アメリカ・オクラホマ州のおすすめ観光スポット

アメリカにあるオクラホマ州は、内陸にある州になります。オクラホマ州で観光する場合、ロートンに様々な観光地があります。

その一つはホーリーシティーです。

スポンサーリンク

アパッチカジノで本物のカジノを味わおう

この観光スポットは、広大な敷地の一部に、大きな石を積み上げて造った建物や、十字架のモニュメントがあります。またイエスキリストの大きい銅像などがあり、まさしくキリスト教の国であることを感じることができます。

壁画などもあるため、観光して飽きることがないでしょう。

日本ではあまりなじみがない観光スポットとして、アパッチカジノがあります。カジノといえば、アメリカでも大規模な遊び場として知られており、ラスベガスが有名ですが、オクラホマ州にもカジノはあります。カジノの中には、軽食を食べることができる場合や、お酒を飲めるバー、お酒を飲めない人はカフェを楽しむことができるでしょう。

1日中遊べるように、朝食からディナーまで食事が用意してあります。アパッチカジノ内では、宿泊することはできませんが、アパッチカジノの周辺にはいくつかのホテルがあるため、宿泊先には困らないでしょう。高級ホテルに泊まれば、海水プールやトレーニングジムなども体験することができます。

当然カジノをしない場合でも、ホテルに泊まることは可能です。

グルメはバーベキューやビスケットなどが有名

アメリカのオクラホマ州でお薦めのグルメは、トウモロコシを使った料理や、トマトを使った料理です。内陸部らしく、穀物や野菜を使った料理が中心になります。トマトを使う場合は、トマトケチャップをたっぷり使った、ハンバーガーなどが有名です。

日本でもおなじみのフライドチキンは、オクラホマ州でもよく食べられているグルメになります。観光客用にフライドチキンの専門店などもありますので、探してみましょう。

バーベキューも有名ですが、その中でも牛肉ではなく豚肉を使ったバーベキューが一般的になります。バーベキューの店は、地域全体において広まっているため、オクラホマ州の田舎の方でも見つけることは難しくありません。

伝統的なスイーツ料理である、ビスケットにはちみつをつけるものが多いです。ビスケットは現地でとれた素材をふんだんに使用し、新鮮な状態で味わうことができます。はちみつも地元で取れたミツバチから採取した、本格的なものを利用しており、純度が高くて栄養価もあります。

味も加工しておらず自然なままのため、とろっとした感触を味わうことができるでしょう。あまり知られていませんが、果物の生産も盛んで、季節によっては新鮮なイチゴやスイカ、ナシを現地で食べることもできます。

二つのフライト方法がある

アメリカのオクラホマ州に行くためには、2種類のフライト方法があります。基本的に、日本から直接オクラホマ州にいくフライトはありません。そのため途中で乗り継ぐ必要があります。フライトは、成田空港や関西国際空港から、ダラスにいく方法があります。

ダラスまでは、およそ15時間かかります。ダラスは、オクラホマ州のちょうど南側にあるテキサス州の都市です。ダラスからは、自動車を使ってオクラホマシティまで行く方法もありますが、飛行機を乗り継いでオクラホマシティに行った方が、お金はかかりますが時間を短縮できるでしょう。

一方で、デトロイト経由で行く方法もあります。ダラスに比べるとデトロイトの方が距離が離れていますが、フライトの数が多いのが、特徴になります。時間に都合がつかなければ、ダラスではなくデトロイトに到着する便に乗る必要があるでしょう。

デトロイトに乗り継ぐと、18時間ほどかかります。そこからオクラホマシティに向けて、飛行機を乗り継げば到着できます。いずれの場合も、乗り継ぎが必要になりますが、その間の時間は3時間から5時間ぐらいはかかると考えておいた方がよいです。日をまたぐ場合は、それ以上の時間がかかります。

物価はアメリカの州の中でも安い方

観光に行くならば、現地で買い物をすることや宿泊することも多々ありますが、この時に重要になるのが現地での物価です。日本と違い、アメリカは国土が広いだけでなく、各州が独立していますので、州によっては物価の違いが出てきます。

同じアメリカのなかでも、物価が全く違うことも珍しくありません。オクラホマ州の物価は、アメリカのロサンゼルスのちょうど半分ほどになります。つまり、物価としてはかなり安い方です。日本の物価と比較すると、やはり半分ほどで生活ができてしまうため、現地にしばらく滞在して買い物をする場合や、観光をする場合でもそれほどお金はかかりません。

例えば、食事をする場合でも、男性がおなかいっぱい食べても、500円程度で済ませることは可能です。また、ホテルに泊まる場合も、一泊の料金が3000円程度で済む点が、大きなメリットと言えます。

このように、物価があまり高くないのは、州自体がそれほど景気が良くないからです。おもな産業は農業と工業ですが、人口もほかの州に比べるとそれほど多くなく、生産量も決して多くはないためです。

いずれにしても、観光するならば、遠慮なく行きたい所に行くことができるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

関連記事

沖縄県のおすすめ温泉地3選

沖縄県に旅行に行ったときは、観光だけでなく温泉に行って体を休めてあげましょう。 旅行に出掛けるときは、事前にどんなところに行きたいのか、どんなスポットや施設があるのかを調べてから出掛けるようにしましょ …

富士サファリパークをバスツアーで楽しもう!

サファリパークとは動物の生態を見せる形態の動物園で、全国各地に存在しています。 代表的なものをあげると、静岡県にある富士サファリパークや栃木県にある那須サファリパーク、和歌山県にあるアドベンチャーワー …

新潟県のおすすめ温泉地3選

新潟県に旅行に行ったときには、その時間を十分に満喫するためにも、満足できる温泉地に泊まりたいものです。 宿泊先で出される料理だけでなく、泉質や部屋から眺めることができる景色がきれいな場所を探すことも、 …

地元民おすすめ!鳥取県旅行の穴場スポット3選

鳥取県には様々な観光スポットができます。 もともと日本一人口は少ない県ですが、旅行先としては人気があるところでもあります。 そんな鳥取県で観光するとすれば、人がたくさん来るところよりも穴場スポットを狙 …

ホノルル(アメリカ・ハワイ)のおすすめ観光スポット

ハワイ旅行と言うとほとんどの人が思い描くのはホノルルでしょう。

楽天モーションウィジェット