アメリカ・テネシー州のおすすめ観光スポット

アメリカのテネシー州は、8つの州と接していて、州都はナッシュビルで最大の都市はメンフィスです。

ナッシュビルは、音楽と芸術に溢れており、独創的な観光スポットが多数存在しています。

スポンサーリンク

行っておきたいテネシー州の観光スポット

第7代大統領の邸宅であるThe Hermitageは、今では博物館として大統領の生涯と南北戦争について展示があります。邸宅まで続く行き届いた小道は美しく、邸宅の中はアンティークが多く置かれているので、アンティーク好きの人は必見です。

ギリシャで有名な建築物の1つである、パルテノン神殿を忠実に再現したパルテノン神殿は、ナッシュビルと調和して、不思議な雰囲気があります。中は美術館となっており、アメリカ人アーティストの作品を展示しています。元々はレンガや木材で建設されていましたが、1920年ごろからコンクリートで再建されました。

ナッシュビル動物園は、子供から大人まで楽しむことができる観光スポットの1つです。園内は大きく3つのエリアに分かれていて、動物を見るだけでなく、子供たちが遊べるキッズスペースもあります。また、日本ではなかなか見ることができない生き物も、多数展示されています。

メリーゴーランドやミニトレインもあり、小さな子供も楽しめます。

観光で訪れたいレストラン

アメリカは多様な食文化を持っており、テネシー州は肉食文化でも有名です。レストランレスでは、朝からフライドチキンやソーセージなどのお肉料理も用意されていて、地元の人は朝からお肉料理を楽しんでいます。老舗ダイナーCharlesnVergos Rendezvousは、地元の人が愛する穴場のレストランなので、多くの人で賑わっていることが多いです。

店内はレトロなアメリカの雰囲気で、メインのBBQはボリュームがあり、リーズナブルで美味しいと評判です。このレストランでは、アメリカならではの食事を楽しみたい方におすすめの場所となります。

Paris le Village Buffetは、フランス料理が楽しめるので女性にも喜ばれます。石畳が続くパリの街角を再現したお洒落なバフェで、新鮮なシーフードからロスとビーフまで、様々なメニューが用意されていて人気のレストランなので、入る時は並ぶ覚悟が必要です。

ナッシュビルの中でも数少ないお洒落な雰囲気のレストランであるEtch Restaurantは、バースペースとダイニングスペースに分かれており、豊富な種類のワインや美味しい料理を出してくれるので、おしゃれして美味しいものを食べたい、という人に向いています。

一般的なフライト時間について

アメリカテネシー州へは、直行便や乗り継ぎをして行く方法があります。その他には、近隣国から鉄道やバスなどを利用してアクセスする方法です。成田からダラスやフォートワース経由で行くなら、乗り継ぎ必要です。成田からは約11時間から12時間で、乗り継いでからはメンフィスまで約2時間となります。

シカゴ経由で行くなら、成田から約11時間から12時間で乗り継いで、約2時間です。デトロイト経由で行くなら、成田から約12時間の飛行、メンフィスまでは約2時間ですが、ナッシュビルやノックスビルへ向かうなら、約1時間半ほどのフライトとなります。

日本からアメリカのテネシー州までの直行便は現在はありません。フライト時間は、一般的には約12時間から14時間程度になります。しかし、利用する航空会社や乗り継ぎにかかる時間によって、到着までにかかる時間は大幅にかわる可能性があります。

アメリカのテネシー州へは、飛行機だけでなく近隣国から鉄道を利用して入国する方法があり、シカゴやニューオリンズからは、アムトラックでメンフィスへ行く方法です。その他にも、多くの路線や空路が運航されている可能性があります。そのような方法で行くかによって、所要時間も大きくかわります。

他の州と比較した時のテネシー州の物価

アメリカは、ビジネスや観光の中でも常に世界の中心にいて、都市によって表情が大きく違い勉強から観光、グルメまで様々な楽しみ方ができるのも魅力です。日本にも物価の安い地域と、高い地域があるのと同じように、アメリカにも都市や地域によって物価に違いがあります。

特に住宅の値段は州によって違い、テネシー州は住宅価格が安いことで知られています。テネシー州は、州の中でも物価が安いことでも知られていて、ミシシッピに続き物価が安い州の1つです。アメリカは州ごとに消費税率が違っていて、テネシー州は隣のケンタッキー州よりも高くなります。

食品は、スーパーなら安めですが、魚は高いです。ホテルはや安いものから高級ホテルまで様々なかたちがあり、利用するホテルによって費用がかわってきます。しかし、ニューヨークやサンフランシスコのような主要な都市に比べて、価格は安くなると言えます。

日本の食材をナッシュビルなどで手に入れようと思ったら、日本よりも物価は高いと思っておいた方がよいです。

アメリカに行くのには費用がかかりますが、主要都市のニューヨークを基準に考えると、レストランや食品物価、観光にかかる費用はやはり安くなると言えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-,

  • asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]usually posts some really exciting stuff like this. If you’re new to this site[…]

  • Title

    […]always a major fan of linking to bloggers that I love but do not get a whole lot of link really like from[…]

  • Title

    […]The info talked about within the write-up are several of the most effective readily available […]

  • -->

    関連記事

    アメリカ・アイオワ州のおすすめ観光スポット

    ゆったりとした時間が流れるアイオワ州。 田舎とも言われていますが、アメリカの中でも有数の観光スポットがいくつもあります。

    地元民おすすめ!茨城県旅行の穴場スポット3選

    海と山に囲まれ、また霞ケ浦などの湖沼地帯も抱える自然豊かな茨城県は県外の人には知られていない穴場スポットが数多くあり、海の幸や地元の食材を使ったグルメも豊富です。 関東から思いのほかすぐ旅行できる茨城 …

    ダルース(アメリカ・ミネソタ州)のおすすめ観光スポット

    ミネソタ州のダルースは、日本人観光客から人気のある都市であり、様々なシアターがあることでも知られています。 特に多くの方が訪れているのが、ダルース劇場です。

    フィリピン旅行のおすすめ観光スポット

    フィリピンの首都であり、経済の中心地、そして空の玄関口であるマニラは、昔のスペインの統治時代の面影が残る古い町並みや、歴史的な建造物も多く残り、マニラ観光の中心となっています。

    ニューヨーク(アメリカ・ニューヨーク州)のおすすめ観光スポット

    ニューヨークへ観光に行くとき、どんな観光スポットがあるのか調べてみましょう。

    楽天モーションウィジェット