ラファイエット(アメリカ・ルイジアナ州)のおすすめ観光スポット

アメリカのルイジアナ州にあるラファイエットは、州の南部にある開放的な街で活気にあふれています。

18世紀、フランス系カナダ人によって開拓された、いわゆる「ケイジャン・カントリー」の中心地です。

スポンサーリンク

アメリカの歴史を体験することができます

ラファイエットを観光するなら、「バーミリオンビル・リビング・ヒストリー&フォークライフ・パーク」がおすすめで、現地の歴史を学ぶことができます。アメリカの歴史を感じることができる村で、当時の家があり、中に入ると1800年代初頭の雰囲気を楽しむことができたり、当時の衣装を着たガイドと出会うことが可能です。

かわいいビレッジがあり、19 世紀頃のケイジャンの村を再現されており、 教会やアートギャラリーもあります。ラファイエットの近くには州立公園である「ロングフェロー・エバンジェリン・ステート・ヒストリック・サイト」があり、敷地には歴史的な家を見ることが可能です。

畜産やサトウキビ・綿花などのプランテーションの一部で、1800 年代アケーディアの農場が見事に再現されています。 歴史的や文化的な名として「セント・マーチンヴィル文化財センター」もおすすめで、ラファイエットの近くにあり、「アケーディアン・メモリアル」や「アフリカン・アメリカン博物館」などの博物館があり、一回の入館料で2つの博物館を見ることができるのでおすすめです。

アメリカ文化史に関して、学ぶことができるでしょう。

名物サンドイッチを食べよう

ルイジアナ州に観光に来たなら是非食べてみたいのが、ルイジアナ州の名物サンドイッチである「ポーボーイ」です。

フライした海産物や肉などを、固めのバゲットで挟んだもので、地元でも人気のある料理で、ラファイエットでは「オールド・タイム・グロサリー」などのお店で購入することができるでしょう。ボリューム満点で、ランチタイムにぴったりの料理です。

夏になると、味付けシロップをたっぷりかけたかき氷のスノーボールを、地元の人と一緒に楽しむことができます。ダイニングとダンスを楽しむことができるレストランも多く、リラックスした雰囲気でおいしい料理を味わったり、音楽の生演奏を楽しむことが可能です。

レストランでのおすすめ料理には、新鮮なカニを使った料理や、地元の野菜を使ったオーガニック・サラダ、ケイジャン料理である「ブラッケンド・キャットフィッシュ」などです。ラファイエットは、雑誌で「アメリカ一の食の街」にも選ばれており、土曜の朝になると「マーケット・アット・ザ・ホース・ファーム」で、地元の新鮮な食材を購入することができたり、ここでランチを調達してから、ピクニックに出かけてみても良いでしょう。

静かな自然を、楽しむことができます。

直行便がないので乗り継ぎを利用します

日本からルイジアナ州に行くには、いくつか方法があり、まず日本からダラス/フォートワースに向かいます。国際線で約11時間45分ほどかかり、ダラス/フォートワースからニューオリンズまでは、国内線で約1時間20分かかるでしょう。

サンフランシスコを経由すると日本からは約10時間かかり、サンフランシスコからニューオリンズまでは約4時間かかります。デトロイトを乗り継ぎすると日本から約12時間かかり、デトロイトからニューオリンズまでは、約2時間30分ほどかかるでしょう。

鉄道を利用して向かう方法もあり、ニューヨークシティからアムトラック鉄道を利用すると、ニューオリンズまでは約30時間20分かかります。シカゴから鉄道を利用すると、約19時間30分でニューオリンズに到着するでしょう。

ルイジアナ州には「ルイ・アームストロング・ニューオリンズ国際空港」や、「バトンルージュ・メトロポリタン空港」があるので便利です。アメリカには空港がたくさんあるので、効率良く飛行機を利用すると、観光にかかる時間や工数を減らすことができるでしょう。

ラファイエットへ向かうには、空港からバスを使うと便利です。休日になると多くの観光客で賑わいます。

日本とほとんど同じくらいです

ルイジアナ州の物価はそれほど高くなく、日本と同じくらいです。食料品は、ルイジアナ州の方がやや安く感じるかもしれません。特にお肉は、日本と同じ値段でかなりの量を、購入することができます。

野菜も多く売っており、アイスクリームなどのスイーツや冷凍食品などは、かなりの量を買うことが可能です。ベジタリアンが多い国なので、野菜の種類が豊富で、オーガニックにこだわったものも並べられています。

街には、大型スーパーマーケットやショッピングモールがあるので、買い物するには便利です。洋服は日本よりも安く購入することができるので、お土産にすると良いでしょう。日本では高くて有名なブランド品も、半額ぐらいで購入できるケースもあります。Tシャツは特に安く、地元のシンボルなどをモチーフにしたものもあります。

ランチの場合は、5ドルから7ドルぐらいで味わうことができ、ファーストフードになるとさらに安くなるでしょう。

ホテル代も日本と同じくらいで、人気スポットの近くになると少し高くなります。ニューヨークなどの都市部に比べると治安が良く、大学などの教育機関も多いので、活気のある自然に囲まれた街で、快適に観光することができるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

備えて安心!海外旅行保険の選び方

日本では救急車を呼んでもお金をとられるということはありませんが、アメリカなどでは救急車を呼ぶだけで10万円以上かかるケースもあります。 そこまではかからないにしても、ある程度の出費は覚悟せねばならず、 …

山形県のおすすめ旅行スポット

山形県は、日本海側に面する、東方地方の県です。 そんな山形県の、おすすすスポットをいくつかご紹介いたします。

アイダホフォールズ(アメリカ・アイダホ州)のおすすめ観光スポット

日本人からすると、アメリカといえばニューヨークやワシントンなどのイメージですが、アイダホには自然が溢れており、自然を感じたい人、動物が好きな人にはたまらない観光スポットがあります。

アナーバー(アメリカ・ミシガン州)のおすすめ観光スポット

ミシガン州アナーバーは、外国からわざわざ観光で訪れるタイプの街ではありませんが、アメリカ人が住んでみたいと憧れるような、小さなオシャレな街です。

群馬県のおすすめ温泉地3選

北関東に位置する群馬県は、古くから養蚕が盛んな土地で、絹織物や製糸業で栄えてきました。 群馬県内にある「富岡製糸場」が、2014年(平成26年)に世界遺産に登録されて以来、多くの観光客が訪れるようにな …

楽天モーションウィジェット