健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:リハビリテーションミュージック指導講師

音楽をリハビリや健康のための活動に生かす音楽療法が世間の注目を集めています。

音楽の持つ力を最大限に活かしたこの療法をマスターする方に送られる資格が、リハビリテーションミュージック指導講師です。

リハビリ的な見地と音楽の知識の両方が必要となります。

音楽と健康の深い関係性

リハビリテーションミュージック講師は音楽療法を実施することが主な役割となっているため、この資格を志すのであれば音楽療法について見識を広げておく必要があります。

音楽療法とはリハビリや健康に音楽を活用する療法ですが、実際は医療や介護の分野だけに留まりません。

音楽療法は教育やメンタルヘルスの分野でも活用されています。

それは音楽の持つリズムとメロディーの力の賜物です。

音楽のリズムが脳を活性化に繋がることは科学的に立証されており、メロディーが心を和ませることは経験的に知っている方も多いです。

それに加えて楽器を演奏したり、歌を歌ったりすることは身体機能の強化にも繋がります。

ありとあらゆる点で音楽は非常に優れています。

しかし、音楽療法というからにはどんな音楽でも奏でれば良いということではありません。

それぞれの状態や状況、好みなどに合わせて音楽を選ぶことも重要です。

リハビリテーションミュージック指導講師は音楽を取り入れた運動療法のエキスパートとして、これからの社会においても重要な役割を担います。

医療や介護に良い影響を与える音楽

医療の分野には音楽療法が比較的早い段階から取り入れられています。

高齢者のパーキンソン病やアルツハイマー病、言語障害などに特に有効とされています。

障害の回復とリハビリテーションに音楽療法が取り入れられるケースが増加しています。

高齢者以外にも自閉症などの発達障害にも音楽療法は活用されています。

リハビリテーションミュージック指導講師は患者さんの持つ症状や性格、特徴などを見極めて音楽療法を行います。

適切な音楽療法を行うには患者さんの抱える問題を把握しなければならないため、病に対する知識を有している必要があります。

病ごとに音楽療法の仕方が決まっているわけではなく、実際に患者さんに接することでその性格を見極める必要があります。

そのため、業務においては洞察力やカウンセリングの能力なども重要となります。

身体的な機能の回復と心理面のケアを同時に行うことができるため、有効な療法と言えます。

療法の対象は患者さんだけでなく、その家族も含まれています。

これは音楽療法の心理ケアがストレス解消にも役立つからです。

心理的なケアにも音楽が有効

介護施設でも音楽療法は活用されています。

介護施設では医療分野に比べるとじっくりとした音楽療法を行うことができます。

音楽を通じて心身の健康増進を実現するだけでなく、コミュニーケーションとしての音楽を活用することも多いです。

介護施設において円滑なコミュニケーションが図られることは非常に重要です。

介護施設にしても医療施設にしても音楽に関する設備がないケースもあるので、小型の楽器を用意し、演奏する技術も必要になります。

介護が必要でない方であっても、心理的なケアのために音楽療法を行うことがあります。

歌を歌うことは知らず知らずのうちに呼吸を整えることにも繋がります。

呼吸は心身の健康において非常に重要なので、リラックスシンギングなどの歌唱法が行われています。

また、楽器の音を聴いて瞑想をするミュージカル・メディテーションという音楽療法もあります。

様々な音楽療法の中からベストと思われるものを選択し、計画的かつ適切に実施するのがリハビリテーションミュージック指導講師の重要な役割となっています。

リハビリテーションミュージック指導講師になるには

リハビリテーションミュージック指導講師の資格を受験するには、まず銀座音楽エンターテイナー養成スクールが開講する「アドバイザークラス」或いは「プロフェッショナルクラス」を修了している必要があります。

その後養成スクールにて所定のカリキュラムを受講します。

その際にプログラミングや演出などのスキルを取得します。

音楽の知識や技術、リハビリテーションの見地といった幅広い内容が重要となります。

一口に音楽療法といっても演奏、歌唱、ダンスなど多岐にわたります。

その分、リハビリテーションミュージック指導講師が取り扱う範囲も広くなっています。

最終的に修了試験に合格すれば資格取得となります。

資格を取得した後は医療や介護の分野だけでなく、心理的な病に悩んでいる方々にも音楽療法を行うことが可能です。

昨今、複雑化する社会情勢の中で精神的な負担を日々感じている方は多くいます。

そのため、音楽療法の重要性も高まっています。

リハビリテーションミュージック指導講師を取得していれば、社会に求められる人材になれる可能性が高いと言えます。

最後に

リハビリテーションミュージック指導講師は音楽とリハビリテーションを繋ぐ重要な資格です。
医療、介護の分野で非常に需要が高まっているので、資格取得のメリットは極めて大きいです。
音楽が好きな方にもお勧めです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自家用操縦士(飛行機・回転翼航空機)

旅行などで飛行機を利用することもありますが、そのような大型のもの等を操縦するには選ばれた人しか行えません。 しかし、自家用操縦士の資格を取得すれば、小型の航空機を操縦することができます。

介護福祉士になるには?気になる年収は?

現在の日本は世界でも例を見ないほどに急激な高齢化が進み、超高齢化社会として知られています。 しかも核家族化が進んだことで昔のように子どもや孫などと一緒に暮らしている人ばかりではなくなり、一人暮らしの高 …

今から目指す!将来性のある資格3選

資格の取得を考えるなら、将来性と安定性のある収入が実現する資格を選ぶことが肝心です。 現在は資格の数が膨大に増えているので、これから取得を目指すとしても、どれを選べば良いか悩みがちです。 ただ、将来性 …

地球環境を守る資格:グリーンアドバイザー

近年自然を守り、自然の美しさを継承していく資格に注目が集まっています。 その中でもグリーンアドバイザーは植物の育て方から病害虫の駆除方法までを学び、花と緑を楽しみたい方々に適切な指導や助言が出来る資格 …

医療系の資格:調剤報酬請求事務専門士

調剤事務の仕事を目指す場合、調剤報酬請求事務専門士を取得していることで、専門知識があることをアピールできます。

楽天モーションウィジェット