とほぼ変わらない物価であると予想できおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-

関連記事

タイ旅行のおすすめ観光スポット

日本人の海外旅行の人気先で毎年のようにトップ10にランクインするタイは、東南アジア諸国の中で最も日系企業進出数が多いことでも知られています。 日本のサブカルチャーを好きなひとや親日家が多く、ノリが良く …

マッコール(アメリカ・アイダホ州)のおすすめ観光スポット

アメリカの北西部に位置するアイダホ州は、ポテトの代名詞といっても過言ではないほど、その地名が知られています。

夏休みに家族で旅行したい富山県のおすすめスポット3選

日本海側にある富山県には、見ごたえのある世界遺産や幻想的な景色が広がるスポットがあり、親子揃って楽しめます。 夏休みの旅行でどこに行こうか迷っている時は、魚介類やごはんが美味しい富山県に足を運んでみて …

アテネ(ギリシャ)のおすすめ観光スポット

アテネは、ギリシャ共和国の首都であり、最大の都市でアッティカ地方にあります。 世界でも最も古い都市のひとつで、約3,400年の歴史を誇り、古代アテネのアテナイは、強力な都市国家として知られている都市で …

アメリカ・サウスダコタ州のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国の中西部にあるサウスダコタ州は、グレートプレーンズと呼ばれる大平原に位置し、南西部は標高の高い高原地帯があります。

楽天モーションウィジェット