アメリカ・ネバダ州のおすすめ観光スポット

ネバダ州は、アメリカ合衆国の西部に位置する州です。ネバダ州で一番おすすめの観光スポットは、ラスベガスです。

スポンサーリンク

アメリカで一番治安が良いネバダ州ラスベガス

ラスベガスは、ロバート・デ・ニーロとシャロン・ストーン主演の映画「カジノ」の舞台になりました。カジノで有名なラスベガスは、治安の良さを第一にしていて、全米で最も安全な観光地として知られています。ラスベガスには、今でも“古き良き時代のアメリカ”を連想させる街並みが残されています。

ラスベガスの楽しみ方は、人それぞれです。ホテルに設置されたカジノで、ゲームをプレイすることもできますし、ホテルのアトラクションを楽しむこともできます。カジノ以外にもネオンが輝く夜の街を歩いたり、ショッピングを楽しむことができます。

街歩き以外にも、市内にある植物園や動物園もおすすめです。

ネバダ州は、自然を楽しむことができる観光スポットもあります。カリフォルニア州との境にあるタホ湖は、世界で16番目に深い湖で、美しい自然の景色を眺めることができます。タホ湖周辺には大きなスキー場があり、世界的に有名なスキーリゾートのひとつです。冬の時期であれば、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツがおすすめです。

バレーオブファイヤー州立公園では、西部劇で出てくるような荒野の風景を見ることができます。ここは、ラスベガスから自動車で1時間ほどの距離にあり、半日コースです。ちなみにバレーオブファイヤーを直訳すると「炎の谷」で、赤茶色で荒涼とした谷を眺めることができます。

この場所は、太古に形成された地層を見ることができる、世界的に貴重な自然スポットです。

ネバダ州はアメリカ料理がおすすめ

ネバダ州は、サンフランシスコやロサンゼルスと比べると「田舎」で、伝統的なアメリカ料理を味わうことができるレストランが、たくさんあります。ラスベガスで街歩きを楽しむ場合は、手軽にハンバーガーなどのアメリカンスタイルのファーストフードがおすすめです。

一番のおすすめは「イネナウト(In-N-Out Burger) 」という、ハンバーガーチェーンのお店です。このお店は、冷凍食品は一切使用せずにオーダーが入ってから調理を始めるので、昔ながらの出来立てのハンバーガーが味わえます。

サンドイッチであれば「アール オブ サンドウィッチ(EARL OF SANDWICH)」がおすすめです。このお店は、サンドイッチ専門のお店で、地元の人の間でも人気の高いお店です。実はこのチェーン店は、サンドイッチという食べ物を発明したことで有名な、サンドイッチ伯爵の11代目の子孫が興したお店で、本物のサンドイッチを味わうことができます。

ディナーにお肉を食べたい方には「ローリーズ プライム リブ(Lawry’s The Prime Rib) 」がおすすめです。注文をすると、テーブルの脇までローストビーフのワゴンが運ばれて、脂や焼き加減の好みを伝えると、目の前でお肉を切り分けてくれます。このお店も、地元の人に大人気です。

ラスベガスへのアクセス方法と運賃

ネバダ州にアクセスする際は、ラスベガス国際空港を利用すると便利です。日本からラスベガス行の直行便は発着していないため、韓国の航空会社を利用してソウルを経由するか、ロサンゼルスまたはサンフランシスコから、国内線を乗り継いでアクセスします。

日本からラスベガスまでの所要時間ですが、ソウル経由であれば20時間前後、ロサンゼルス経由であれば14時間~16時間くらいです。エコノミー席の往復運賃は最安で10万円前後ですが、格安チケットを利用すれば6万円台でも、航空券が購入できる場合があります。

ロサンゼルス経由でアクセスする場合の所要時間の例ですが、羽田空港を午後に出発する便を利用すると、翌朝9時過ぎにロサンゼルス国際空港に到着(約10時間)します。ロサンゼルスを午前に出発する便を利用すると、ラスベガス国際空港に到着するのは、お昼頃(所要時間は約1時間)になります。

帰りは、朝早くラスベガスを出発してロサンゼルスに向かって日本行きの便に搭乗すると、当日の午後に羽田に到着します。

首都圏や、京阪神地区以外に住んでいる人であれば、地元から国際線が発着している空港までの移動時間もかかります。ソウル行きの国際線が発着している地方空港が近くにある場合は、ソウルを経由してラスベガスに向かった方が良いでしょう。

ネバダ州は他の観光地よりも物価が安いです

ネバダ州は、観光地なので物価が高いというイメージを持つかもしれませんが、近隣のロサンゼルスやサンフランシスコと比較すると、田舎で物価が安いという特徴があります。州の主な収入源はラスベガスのカジノなので、カジノ産業以外の税率が低く設定されています。

そのため、食事や宿泊などカジノ以外のサービス料金は、アメリカの他の都市よりも安いです。ホテルであれば、ラスベガスの中級ホテルでも、平日であれば20ドル台で利用できますし、中には10ドル台で泊まれる格安ホテルもあります。

上級ホテルでも100ドル程度で利用できますし、スイートルームでも200ドル以下で宿泊できます。休日は1.5~2倍程度になりますが、それでも安いです。

食事は、ファーストフードであれば日本とほぼ同じくらいの料金ですが、食材やドリンクの量または大きさは日本の2倍もあります。高級レストランのディナーであれば2人で200ドルくらい、普通のレストランであれば2人で100ドル程度が相場です。

ホテルの食べ放題のレストランを利用する場合には、朝食で15ドルでランチが20ドルで少し高めですが、ディナーは25〜30ドル程度なので、かなりお得です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

手ぶらでOK!佐渡オートキャンプ場で楽しもう

普段とは違うことをしたいというときには、アウトドアが最適です。 現代社会では自然に触れ合う機会というのが減ってきていますから、普段と違うことをするのであれば自然と触れ合うことができ良い気分転換にもなる …

ブダペスト(ハンガリー)のおすすめ観光スポット

ハンガリーは、第一次世界大戦まで広大なオーストリア・ハンガリー帝国領でした。 この地を治めたハプスブルグ家の皇妃エリザベートは、陰鬱なウィーンの宮廷よりも自由で明るいハンガリーを好み、この地を頻繁に訪 …

動物と触れ合える!「天王寺動物園」で癒やされよう

天王寺動物園は、大阪市立の動物園です。1915年に開園した、日本の数ある動物園の中でも、三番目に古い歴史があります。 天王寺動物園は、大阪市南部の観光エリア、天王寺駅周辺にあります。 詳しくは、天王寺 …

5月におすすめの国内旅行先3選

5月は新緑の美しさが映え、気候的にも寒さが落ち着き過ごしやすい時季です。 またゴールデンウイークがあり、長期の国内旅行先が人気となります。 有名観光地はもちろん、この時季ならではのお祭りも開催されてい …

ベルギー旅行のおすすめ観光スポット

ベルギーでおすすめのスポットといえば、首都のブリュッセルと北西部の都市ブルージュです。 中心地として賑わうブリュッセルと、比較的落ち着いた雰囲気のブルージュはそれぞれ違った魅力を持っています。

楽天モーションウィジェット