プルマン(アメリカ・ワシントン州)のおすすめ観光スポット

ワシントン州のプルマンは、学生の街として有名で、特に「ワシントン州立大学」は観光スポットになっています。

スポンサーリンク

学生の街を象徴する「ワシントン州立大学」

「ワシントン州立大学」は、北西部でも高い教育水準を誇る大学で、約20,000人ほどの学生がいて、プルマンの人口が約25,000人なので、「ワシントン州立大学」は街にとって大きな存在です。

大学のキャンパスには、広大な敷地や美しく整えられた芝生、レンガ造りの校舎や時計台など、アメリカの大学というような独特の雰囲気があり、観光客も散歩しているだけで学生になった気分になれるでしょう。

「マルティン・スタジアム」は、約7万人が収容できるスタジアムで、本場のアメリカン・フットボールを観戦することができます。チケットがなくても、スタジアムの駐車場には「テールゲート・パーティー」というバーベキューのパーティーが行われていたり、観光客でも気軽に受け入れてくれるでしょう。

プルマンの「ダウンタウン」には、おしゃれでのんびりできるカフェや、安くて美味しいレストランなどの、さまざまな店舗がたくさん集まっています。世界中から留学生が集まっているので、「ダイナー」はもちろん、中華料理店やイタリアン料理・北欧料理などのお店があり、いろいろな国の料理を楽しむことが可能です。

アルコールが飲めるバーもあり、それほど高価ではないので気軽に利用することができます。

シーフードを使った料理がおすすめです

ワシントン州と言えば「オイスター」が有名です。新鮮な生牡蠣を食べることができ、牡蠣の注文があるとその場で殻を開け、氷の上にのせて出してくれます。レモンをかけたり、カクテルソースや西洋ワサビ、タバスコなどをあえて食べると絶品です。

ショウガをトッピングしたり、グラスにオイスターやカクテルソースなどを入れて飲みこむ「オイスター・シューター」が人気で、日本でもなじみのある牡蠣フライもあります。スモークにしたりベイクにしたり、フライにしたりといろいろな調理で牡蠣を楽しむことが可能です。

「カニ」もおすすめで、いろいろな食べ方がありますが、そのまま身を取り出しシンプルにサラダにしたり、ボイルして溶かしバターに付けて食べます。パスタやオムレツなどの具材として入れたり、スープに入れたりと、いろいろなメニューを選択することができるでしょう。

いろいろな食べ方がありますが、レストランではカニの身が入ったコロッケのような「クラブケーキ」が人気です。レストランによってカニの使い方が異なるので、食べ比べてみるのも良いでしょう。

もちろん定番のステーキも人気で、分厚いボリューム満点のお肉をリーズナブルな料金で味わえます。

日本から直行便があるので便利です

日本からワシントン州へ行くには、直行便を利用するのが便利です。日本から飛行機で、約9時間20分でシアトルに到着します。他の州で乗り継ぎする方法もあり、日本からサンフランシスコに向かうと、9時間20分ほどで到着します。

サンフランシスコからシアトルには、国内線で約2時間で到着するでしょう。カナダにも近いので、日本からバンクーバーへ一旦向かい、それからシアトルに向かう方法もあります。日本からバンクーバーへは約8時間45分かかり、バンクーバーからシアトルまでは約50分で到着するでしょう。

ワシントン州には、シアトル・タコマ国際空港やキング郡国際空港、スポケーン国際空港などがあるので便利です。カナダからも近いので、カナダを観光してからワシントン州にやって観光客もいます。カナダのバンクーバーから、鉄道を使ってワシントンに向かう方法もあり、バンクーバーからアムトラック鉄道を利用してシアトルまで約4時間30分で到着するでしょう。

シアトルからプルマンまでは飛行機を利用すると、約1時間ぐらいで到着することができます。シアトルからバスでのんびりと車窓を眺めながら、ワシントンの景色を楽しむ方法もあるでしょう。

都市部に比べると物価は安いです

ワシントン州は、他の州に比べると電気や水道代などは安いですが、車や交通関連、医療関連の値段がやや高く設定されています。基本的に日本と同じぐらいですが、食料品はアメリカ東部よりも低いですが、南部よりは高くなっているでしょう。

マンションなどの家賃は、カリフォルニアよりは安いですが、他の街よりはすこし高めになっています。交通面ではバスパスを利用すると便利です。ランチもそれほど高くなく、7ドルから10ドルぐらいで食べることができるでしょう。

大型スーパーマーケットがあるので、リーズナブルな料金で、さまざまなものを購入することができます。お肉は特に、安くかなりの量を買うことが可能です。

シアトルよりもプルマンの方が物価はやや安く、食事代やホテル代も安価で利用することができます。学生が多い街なので、高級レストランよりも、気軽に入られる「ダイナー」やカフェが多く並んでおり、日本と同じような感覚で利用することが可能です。

アメリカは電化製品が高いので、必要なものは日本から準備しておくことをおすすめします。治安も良く静かな街なのでのんびりと過ごしたり、芝生に寝転んでリフレッシュすることができるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

モンゴメリー(アメリカ・アラバマ州)のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国のモンゴメリーは、アラバマ州の州都の街です。 公民権運動発祥の地としても有名で、有名なキング牧師の住んでいた家が現在でもあります。

花見をするならここがオススメ!岡崎公園のみどころ

写真提供:岡崎市 岡崎公園は、大正時代に旧岡崎藩主本多忠敬が、10ヘクタールにも及ぶ、広大な岡崎城址跡地を公園用地として、岡崎市に寄付した事により、公園の父と呼ばれた本多静六と田村剛により、設計されて …

スキー・スノーボード用品はどう選ぶ?

ゲレンデデビューするためには、まずいろいろなアイテムを揃える必要があります。 最初はレンタルしても良いのですが、はっきりってレンタル品のクオリティーはそれほど高くないため、今後もスキーやスノーボードを …

地元民おすすめ!岡山県旅行の穴場スポット3選

岡山県へ旅行するときには有名な観光スポットに行く、という人も多いですが、地元の人のおすすめの穴場スポットなどに行ってみるのもいいです。 旅行だからこそ行くことができるところもあるので、岡山県で思い出を …

デートにもピッタリ!東京ジョイポリス

都内にはとてもたくさんの娯楽施設がありますが、東京ジョイポリスもおすすめです。 東京ジョイポリスはお台場にありますから、ショッピングなどに行きつつ、東京ジョイポリスを利用するというのも良いでしょう。

楽天モーションウィジェット