コナ(アメリカ・ハワイ島)のおすすめ観光スポット

ハワイ諸島の中で、最大の大きさを誇るハワイ島は、今もなお活動を続けている火山だけでなく、古代ハワイの歴史にまつわる観光スポットもあります。

スポンサーリンク

カメハメハ大王が晩年を過ごしたハワイ島コナを観光

サトウキビ産業で栄えたヒロは、煌びやかさがない素朴なイメージの街ですが、一方でコナは、ハワイ島の中でも一番観光客で賑わっている街です。

コナの街のメインストリートのアリナ・ドライブには、大きなバニアンツリーと共に可愛らしいショップが立ち並び、シーサードにはお洒落で雰囲気の良いレストランやカフェもたくさんあります。ショッピングを楽しんだら、カフェでひと息ついたり、ビーチでまったりと過ごしてみませんか。一番贅沢な過ごし方ができます。

ハワイ島の中でも、有名なケアラケクア湾は、ハワイを発見したイギリス海軍士官のキャプテンクックこと、ジェームスクックが命を落とした場所です。その死を悼んで建てられた白亜の記念碑があり、この記念碑には遊覧船に乗っていくことがおすすめです。

1961年に復元された、プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園は、ハワイの文化を肌で感じられる、おすすめの観光スポットです。ここは、禁令を破った人や敗残兵が、それぞれの罪を逃れるために逃げ込んだ、駆け込み寺のような聖地で、丸太の柵で囲まれたヤシの葉で葺かれた神殿には、等身大の木像が海に向かって並べられているのが特徴です。

人気のローカルダイナーで美味しい食事

活気あふれるリゾートエリアは、水平線に沈む夕日のことを、コナサンセットと呼ばれ、地元のひともこのサンセットを愛し癒されています。世界3大コーヒーのひとつで知られているコナコーヒーの栽培地としても有名で、コーヒーを味わえるカフェや、賑やかなエリアにふさわしくレストランも充実しています。

その中でも、地元でも人気のダイナーを紹介しますので、地元の人と交じって、賑やかな食事をしてみませんか。

人気のファミリーレストランの、ビッグアイランドグリルでは、朝から地元の人や観光客で賑わっています。メニューはローカルフードがメインで、パンケーキとボリューム満点のロコモコがおすすめです。ロコモコは、濃すぎない味付けで、まろやかで食べやすく、かなりのボリュームなので、しっかりとお腹を空かせていきましょう。

ママラホア・ハイウェイ沿いの、ケアラケクアにあるハンバーガーショップのアニーズアイランドフレッシュバーガーズがおすすめです。店の裏で、レタスやトマトを自家栽培し、地元産の新鮮な食材を使ったメニューに加え、ソースも作りおきをしないというこだわりで、2011年から3年連続でウエストハワイの、ベストバーガーに選ばれいる地元で人気の有名店です。

ボリュームはありますが、脂っぽさがないので、病み付きになること間違えなしの一品です。

便利な直行便でひとっ飛び

コナまでは、日本の成田国際空港と羽田空港から直行便が運航していますので、ラクに行くことができます。羽田空港からは、ハワイアン航空で約7時間20分、成田国際空港からは、日本航空で約7時間50分のフライト時間で到着します。

このほかにも、日本国内の主要都市空港から、オアフ島のホノルル国際空港で国内線に乗り換えて行くことができます。ホノルルからコナまでは、約45分のフライトですので、離陸してドリンクサービスを受けたらすぐ着陸です。朝から夕方まで国内線は運航していますので、ホノルルに滞在している方も、ちょっとした日帰り旅行も楽しめます。

羽田空港からのハワイアン航空の直行便は、水曜日と金曜日、日曜日の週3便が運航しており、夜23時55分の出発なので、オフィスから羽田に直行してハワイ旅行が楽しめます。

ハワイアン航空では、有名シェフによるハワイ風の機内食や豊富なドリンクメニューを揃えているので、美味しい食事も味わえます。映画や音楽が楽しめるエンターテイメント、機内雑誌などハワイスタイルのおもてなしで、快適に過ごすことができます。

そのため、搭乗したと同時にハワイアンムードに包まれて、ゆったりとした空の旅も満喫できます。

物価の高さで有名なハワイ

海外旅行は、どんなに旅慣れている人にとっても、出発前はわくわくするものです。特に初めての海外旅行の場合には、計画しているのも楽しい反面、言葉の問題など不安はあります。航空チケットやホテルなどは、ツアーを利用しても、現地での観光や買い物、食事にはやはりそれなりに費用がかかります。

ある程度の、現地での物価状況の知識を持つことも必要です。

ハワイは、トロピカルフルーツのように自給自足している物以外は、ほとんどがアメリカ本土からの輸送品となるため、商品代に輸送代か加算されるため、当然高い物価となってしまいます。ましてや、コナは離島なため、さらに輸送代が加算されますので、ワイキキのあるオアフ島よりも高いことになります。

ハワイ島の中でも、コナはヒロに比べて少し高めの物価です。アメリカはビールが安いというイメージもありますが、ハワイではさほど安くなく、日本と比べれば多少安い程度です。名産のコナコーヒーも農園で直接買っても、かなり高く、日本で輸入品としてかなりの値段がするのも納得ができます。

ハワイでは、日本の消費税と同様に何に対しても4.16%の州税がかかり、チップ制ですから、ホテルやレストランでも必ずチップを置かなくてはいけません。

そのため、州税やチップも考えて、予算計画を立てることが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

  • Title

    […]usually posts some really intriguing stuff like this. If you are new to this site[…]

  • Title

    […]always a major fan of linking to bloggers that I adore but don’t get quite a bit of link enjoy from[…]

  • Title

    […]here are some links to web sites that we link to for the reason that we consider they’re worth visiting[…]

  • -->

    関連記事

    ドバイ旅行のおすすめ観光スポット

    ドバイはとても小さな国ですが、観光スポットがあります。

    岐阜県のおすすめ温泉地3選

    旅行に行った際には、その土地の名物を味わうことも醍醐味ですが、温泉に浸かることも大きな楽しみの一つになります。 岐阜県にも有名な場所があるので、旅行を満喫したい場合には、それぞれの場所の特徴を把握して …

    パナソニック製品を学べる!パナソニックセンター東京の見学

    パナソニック製品を楽しく体験しながら学べる施設、パナソニックセンター東京をご紹介します。

    女子力アップ!東京のおすすめ岩盤浴5選

    都内でお洒落な岩盤浴を楽しみたいという方はいらっしゃるでしょう。 特に女性同士のお出かけやカップル同士のデートなどで、お洒落な岩盤浴で良い雰囲気を楽しめたら、最高な一日になると思います。 たくさんのお …

    アナーバー(アメリカ・ミシガン州)のおすすめ観光スポット

    ミシガン州アナーバーは、外国からわざわざ観光で訪れるタイプの街ではありませんが、アメリカ人が住んでみたいと憧れるような、小さなオシャレな街です。

    楽天モーションウィジェット