アメリカ・ニューヨーク州のおすすめ観光スポット

アメリカ・ニューヨーク州と言えば、ミュージカルが見られる「ブロードウェイ」や、現代美術が展示されている「ニューヨーク現代美術館」など、こころを躍らせるエキサイティングなスポットが、所々に存在することで有名な場所です。

あらゆる人種の人々が、様々な夢を抱えてこの地に足を運びます。

スポンサーリンク

エンターテインメント・アートな街を楽しむ!

世界の最先端の流行りと文化と経済と

この地を制する者は、世界を制すると言っても過言ではない程の「ビックシティ」です。ここで観光を楽しむには、ブロードウェイに足を運んで、開催中のミュージカルを楽しみ、ニューヨーク現代美術館に足を運んで、最先端のアートに触れ、本場のエンターテインメントを満喫することです。

特に、ミュージックやダンスが好きな方は、有名スターの登竜門になっている「アポロ・シアター」でのパフォーマンスを見れば、こころがワクワクと興奮することでしょう。数々の有名スターが、無名時代に出場していたりするクラブなので、夢を持っている若者たちがここに集まって、レベルの高いパフォーマンスを披露して賑わっています。

夢と希望に満ちた、ポジティブなエネルギーで熱気に溢れているので、旅先で元気をもらえるはずです。

ニューヨークであえて日本食?

アメリカ・ニューヨーク州では、様々な人種の人々が住んでいる土地柄、フレンチにイタリアン、中華や和食、エスニック料理まで、世界各国のオリジナル料理が食べられる街です。また、それらの料理は、現地の人向けの味付けにもなっているため、オリジナルの味付けや創作料理などが多いのも特徴です。

たとえば、和食であれば「寿司」です。アボカドやキュウリ、茹でたカニの身などの具材をマヨネーズで味をつけて、白ゴマ、海苔などと一緒に巻いた「カリフォルニアロール」ですが、発祥はアメリカであったりします。日本人が現地の人向けに作った料理で、生の魚介類を食すことに慣れていないアメリカ人に、寿司への抵抗をなくすために考えられたものです。

日本で食べる「寿司」とは違ったオリジナルなものを、アメリカで別の形で食べることができるのが面白いです。

他には、「ラーメン」です。アメリカでは「RAMEN」として親しまれ、ブームとなって行列ができていたりします。日本でも有名な「一風堂」などのラーメン店が、ニューヨークに進出して話題となっているのです。アメリカでは、日本では食べられないオリジナルのメニューが食べられたりするので、ニューヨーク州の観光ついでに食べるのも良いでしょう。

半日眠っている間に到着!

海外で観光を楽しむためには、飛行機に乗って「空の旅」をする必要があります。日本の成田からアメリカのニューヨークまで、おおよそ12~14時間、約半日を飛行機の中で過ごすことになります。

飛行機の機種、その日の天候によっても変わりますが、半日寝ている間に着きますから、フライトの時間を選んで睡眠の時間にあててしまえば、「目が覚めたらアメリカ!」という具合に、あっという間に到着するわけです。

また、日本とニューヨークで時差が約14時間あります。日の長い夏の間は「サマータイム」と呼ばれ、この期間の時差は約13時間になるわけですが、日本の方が約半日時間が進んでいる計算になります。旅を楽しむためには、時差のことも考えなければなりません。

せっかくの観光が、時差ボケで体調を崩してしまっては、何をするにも楽しめなくなってしまいますので、注意が必要です。たっぷりと睡眠をとって疲れを癒し、美味しいごはんを食べて体力を蓄えておく必要があります。

旅に疲れはつきものですから、体力的に無理のないプランを考える必要があります。オシャレをして旅を楽しみたいですが、動きやすいお洋服を着ていくことも旅のポイントになります。

お金を使う場所によって高くも安くも感じる

様々な面で、日本より進んだ国がアメリカですから、物価も当然高いように感じます。しかし、実際にアメリカでお金を使ってみると、日本よりアメリカの方が安い部分と、日本よりアメリカの方が高い部分と、お金を使う場所によって、感じ方が変わります。

たとえば、食事を楽しむレストラン。食事の価格も重要ですが、アメリカではサービスに対して「チップ」を払う習慣があるわけです。日本でいう「心づけ」になりますが、そもそも日本では払う習慣があまりありませんから、チップのプラスアルファの支払いを考えると、どうしても高く感じてしまいます。

ホテルのスタッフに渡すチップなんかも考えると、それなりのお金がかかってしまします。だからと言って、あまりにも格安な所に泊まるのは、治安面で心配ですから、支払いに関しては、それなりの覚悟を持って、用意しておいた方が無難です。

全体的に、物価が高いアメリカですが、ガソリン代は日本より安いです。当然州によっても変わってきます。ニューヨークでは税金も高かったりしますので、その部分も頭に入れておくと良いでしょう。

いずれにせよ、経済情勢によって為替レートも変わり、お金の価値も変わってきます。

海外で観光をするには、そういった部分も考えながら、計画的にお金を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

大阪府のおすすめ温泉地3選

大阪府といえば、商業や工業が盛んな地域というイメージを抱く人が多いかもしれません。 大阪府にも、豊かな自然に囲まれたリゾート地があり、京阪神地区に住んでいる人が、日帰りまたは1泊2日程度の短い旅行で楽 …

メンフィス(アメリカ・テネシー州)のおすすめ観光スポット

テネシー州・メンフィスは、ミシシッピー川のほとりにあるアメリカ音楽の都です。 ブルースやロックンロールなど、アメリカの現代音楽の創始に貢献した町でもあります。

「リトルリッツ」でマリンスポーツを楽しむ!

マリンスポーツをする方にとって、伊豆の海は大変人気のあるスポットです。 初心者の方からベテランの方まで、色々な方に楽しんでいただくことができる海です。

エイケン(アメリカ・サウスカロライナ州)のおすすめ観光スポット

サウスカロライナ州エンケンにあるエイケン歴史博物館は、この地域の過去・現在・未来までも、来るものに伝えてくれます。 スポンサーリンク エイケン郡歴史博物館は、観光スポットに最適 他の多くの博物館と異な …

家族旅行におすすめ!富士急ハイランドの楽しみ方

休みのときには家族旅行をしたいところですが、一体どこに行けば良いのか悩んでしまうという人も多いですよね。 そこで、富士急ハイランドに訪れてみてはいかがでしょうか。

楽天モーションウィジェット