年齢・性別関係なし!転職に使えるファイナンシャルプランナー資格


日本は高齢化社会となったこともあり、働き手である若い世代を中心に、雇用や社会保障についての不安が日に日に増しています。

そんな中、様々な資格や検定などを通じてスキルアップを図り、自分のキャリア形成をしようと多くの方が日々頑張っています。

また、高齢化社会となり、働き手が減る中、新たな働き手として女性の積極的な労働についても期待されています。

そのため、これからの社会では年齢や男女の性別に関係なく、働き手に能力が求められる時代になってきました。

そのような時代において誰もが必要で、年齢や男女の性別に関係なく転職にも使えるスキルを学べる資格として注目されるのがファイナンシャルプランナーの資格です。

スポンサーリンク

ファイナンシャルプランナー資格がおすすめの理由

ファイナンシャルプランナーには国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能士」と民間資格である「AFP」と「CFP」が存在します。

ファイナンシャルプランナーは名称独占資格ですので、これらの資格に合格することで、ファイナンシャルプランナーを名乗ることができるようになります。

ファイナンシャルプランナーが転職に使える理由は、資格試験を通じて学ぶ項目の多様さにあります。

例えば、独占業務が可能となる資格が重宝される転職先としては、その独占業務が使える特定業種への転職においては大変有利となりますが、その他業種への転職の場合、その専門性の高さを活かしきれないという場合があります。

それに比べ、名称独占資格であるファイナンシャルプランナーでは、顧客への対外的評価が物を言う営業や販売などの業種はもちろんのこと、学ぶ知識の広さゆえに、業種によっては企画立案などの分野においてもその知識が活かされる可能性があります。

このことは、世間的によく云われるファイナンシャルプランナー資格が活かせる職業は保険業界や金融機関などですが、ご自分の経歴や他資格の保有状況により可能性が広がるという意味です。

また、転職時のアピールポイントになるだけでなく、多くの人が関心を持っている分野である金銭的知識がある人材として、社内プロジェクトなどに参加するチャンスにもなりえます。

知識が自分の人生設計にも活かせる

そして、転職を成功させる上で必要なことは、こういった資格とともに、ご自身の経済状況が盤石であることです。

明日の事を気にしなければならないほど経済的に困った状態では、転職に費やす経済的な体力がなく、しっかりとしたキャリアアップを描くための時間的余裕がないため、入れる会社ならどこでも良いといった場当たり的な転職になりかねません。

そのため、転職をする場合、転職をすると決めた前段階からその準備が必要であり、それらを成功させるための知識としても、ファイナンシャルプランナーで学ぶ分野は役立つものとなります。

まず転職を考える上で、自分の生活をどう組み立てていくかが重要になります。

そのためには、今現在の自分の状況から老後までの人生設計を組み立てるために、ライフプランニングについての知識が役に立ちます。

また、近年は正社員や契約社員、フリーランスに至るまで、雇用形態にも様々な形があるため、所得税などの税制の仕組みや、税申告の知識をご自身で持っていることは適切な税申告と各種控除を行う上で重要知識です。

さらに、転職先の会社で加入する健康保険や年金の持つ保護機能の内容とともに、生活を守る上で必要な生命保険や損害保険などの各種民間保険の活用方法も学ぶことで、いざというときの備えを盤石にすることができます。

そして、金融商品や資産運用についての知識を学ぶことで、稼いだお金をどう運用し、不足の自体に備えるためにどんな投資先があるのかを知ることができることで、盤石な経済的体力をつけることができます。

その他にも、ファイナンシャルプランナーでは不動産取引に関わる法令や税金、不動産の活用方法を学び、それら相続財産にかかる相続税や中小企業で問題となる事業承継のための納税対策などの分野についても学びます。

このようにファイナンシャルプランナー資格では、他分野とされつつも日常生活において必要な金銭的知識を横断的に学べることが魅力の1つであり、履歴書に書けるスキルとしての資格という側面とともに、転職を成功させるために必要な経済的基盤を作るための知識として活用することができるのです。

最後に

どのような年齢の方でも金銭的知識は必要なスキルです。

ファイナンシャルプランナー資格には年齢や学歴、男女の性別に関係がなく挑戦することが可能なため、金銭的知識の無い若い方がこれからの金銭的知識の基礎として学ぶ事も、働き盛りで今後のご自分と家族の生活についての知識を深めたい方や、若い世代から助言を求められる年齢になられた方にも学べる柔軟性のある資格です。

もし皆さんが、現在の状況を変えたい、もしくはもっと良くしたいと考えているのであれば、基礎的な社会保障の仕組みや金銭的仕組みを知ることは、非常に役に立つスキルとして長く役立つことになります。

それらを学ぶ上でもファイナンシャルプランナー資格はおすすめの資格です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格, 民間資格

関連記事

美容やファッションに関わる資格:美容師国家試験

美容師国家試験は、その業界で仕事をするなら誰もが目指す資格です。 特に美容師は数ある資格の中でもトップクラスにメジャーなので、この仕事を目指したことがなくとも、資格の存在自体は知っている人がほとんどで …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語教育能力検定試験」

日本語教育能力検定試験とは、日本語教員となるために学習している人や、日本の言語を教える教員として教育に携わっている人を対象に、その教育の実践に必要とされる基礎的な知識や能力が水準に達しているかどうか、 …

ニッチな外国語の資格:カタルーニャ語検定試験

スペインのカタルーニャ地方で話される言語の検定試験があります。

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「繊維製品品質管理士」

繊維製品品質管理士(通称TES)は、一般社団法人日本衣料管理協会の認定資格です。昭和56年に登場した資格で、消費者に供給される繊維製品の品質や性能の向上を図ったり、繊維製品の品質に消費者からクレームが …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「経営者検定試験」

昨今の経営を巡る環境は、不景気ということもあり、なかなか良くはならず、企業のトップとして大変なかじ取りを強いられることになっています。 このため、自分が本当にビジネスの才能があるのかどうか、トップとし …

楽天モーションウィジェット