身体を動かしてリフレッシュできる趣味:水泳

身体を動かす場合、どの季節でも楽しめるもの、リフレッシュできるものが望ましいですが、夏場に快適さを感じることができ、かつ身体を動かすものというのはかなり限られています。

そんな中、快適さを感じるだけでなく、カロリーをかなり消費し、シェイプアップにもつながるのが水泳です。

スポンサーリンク

どの季節でも快適に身体を動かせる

水泳はプールの中で身体を動かすため、多少激しく泳いでも急激な体温上昇というものがありません。

そのため、暑くて耐え難い、汗がダラダラ流れてきて不快に感じるといったことがなく、心地よい疲れを感じながら動かしていくことができるため、おすすめです。

もちろん、冬場でも水泳は快適です。

温水プールで泳ぐことになるため、多少温かい水の中で泳ぐことができることから、寒さでやる気が削がれるということもありません。

夏だろうが冬だろうがどの季節であっても水泳は快適に身体を動かすことができるため、おすすめです。

また、道具をそこまで用意する必要もないため、気軽に始められるのもポイントとなっています。

実際に水泳をするには、スポーツジム、もしくは自治体が運営するプールなどで行うことになります。

全く泳げないという人でもスポーツジムで一から教えてもらうことができる一方、すでに自分は十分泳げるという人は自治体が運営するプールで思う存分泳ぐことも可能です。

水中ウォーキングとして行う場合もケガの心配もなく、それでいて結構な負荷がかかるため、おすすめです。

暑くてやる気が出ないという場合に、プールでリフレッシュし、身体を動かすことで一気に身体を絞ることができます。

驚異的な水泳における消費カロリー

身体を動かすとなると、気になるのは水泳における消費カロリーですが、この消費カロリーがかなりすごいことになっています。

体重50キロの女性が1時間水泳をした場合、クロールであれば1000キロカロリー近いカロリーを消費することができます。

つまり、1回の食事をがっつり食べてもお釣りが来るほどの消費カロリーということです。

また、平泳ぎでもクロールほどではないものの、500キロカロリー程度消費することができます。

しかも、これらの数字は激しく行った場合ではありません。

自分のペースでゆっくりと泳いでもこれだけの効果を得ることができます。

裏を返せば、相当な負荷をかけて行えば、これよりも多くの消費カロリーとなり、やせやすい体質を作り出すことが可能です。

ジョギングやウォーキングで水泳の消費カロリーを稼ぐにはどれだけの時間をこなせばいいかですが、だいたい数時間程度と言われています。

1時間歩くことで消費するカロリーは200キロカロリー弱であり、平泳ぎと同じ消費カロリーを目指すなら3時間以上、クロールなら5時間以上ということになります。

水中ウォーキングでも、通常の1.5倍以上の消費カロリーが見込めます。

水泳は全身を動かすスポーツであり、腕も足もかなり使います。

ウォーキングでも使おうと思えば使えますが、抵抗もなく動かすことができる一方、水泳は全身に水の抵抗を受け、その中で進もうとします。

こうしたこともあり、ウォーキングやジョギングよりもかなりカロリーを消費することになり、それだけ体力を使うことになっていきます。

基礎代謝が上がり、やせやすい体質になる

やせやすい体質にするには、何をしていなくても基礎代謝によってカロリーが消費されるような形にするのがベストです。

そうすれば、ちょっとした運動をするだけで簡単に痩せていくことができるようになります。

基礎代謝を上げるには筋肉をつける必要がありますが、水泳は全身を動かす運動であるため、全身に筋肉がつきやすくなり、それが基礎代謝を上げる要素となります。

これとは別に筋トレを行えば、効率よく筋肉をつけることができ、やせやすい体質を作り上げることが可能です。

水泳が苦手という人も、単に水中ウォーキングをするだけで筋肉がつきます。

この場合は足などに筋肉がつきやすくなりますが、それでも十分な効果であり、筋肉を引き締めるにはもってこいです。

水圧が全身にかかることは疲労回復にも効果があります。

血流が水圧によって促されるため、疲労物質が排出されやすくなるためです。

アスリートがプールで泳ぐのはこうした狙いがあります。

気を付けたいのは、たくさんカロリーが消費される分、それを取り戻すかのように、カロリーを摂取するというものです。

ここが意外と落とし穴となり、実は水泳はダイエットに向かないのではないかと言われる理由にもなっています。

単にカロリーの管理をしなかっただけであり、適切に管理をしていけば何の問題もありません。

できればプールで泳ぐ前に筋トレを行い、脂肪を分解しやすい状態にし、そこから水泳を始めると脂肪がエネルギーになりやすく、すぐに痩せることのできる体制を整えることができます。

水泳以外のものを組み合わせるというのもおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

お金がかからないコスパ良しの趣味:ニコニコ生放送

ニコニコ生放送はあまりお金の掛からないコスパの良い趣味です。 見るだけだったらプレミアム会員になる必要がないので、基本は無料で楽しむ事ができます。

ダンスで楽しむ世界!「フラダンス」を通して学べるハワイの文化と歴史

フラダンスは近年、日本で誰もが習うことが出来るダンスとなりました。 映画になったり、ハワイアンセンターなどもあり、それに魅せられる人が多いのです。 では、なぜフラダンスは魅力的なのでしょうか。

フリマアプリ「フリル」の特徴や使い方

3大フリマアプリのひとつとして数えられているのが、フリルです。 2012年の市場の勃興期に誕生したフリマアプリであり、同時に国内で誕生した、初めてのフリマアプリでもあります。 ユーザーも多く定着してい …

ダンスで楽しむ世界!「サルサ」を通して学べる文化と歴史

日本には、クラシックバレエからコンテンポラリーダンスまで、世界中から様々なダンスが入ってきています。 その中でも最近、とても人気があるダンスのひとつが、サルサです。

詠んでみよう!俳句のルールや楽しみ方

テレビで芸能人のセンスや品格を問う番組は多いですが、その中でも有名なのが「俳句を作る」という番組ですね。 これはお題となる写真を見て、自分のインスピレーションをもとに俳句を作り、査定することで本人の知 …

楽天モーションウィジェット