メキシコ旅行のおすすめ観光スポット

メキシコというと、国としてはよく聞きますが、日本人の海外旅行先としてはそれほど認知されていません。しかし今、カンクンという高級リゾート地が注目を集めています。

スポンサーリンク

高級リゾート地カンクンと古代遺跡

カンクンは、カリブ海に面しており、国をあげて開発規制がされている地であるため、海がとても綺麗でダイビングなどのマリンレジャーには最適の場所です。

また海岸沿いに点在する高級リゾートホテルの多くが、オールインクルーシブという、ホテルの宿泊費はもちろん、ホテル内の食事代や飲み物代、ルームサービスまでもがツアー代金に含まれているプランをとっているので、ホテル内で財布を持ち歩く必要がなく、予算を気にせず好きなだけ食事等ができるという、大変お得なコースがあります。

そして、カンクン郊外には、有名な古代遺跡チチェンイッツアやセノーテという神秘的な泉が数多く点在しており、そこでは泳ぐこともできるのです。

こういった場所には、カンクンからも日帰りのオプショナルツアーがあり、日本人ガイドがいる現地旅行者も多く、ある点も安心できるところです。このように、メキシコは現代的な高級リゾート地と、神秘的な古代遺跡の宝庫という、魅力的2つの顔御持つ素晴らしい海外旅行先として、大変おすすめできる国です。

日本人には知られていない美味しいグルメの宝庫

メキシコ料理と言ってまず思い浮かぶのが、タコスでしょう。 タコスは、トウモロコシで作られたトルティージャという皮に、肉やチーズなどを挟んで食べるものです。中に挟むものは、肉や野菜が中心ですが、魚などもいいですし、お店によってはフルーツなども挟むところもあります。

そのため、メキシコ滞在中いろいろなお店のタコスを、食べ比べてみるのも楽しいですので是非おすすめします。またトルタというボリュームたっぷりのメキシコ風サンドイッチも、外せません。ビーフやハムなどのメインに、トマトやアボガドも入れるので、ボリュームたっぷりこれ1つでお腹いっぱいになります。

他には、セビッチェという生の白身魚や、イカやエビとトマトや玉ねぎを混ぜてレモン付けにした料理は、海外旅行先でどうしても肉類中心になってきたときに、さっぱりといただけるのでこれもおすすめです。

またテキーラというお酒は、日本でも有名ですが、ぜひ現地でも味わってもらいたいものです。テキーラは、アルコール度数が40度ほどと高めです。そのためライムやレモンを絞って飲むと最高です。

この国には、こういった現地の料理を味わえる有名店が数々ありますが、庶民的な屋台でリーズナブルに食べ歩きしてみると、さらに現地のグルメを堪能できるのでおすすめです。

直行便もあるが多くの観光客はアメリカ経由を選択

日本からの直行便は、成田からメキシコシティへはアエロメヒコ航空が週5便運航し、所要時間は13時間ほどかかります。また人気のあるカンクンなどその他の街には直行便がないため、多くの観光客はアメリカ経由で入国します。

こういった乗継便ですと、経由地での待ち時間を含めて16~20時間ちかくかかってしまいます。 しかし、直行便の場合は、成田まで行くことになるため、首都圏以外の海外旅行客は東京で1泊しなけらばなりません。そのため、関空などからアメリカに入る便を選択する人が多く、費用の面でもこちらの方がお得であることが多いです。

ただ、アメリカは乗り継ぎ便をする場合ESTA(電子渡航認証システム)を取得しないといけないことが大変になってきます。このESTAは、日本出発の72時間前までに取得しなければなりません。また乗り継ぎだけなのに、アメリカの入国審査を受けないといけないといけません。

そして、ニューヨーク同時多発テロや、イスラム国によるテロ事件の多発以降、アメリカでの審査が大変厳しくなり、他国の入国審査ではあまり受けない、審査場でのいくつかの質問があることも大変な一因です。長時間のフライトや、アメリカ経由の場合の大変さがありますが、それを超えても行く価値のある海外旅行先です。

物価は場所によってはお得に買い物や食事が出来る

通貨はペソで、1ペソは6.03円(2017年5月現在)です。日本円からの現地通貨への両替は、メキシコシティなどの大都市に限られるので、日本からは米ドルをもっていくと何かと便利です。また観光客が多く訪れるような場所では、クレジットカードが利用できるため、クレジットカードは必ずも持っていくことをおすすめします。

物価は、日本と比べると安い印象を持ちますが、カンクンなどの高級リゾート地は、外国人観光客や現地の富裕層が利用するため、物価も高く日本以上に高いお店も数多くあります。しかし首都のメキシコシティは、地方よりも食費や宿泊費など、ほぼすべてにおいて安く感じられます。

ただどの街においても、現地の一般の人が日常利用するような庶民的な食堂や市場などは、日本よりもはるかにお得に買い物や食事が楽しめるので、予算を抑えようとすれば庶民的なお店を選ぶとよいでしょう。

またメキシコは、年間のインフレ率が高く、3~4%と高いため年々物価上昇しています。このような物価上昇も気を付けないといけない点です。

このように、メキシコは庶民的なお店はかなりお得に、高級リゾート地は日本並みの物価であることを、頭において旅をするとよいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

デンバー(アメリカ・コロラド州)のおすすめ観光スポット

コロラド州の州都であるデンバーは人口約65万人を有し、アメリカ西部有数の世界都市としても知られています。 コロラド州は日本との関係も深く、先の大戦において真珠湾攻撃後に躊躇なく日系人の受入れを申し出た …

イルミネーションがオススメ!「よみうりランド」のみどころ

どこか旅行に出かけたいけれども、海外に行くにはお金がかかりすぎるというときには、国内の遊園地を選んでみてはいかがでしょうか。 国内であれば、それほどお金がかからずに済むので、不況の今の時代に、贅沢をす …

大分県のおすすめ旅行スポット

大分県は、九州の東側に位置する、温泉の有名地です。 そんな大分県のおすすめスポットをいくつかご紹介いたします。

アメリカ・アイダホ州のおすすめ観光スポット

アイダホ州は、アメリカ合衆国の北西部にある州のひとつです。海には面しておらず、内陸の州になります。

オマハ(アメリカ・ネブラスカ州)のおすすめ観光スポット

ネブラスカ州のオマハには多くの観光スポットがあります。

楽天モーションウィジェット