身体を動かしてリフレッシュできる趣味:スカッシュ

運動量が多いスポーツはいくつもありますが、よくバドミントンが運動量が多いと言われています。

他にも室内競技で探してみましょう。

オリンピックの正式種目を目指しているスカッシュもそうです。

スポンサーリンク

運動量が多いスポーツの一つ、スカッシュ

あまり日本では見る機会がないので、どんなスポーツかがわからない人もいるでしょう。

ラケットを使って、ボールを打つので、テニスと似ています。
しかし、テニスとは違います。

ただ、テニス経験者でも、かなり身体を動かすのできつく感じるでしょう。
1回やってみると、汗をびっしょりとかくかもしれません。
それくらいハードなスポーツです。

ただ、ハードとは言え、意外と40~60代の人も行っていることがあります。
だから、あまり不安に思わなくても大丈夫です。

たくさん身体を動かすスポーツをやってみたい人なら特に良いスポーツではないでしょうか。
スカッシュは若い人なら思いっきり力で押していくプレーが多いでしょう。

しかし、ベテランになってくると力で押すだけでは限界があります。
だから、テクニックを磨いて戦います。

スポーツ選手も年を重ねるとともに、テクニックを磨いていきます。
それと同じようなことです。

だから、一度始めると、実は息の長いスポーツかもしれません。

若い人が始めるのも良いですが、40代以降で健康のために何かスポーツを始めたいと思っている人にも良いです。

しかも、たくさん身体を動かすことができるので、スポーツが大好きな人、他のスポーツの経験者にもよさそうです。

スカッシュのルールは?

まずは、ルールを覚えないと話が進みません。

四方を壁に囲まれた場所で行います。
外から観戦したい人もいるでしょうから、たいていは1面がガラス張りになっています。
あとの3面は白などの色のついた壁になっているでしょう。

テニスのようにサーブから始めて、床にバウンドしたボールを打ち返します。
2バウンドまで許されています。前方の壁にぶつけなくてはなりませんが、壁にボールを打ち返せなかった場合は相手に点が入ります。

バウンドは床だけとは限りません。
壁も使ってボールを打つスポーツです。

基本的には、前方の壁に打ち返すことが基本ですが、他の壁を使っても構いません。
この点に関しては、かなり自由になっています。

二人、もしくはダブルスの場合は四人で行うスポーツです。
ただし、全員同じ方向を向き、同じ方向の壁に向かってボールを打ちます。
だから、通常は観戦する人は選手の背中を見ながらの観戦となります。

ボールがあまり弾まないので、ボールが飛んで来たら全力で走って打ち返さないといけません。
だから、かなり運動量が多くなります。
たっぷり身体を動かすことができるので、1試合が終わったころには汗だくになっているはずです。

細かいルールもありますし、世界中にいくつかのバリエーションがあります。

最初のうちは、ボールを打ち返すことが難しいかもしれません。
それくらいハードです。

意外と難しいとは言え、コツをつかめばきっと楽にボールを打ち返せるようになるでしょう。
体力に自信がある人は、試してみませんか。
テニスをやったことがない人ももちろん楽しめます。

スカッシュ専用コートを使って始めよう

スカッシュをやりたいと思ったら、専用コートを探してみましょう。

スカッシュスクールに通うのも良いでしょう。
全くやったことがないのならが、基礎から教わってください。

どんなラケットやボールを使うのかも見たことがないかもしれません。
テニスに似ていてもスカッシュ用のラケットやボールを使います。
ラケットは少し縦長になっています。

施設では、ラケットやボールの貸し出しを行っていることもあるので、何も持っていない人は、レンタルを利用して始めてみましょう。

試しにやってみて、楽しい、続けたいと思うようならば、自分用のラケットとボールを買ってみてください。

都市部を探すと、専用コートが意外とたくさんあります。
室内でできますし、他のスポーツと比べても意外と場所を取らなくて良いので、専用コートの数が多くなったのかもしれません。

会社帰りに良い汗をかくために訪れてみませんか。
専用コートは平日と休日で料金が違うなど、いつ使うのかによっても料金が変わることがあるので、予約を入れる時は料金をしっかりと確認しておいてください。
休日に予約したのに、平日料金だと勘違いすると料金を支払う時に驚いてしまうでしょう。

幅広い年齢層が楽しんでいるスカッシュは、もっと汗をかけるスポーツはないかと探している人に向いています。

日ごろあまり運動していない人もチャレンジしませんか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

-->

関連記事

手軽にできる!ベランダガーデニングの始め方

自宅に緑があると疲れた時に心を癒してくれそうですよね。 でも、自宅は狭いし庭を造るようなスペースもないからとあきらめていませんか? 多くの家にあるスペース、それがベランダではないでしょうか。 上手に使 …

将来仕事にできそうな趣味:カクテル作り

お酒が好きで、いつも同じものを飲む人は少なくないでしょう。 選ぶ手間もないし、一途って感じで良いですよね。 また、ちゃんぽんすると悪酔いしやすいって言われることもあるので、体のためにもいいかもしれませ …

「J-WAVE LISTENER’S MARKET」で見つけるハンドメイドの魅力

J-WAVE LISTENER’S MARKETは、ラジオ局のJ-WAVEが毎年開催しているJ-WAVE FREEMARKETを、パワーアップさせて名前も新たに2017年リニューアルしたマーケットです …

ストレス解消やダイエットにも!「テニス」で始める健康生活!

プロテニスプレーヤーの錦織選手が、自身の世界ランクを一桁台に乗せてきた頃から、テレビでもよくテニスが中継されるようになり、それをきっかけとして、テニスに興味を持った人も少なくはないでしょう。 しかし、 …

「MOTTAINAIてづくり市」で見つけるハンドメイドの魅力

手作りで作ったハンドメイドの製品には、手作りならではの良さがあります。作り手の思いがこめられたハンドメイドの製品は、世界に一つだけしかない貴重性も持っています。 そんなハンドメイドの製品を気軽に購入で …

楽天モーションウィジェット