レキシントン(アメリカ・マサチューセッツ州)のおすすめ観光スポット

マサチューセッツ州のレキシントンは、ボストン北部の街になります。

スポンサーリンク

レキシントンを知ることができる観光スポット

こちらの観光スポットとしてあげることができるところとして、セーラム魔女博物館があります。こちらは、17世紀末にセーラムの街で起こった、魔女狩りのシーンを再現した博物館になります。次に挙げることができるのが、ピーボディ・エセックス博物館ですが、こちらは海に関係するコレクションや、日本の幕末あたりの時代の所蔵品があることで有名です。

日本のコレクションは、エドワードモースが集めたものになります。幕末あたりの時代の美術品や生活用品などがたくさんあり、その数は3万点にも及びます。そのほか、太平洋の島々の展示品もあるので、楽しむことができます。

「七破風の家」は、ナサニエル・ホーソンの小説「七破風の家」の舞台となった館です。こちらは17世紀に建てられたこの地方に残る、唯一の大邸宅になります。切妻屋根の、複雑な内部構造を見学することができる館になります。小説の中の謎を解きながら、進むことができるようになっています。敷地には、そのころに建てられた邸宅もいくつかあります。

ボストンの市街地から離れて訪れてみるのも、興味深く観光をすることができます。歴史の一部を、知ることができます。

マサチューセッツ州レキシントンで食べるなら

ボストン北部のレキシントンでは、アメリカらしい肉類などのアメリカン料理を食べることができます。ステーキ肉などを食べることができるステーキハウスも数多く、ボリュームのある料理を食べることができます。牛肉だけでなく、豚肉も食べることができたり、サンドイッチなども食べることができます。

ボストンでは、ロブスターやオイスターなどの魚介類やクラムチャウダーが有名ですが、レキシントンでも、このようなボストン市街地で食べることができる名物料理も、食べることができます。

サーモンやたらといった魚もあれば、オイスターなどの貝類、そしてエビなどもあります。このほかに、もさまざまな国の料理も食べることができるレストランもあります。日本料理のお店では、寿司を食べることができたり、アジア系の料理では、東南アジアや中華料理も食べることができるお店もあります。

インド料理もあったりするので、いろいろなジャンルの料理も味わうことができます。

デザートでも、チェーン店のドーナツ店や、美味しいアイスクリーム店などもあるので、ゆっくりとおやつタイムを楽しむことができます。マサチューセッツ州のレキシントンで、観光をしながら美味しいものを探してみましょう。満足できる、食事をとることができます。

日本からボストン、そしてレキシントンへ

日本からボストンまでは、飛行機で12時間50分ほどかかります。往路についてはそのくらいですが、復路になるとさらに1時間ほど飛行時間が長くなります。成田や羽田空港からは、直行便で行くことができますが、乗り継ぎ便も数多く出ているので、時間がある人では、乗り継ぎ便のほうが安く行くことができます。

マサチューセッツ州のレキシントンへは、ボストンからマサチューセッツ湾交通局が運営する地下鉄や、コミューターレイルで行くことができます。地下鉄のレッドラインでAlewife駅で下車をして、さらにバスで1時間ほどで行くことができます。

また、ボストンでレンタカーを借りて行ってみるのもいいでしょう。アメリカは、ガソリンが日本よりも安いので、気軽に行くことができますし、人数が多い場合では、移動をするにも車のほうがスムーズになります。

日本との時差としては、3月から11月までのサマータイムの時期では13時間の違いになり、日本のほうが進む形になるのですが、冬時間では14時間進む形になります。フライトに関しても、時差を考慮しながら、過ごすことができる工夫をしていくようにします。

ボストンからの交通も考えて、旅の計画を立てるといいでしょう。

レキシントンの物価とは

マサチューセッツ州のボストン北部の街であるので、地方都市に比べると若干物価は高めですが、ボストンの市街地ほどではありません。ボストンの市街地では、レストランなども高めになっています。

しかし、レキシントンはリーズナブルです。ランチは10ドル程度、ディナーは20~30ドル程度であると考えておくくらいでいいでしょう。 物件もアメリカ全土で考えると、ボストンは高い水準にあるといわれています。しかし、食品などでは日本と同じか、少し高いくらいの水準になります。

野菜や肉は少し安いくらいですが、シーフードは高くなります。しかし、チーズなどに関しては少し安くなりますし、食品のジャンルにもよります。購入する際には、一度の量がかなり多くなるので、同じ分量で比較をしていくと、割安感があることもあります。

アメリカは、レストランなどでサービス料がかかるようになっています。ですから、提示される価格に2割ほど上乗せと言う形で考えるようにします。

ファーストフードなどの軽食ではサービス料がかかならなく、5~10ドル程度で食べることができるので、観光で予算がない場合には、レストランなどを利用するのを控えるというのもいいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

新潟県のおすすめ温泉地3選

新潟県に旅行に行ったときには、その時間を十分に満喫するためにも、満足できる温泉地に泊まりたいものです。 宿泊先で出される料理だけでなく、泉質や部屋から眺めることができる景色がきれいな場所を探すことも、 …

東京都のおすすめ旅行スポット

日本の首都、東京。2020年には、東京オリンピックも開催されることもあり、ますます魅力的な街へと日々変化し続けています。 そんな「眠らない街、東京」のおすすめスポットをいくつかご紹介致します。 スポン …

ワルシャワ(ポーランド)のおすすめ観光スポット

ポーランドの首都・ワルシャワの観光で外せないスポットは、「旧市街広場」です。 旧市街エリアの中心部にある、広大な広場です。

夏休みに家族で旅行したい島根県のおすすめスポット3選

島根県は古代からの歴史を紡いできた数多くの観光名所がある地域です。 有名な出雲大社をはじめ、国宝となった松江城、世界遺産に認定された石見銀山など数えればきりが無いほどです。 出雲大社などは初詣などの季 …

一生に一度は見ておきたい!仙酔島のおすすめ絶景スポット

仙酔島(せんすいじま)は、広島県福山市沖の瀬戸内海の鞆の浦(とものうら)に浮かぶ小さな島です。 島の周囲は約5kmで、半日もあれば一周することができます。

楽天モーションウィジェット