カーニー(アメリカ・ネブラスカ州)のおすすめ観光スポット

カーニーは、アメリカ合衆国ネブラスカ州の南中部、バッファロー郡の郡庁所在地でもある都市です。

スポンサーリンク

自然景観やアメリカ西部の歴史を感じられるカーニー

ネブラスカ州は、多くが農業地帯なため、このカーニーもどこまでも続くトウモロコシ畑の風景は圧巻で、市内にはネブラスカ大学カーニー校があり、多くの学生で賑わう街でもあります。

自然に囲まれているので、夜には日本ではなかなか見ることができない星空を、見ることができます。警察の24時間のパトロールが徹底し、治安が良いことから、住み易さはもちろん、観光客も安心して過ごせる街です。

このネブラスカ州のカーニーには、ネブラスカ美術館をはじめとする、おすすめの観光スポットもあります。

このネブラスカ美術館は、およそ5000点以上もの芸術作品が所蔵や展示がされており、ネブラスカ州の歴史と文化を知ることができる美術館です。洗練されたホワイトカラーの外観が特徴的で、周辺の緑の自然にマッチして美しいので、写真撮影にもおすすめのスポットです。

自然をもっと楽しみたい方には、コットンミル湖がおすすめです。従来、発電用貯水湖として機能していましたが、自然景観やピクニック、釣りが楽しめる場所として、地元の人たちにも親しまれています。フリスビーをゴルフのように行なう、無料のフリスビーゴルフのコースもあるので、ぜひ挑戦してみてください。

Great Platte River Road Archway Monumentは、大きな橋がかかったレンガ造りの建物が印象的で、この橋の内部が博物館となっています。ジオラマやマネキンをいたるところで設けており、170年ほどのアメリカ西部の歴史や、その当時の生活などが詳しく説明されています。

ネブラスカ州の公式観光情報センターも併設しているので、観光情報もゲットできます。

ネブラスカ州の名物ビーフステーキ

旅行の目的がいくら観光であっても、地元の名物などの料理を味わうのも、楽しみのひとつです。アメリカと言えば、ハンバーガーやステーキですので、肉食系の方には最適です。ネブラスカ州には、大自然の中に農場や牧場も多くあることから、ここでの名物もビーフステーキです。

ここのビーフステーキは、さすがアメリカサイズというほど大きいので食べがいがあります。レアの焼き加減に、甘めの醤油ダレをかけて食べるのが一般的で、レストランによっては、それにスパイスを加えたソースなど、味わいはさまざまです。

そのほかには、Catfishのソテーも地元の人に定番のメニューです。Catfishとは、ナマズのことで、泥臭いイメージがありますが、レストランで出されるナマズは養殖ナマズですので、泥臭さもないので安心です。くせのない白身なので、おすすめです。

Runzaというサンドイッチも有名です。このRunzaは、パンの中にキャベツやひき肉、玉ねぎを炒めスパイスで味付けした具が入っており、くせになる美味しさです。ネブラスカ州内には、このRunzaを専門としている店舗が70店舗以上あり、カーニーにもありますのでぜひ、このRunzaも試してみてください。

大変に遠いネブラスカ州カーニー

広い国土を持つアメリカには、いくつもの州があり、州によっては日本からかなり時間がかかる場所も多くあります。アメリカのちょうどおへそと呼ばれる場所に位置している、ネブラスカ州のカーニーもそのひとつです。そのため、最低でも2回の乗り継ぎで、カーニーを目指すことになります。

2回の乗り継ぎでいく場合には、成田国際空港から全日空で9時間20分のフライト、シアトルタコマ国際空港で9時間50分の乗り継ぎ時間の後、アラスカ航空で2時間27分のフライト後、デンバー国際空港で12時間53分の乗り継ぎ時間の後、ペンエア航空で1時間20分で到着します。

羽田空港から出発の際には、中国東方航空で3時間のフライトで浦東国際空港を経由し、11時間30分のフライトでサンフランシスコ国際空港でサウスウエスト航空に乗り換え、デンバー国際空港まで2時間30分のフライトで、ここからペンエア航空に乗り換え、1時間20分のフライトで行くことができます。

いずれも待ち時間を入れると、30時間前後の移動時間がかかります。この2つのルートのほかにも、出発日によって、乗り継ぎ時間が短いフライトに乗り継ぎができ、短い移動時間で行かれることもありますので、フライトスケジュールをしっかりと確認することが大切です。

また、乗り換え便によっては、その都度チェックインしなくてはならない場合もあることを、覚えておきましょう。

アメリカ全土の中でも安い物価のネブラスカ州

海外旅行の目的が何であれ、旅行するとなれば航空券とホテルは必須ですので、まず最初に手配するでしょう。初めての旅先や、初めての海外旅行の場合のほとんどは、旅行会社が主催しているパッケージツアーを利用すると思いますので、予算や好みに応じたツアーを選べば問題ありません。

その後には、現地で必要となる費用が一番気になるものです。特に初めての海外旅行だったらなおさらです。アメリカは、日本と同じように消費税があり、日本のように一律の税率ではなく、州ごとに税率が決められているため、州によって異なります。

その地域によっては、独自の税金が上乗せされている場合もあるので、かなり税金がかかることもあります。ネブラスカ州は、アメリカの中でも物価が安く、州税が6.89%ですので、日本の消費税よりも低いので、ほとんど同じくらいの感覚で買い物や食事ができるといえます。

当然のことながら、高級ホテルや一流のレストランで食事や買い物をすれば、それなりに高額となります。さらにアメリカはチップ制ですから、チップが必要とするホテルのベッドメイキングや、レストランのウェイトレスには必ずチップを置かなくてはなりません。

ホテルの部屋でうっかりチップを忘れると、ベッドメイキングだけでなく、掃除もタオル交換もされないこともあります。

現地での費用は、州税とチップを考えて、多めに見積もっておくと間違えないでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

デンマーク旅行のおすすめ観光スポット

コペンハーゲンの市内観光を一通り終えたら、おすすめの観光スポット、童話作家アンデルセンの生まれ故郷を訪ねましょう。

大人も子供も楽しめるプール!赤坂「ホテルニューオータニ」

赤坂にある、ホテルニューオータニのガーデンプールは、宿泊者はリーズナブルな価格で利用することができますが、外部からの利用者の場合は、一般的な市民プールと比較するとやはり高めではあります。 しかしその分 …

マンハッタン(アメリカ・カンザス州)のおすすめ観光スポット

ニューヨーク、マンハッタンに旅行に行くなら、そのアメリカらしさを感じられる定番の観光スポットは抑えておきましょう。 ニューヨーク、マンハッタンにやってきたという実感を得ることができます。日本の観光スポ …

ドーバー(アメリカ・デラウェア州)のおすすめ観光スポット

デラウェア州ドーバーは、ドーバー海峡で聞き慣れる名前のとおり、イギリスの植民地であった歴史があります。 それゆえに、ドーバーの街にある全ての建物がその歴史を物語る観光スポットでもあるのです。

夏休みに家族で旅行したい福島県のおすすめスポット3選

福島県は東北地方の南部に位置する県で、浜通り、中通り、会津地方に分かれています。 それぞれの地域によって特色は異なりますが、豊かな自然が魅力の観光スポットや歴史や文化を感じることができる観光スポットな …

楽天モーションウィジェット