赤ポロシャツと大きめデニム&コンバースでカジュアルレトロな雰囲気に

人によっては、地味な服しか着たことがないという人もいますし、逆に派手な服しか似合わないと思っている人もいます。

しかし、いつもいつも同じものばかり来ていると飽きてしまいますし、それ以外の服を持っていないのかなと周りに思われることもあるでしょう。

だからといって、どんな服装にイメージチェンジしていいのか、全く思い浮かばないという人も多いはずです。

さらに、女性によっても男性によっても、着る服が違ってきますし、相手に合わせなければいけない場合では、どういったものを着ていけばいいのかは、本当に迷ってしまいます。

スポンサーリンク

色が決まらないときこそ赤ポロシャツ

フォーマルな格好ならばまだわかるのですが、カジュアルな服装というのは本当に難しいです。こういうときは、むしろ今のファッションを追いかけるような格好をするというよりも、少しレトロな感じで勝負することで、おしゃれさを演出することができると思うのです。

そこで一番しっくりくる服で、なおかつレトロな雰囲気を表現することができ、男の人でも女の人でも着こなすことができる服を紹介しましょう。

一番無難だと考え、なおかつおしゃれを演出してくれるのが、赤ポロシャツではないかと考えます。

一見、赤と聞いただけで、派手な服装と思ってしまうのですが、そうではありません。

赤でも、どちらかというとレトロな赤色で決めたいところです。これならば、むしろ着こなした感じがして、なおかつファッションセンスが優れていると周りからも見られるでしょう。

普段からあまりおしゃれをしない方でも、こういう服を着ると、意外とおしゃれな部分を隠していたんだなと周りから評価されるかもしれません。

上に合わせるとするとパンツは?

上に着る服が決まったとしても、問題はパンツかスカートかなど、また問題がでてくると思います。

女性の場合なら、スカートという選択肢もあるのですが、男性でも女性でもおしゃれにあまり関心がない人にとっては、どちらかというとパンツが無難ではないかと思うのです。

しかしこの場合でも、余りにもオーソドックスなパンツをはくというのは、かえって着こなすのが難しくなってしまったり、変な格好になってしまって、周りから余計に注目されてしまうことになってしまいます。

上半身がレトロな格好にするならば、それに続いて、パンツなどもそれに合わせたレトロな格好が一番合うといえるでしょう。

その中で1番しっくりいくスタイルとしては、デニムのパンツ、それも大き目のデニムがいいのではないかと思うのです。デニムは、たいていはどんなものでも合わすことができます。

だから、おしゃれを楽しんでいないのではないか、適当に履いてきたのではないかと思われそうですが、そうではありません。

レトロな雰囲気の上半身であるからこそ、下も同じような感じで表すことによって、今の時代とのギャップを楽しむことができるのです。

また、周りがファッションの先端を行くような格好している人が集まった場合でも、もしくはあまりファッションに関心がない人たちが集まったとしても、どちらにしても、うまく馴染んでくれる格好だと思うのです。

女性でも男性でも、あまり目立たない性格の人であっても、こういった服装をすることによって、実はおしゃれな人に、「すごくいい格好をしている」と言われたり、「普段もこんなおしゃれをしているの?」というような声も、聞かれると思います。

ちょっとした着こなしなのですが、こういう感じが意外と長く続けられますし、飽きることがないといえるでしょう。

レトロチックにコンバースで足元をきめる

最後は、やはり足元をきちんと決めたいところです。

上下をバシッときめていても、また服装がどんなにおしゃれをしていたとしても、足元が悪ければすべてが台無しになってしまう、そう言い切れるくらいなのです。

だからこそ、足元にはさらにおしゃれに気を使わなければならないのです。

上から下までしっかりと決めてきたならば、最後にシューズ選びは、それに合ったものを選びたいところです。赤ポロシャツに大き目のデニムときた場合は、シューズ選びは本当にポイントとなってきます。

普段履いている靴でも構わないのではないかと思うのですが、こういったときは、カジュアルな雰囲気を持っているにもかかわらず、意外と価格が高いようなシューズを選びたいところです。

普段着のような格好だからこそ、足元にもおしゃれを人一倍気を使っているという感じを出したいところです。

そこで一番おすすめなのは、コンバースです。

なぜコンバースがおすすめかといいますと、コンバースにはシューズにきちんとそのマークが入っているからです。それがまるで、胸元のブローチのように、またはジーンズのロゴのように、足元のアクセントとして出てくるからです。

だからこそ、見ている人が足元に目を向けた時にも、「あっ、ここまでおしゃれに気を使っているんだな」と、わかってもらえるのです。

本人は決しておしゃれ心を演出しているわけではなくても、こういったところでブランド名が勝手にあなたを彩ってくれるのですから、こういうところをうまく利用したいですよね。

さりげないお洒落が一番相手にインパクトを与える。

それの典型的な例が、コンバースのシューズではないでしょうか。

大き目のデニムからちらちら見える、コンバースマークがたまりません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

秋冬のマストアイテム!ファーの種類

2017年の秋冬ファッションでも、昨年に引き続きファーアイテムがマストです。 プチプラなものも多く、種類が出始めています。 定番はファーサンダルや小物系は、手軽さゆえに売り切れることもありますので、早 …

ベージュコートの着回し方!チェックスカートで”クラシック”に

近年ファッションの世界においても、ファストファッションなどの台頭で、コートでありながら、一万円をきったりするプチプライスで展開される洋服があります。 ファストファッションだからといって、すぐに傷んでし …

ペアルックではないリンクコーデのやり方『メインアイテムを合わせる』

リンクコーデ、いわゆるペアルックは、カップルやご夫婦、親友や親子なんかでも可愛いものです。着ている家族を見ると、なんだかほっこりするものです。 そんなリンクコーデですが、家族や性別が違う二人、極端に体 …

洋服選びに迷う事がなくなる基本のアイテム!「カシミアのトップス」

衣類の素材には、用途に合わせて様々な存在が使われています。 冬には冬に合わせた素材を、夏には夏に合わせた素材の衣類を選ぶ事が、快適な生活をおくる上での秘訣になっています。 しかし、日頃ビジネスでもプラ …

肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「ダウンジャケット」

防寒に優れているので、真冬のアウターという印象が強いダウンジャケットですが、実は肌寒い日の羽織ものにもちょうど良いアイテムです。 そんなダウンジャケットの魅力と、季節に合わせたコーディネートの秘訣を探 …

楽天モーションウィジェット