9月におすすめの国内旅行先3選

9月は、8月の暑さが一段落する時期、学生さんなどの場合は新学期を迎える時期でもあり、学生さんや社会人などの中でも、国内旅行に出掛ける機会は少ない時期ではないでしょうか。

国内旅行をする人が少ない分、料金が安くなるなどの魅力を持つおすすめ時期です。

スポンサーリンク

ベストシーズン到来!厳選!!9月におススメの旅行

おすすめ1:月の残暑を逃れるなら北海道がおすすめです

9月は残暑が残る季節です。最近は10月の半ば頃まで暑い日が続く事も少なくありませんが、夏の暑さを逃れる方法の一つに、北海道への国内旅行があります。北海度は、日本国内の中でもっと早い時期に積雪を観測する、紅葉シーズンを迎えるエリアです。

例えば、大雪山などは9月に入ると初雪が降る、9月の半ば頃には山は、赤や黄色などの色に包まれ紅葉シーズンを迎えます。本土の場合なども、10月頃に入ると初雪が降る、紅葉シーズンを迎えるエリアはありますが、北海道よりも遅いタイミングになりますし、北海道の場合は観光シーズンを迎える前に、紅葉を見る事が出来るため、比較的のんびりとした国内旅行を味合う事が出来るなどのメリットもあります。

紅葉を見たいけれど、人が多い季節なのでゆっくりと楽しめない、スケッチをしたい人などの場合も、多くの観光客がいる中でスケッチをしなければならないので、集中が出来ないなどのデメリットを感じている人も多いのではないでしょうか。その点9月は、国内旅行を楽しむ人が少ない季節なので、ゆっくりとスケッチを楽しむ事が出来ますし、写真が好きな人にとっても魅力的な季節です。

北海道には、写真やスケッチに最適な自然美などの風景が多数ありますし、1年の中でも最も色づく季節でもあり、夏休みなどと違い、訪れる人の数が少なくなる時に国内旅行を楽しめば、ゆっくりとした時間を過ごせる、宿泊施設なども予約が取りやすいなどのメリットもあります。

おすすめ2:立山黒部アルペンルートでは紅葉が始まる季節です

立山黒部アルペンルートは、北海道よりも紅葉シーズンを迎えるタイミングは遅くなりますが、9月の下旬頃は北アルプスの中にある山小屋が閉鎖される季節です。山小屋は登山客の宿泊施設であり、夏山シーズンともなると、畳1畳に2名以上の人が雑魚寝するなどのケースも珍しくありません。

一般的な宿泊施設は、部屋が満室になると宿泊する事が出来ませんよね。しかし山小屋は宿泊を希望するお客さんがいる限り、満室などがないのが特徴です。もし、満室の状態で宿泊を断れば命、の危険も出て来るため、山小屋は泊まりたい人を必ず受け入れしてくれるなどの特徴があります。

7月から8月は夏山シーズンでもあり、山小屋はどこも混雑していますが、8月が終わり9月に入ると登山者の数は激減します。このようなシーズンに山に訪れた場合は、宿泊施設でもある山小屋はゆったりと利用する事出来ますし、立山黒部アルペンルートも、夏と違い人が少なくなるので、ロープウェイの待ち時間が少なくなるなどのメリットもあります。

但し、立山黒部アルペンルートは、9月から10月にかけて多くの人々が紅葉を楽しみに訪れるため、紅葉以外の目的で出掛ける場合には、9月の半ば頃までがおすすめです。また、山小屋以外の宿泊施設を利用する場合も、紅葉シーズンを迎えると多くの人々が訪れるため、早めに予約をしておくと安心です。

ちなみに、黒部ダムの放水なども、運が良ければダイナミックな放水を見学する事も出来ます。

おすすめ3:夏が恋しくなった時には沖縄県がおすすめです

8月が終わって月が変わっても、暑い日は連夜続く事になります。日本国内は湿気が多いため、暑いと言われている国と比べると、不快指数自体は高くなりますよね。北海道も日中は暑いのですが、朝晩は比較的涼しいので羨ましいと感じている人は多いのではないでしょうか。

立山黒部アルペンルートも、日中は強烈な太陽光線を受ける事になるので、夏時期は厳しい状況になります。しかし、標高3,000メートルを超える室堂周辺には、夏場でもスキーを楽しむ事が雪渓がありますし、暑い季節を涼しい環境の中で過ごすのに、最適な環境と言えましょう。

所で、沖縄県には沖縄本島や石垣島、西表島などの観光スポットがあります。沖縄県は1年を通じて温暖な気候であり、1月に出掛けても、温かいので寒さに弱い人々の人気を集めています。8月は、太陽の紫外線量も多くあるので、沖縄に行くと日焼けが心配と感じている女性も多いかと思われますが、月が変わる事で紫外線量も少なくなります。

世間一般的な夏休みを過ぎた時期になるので学生などが少なく、夏休みに休暇を取っている場合には、この時期は休みが取れないため、比較的のんびりした国内旅行を楽しめます。沖縄県は、8月が終わった後も暑い日が続くので、本土での夏を満喫出来なかった人でも、沖縄県への国内旅行を計画する事で、本土とは違った夏、残暑の季節を楽しむ事が出来ます。

尚、8月が過ぎると、沖縄県は繁盛記から外れるので静かな一人旅を楽しむのにも最適な観光地です。

最後に

8月の猛暑が一段落する季節ほど、国内旅行に出掛ける魅力があります。

北海道や立山黒部アルペンルートなどは、熱さを忘れさえてくれる魅力、沖縄県などの場合は熱さを感動的なものに変えてくれるなどの、魅力がありおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-,

関連記事

初心者も気軽に行ける!若洲海浜公園で釣りの魅力に触れよう!

夏が近づくとレジャーを楽しむ人が多くなりますが、若洲海浜公園は東京都にある海上公園です。

サントリーのビール工場、武蔵野ブルワリーの工場見学

武蔵野ブルワリー(旧:サントリー武蔵野ビール工場)では、一般の方のガイドツアーを実施しています。 最後にプレミアムモルツの試飲が用意されていて、人気の工場見学です。

プラハ(チェコ)のおすすめ観光スポット

チェコの首都・プラハの中心部にある、旧市街広場。 その広場に面している旧市庁舎は、多くの観光客をひきつけています。建物自体も、増改築を繰り返していて特徴的ですが、特に有名なのが天文時計です。細かいとこ …

アメリカ・ワシントン州のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国ワシントン州の州都はオリンピアですが、一番栄えている都市は、野球チームの本拠地としても有名なシアトルです。

ポルトガル旅行のおすすめ観光スポット

ポルトガルは日本からはあまり馴染みのない観光地かもしれませんが、大航海時代は一世を風靡した大国でした。 国の歴史も長く、街並みを歩くだけで海外旅行に来たと実感できる、日本とは違う雰囲気を存分に味わうこ …

楽天モーションウィジェット