年齢関係なし!女性が取得しておくと便利な資格


資格取得は自分自身への投資ということができます。
就職の際にアピールにつながるなど、今後の働き方などにも役立ちますし、取得のために学んだことが生活にも役に立つこともあります。

特に大人になってから再就職をする必要がある女性には役立つものとなってくれるはずです。

しかし、取得するにはある程度時間がかかりますし、労力もかかります。
できるだけ自分にとって役立つものにしていきたいものです。

どういったものが仕事にも生活にも役立っていくのかを見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

仕事にも生活にも役立つ資格

ファイナンシャルプランナー

まずお勧めしたいものとしてファイナンシャルプランナーの資格が挙げられます。

お金にまつわる多くのことについて学ぶことになるため、学習自体は大変ではありますが、学んだことはすぐに自分自身に活かせるのです。

ライフプランを立てること、自分の資産をどう運用していくか、相続に関わることになったらどうするかなど、日常生活の中で私たちが直面する問題について知識を得ることができるのです。

もちろん、生活にそのまま役立てることができるだけではなく、仕事にも役立つことになります。

日常で出会う難しい問題について、細かい部分については専門家に相談するにしても、どこにお願いするか、どういった制度があるのかという事は自分自身でおさえておけると便利です。

金融関係や保険関連の仕事であれば、特にこうした知識は広く深く持っておきたいものです。

女性で保険の外交員などを目指す方も多いようですが、そのような場合にこうした資格を取っておくと有利に働くことがあります。

実際に仕事を始めても、お客様に対して良い提案をするためには広い知識が必要となります。

保険なら保険だけを知っていればよいというわけではなく、年金などについての知識も持っていなければならないでしょう。

そういった時に、一度広く学んでおいたことは役立つ知識となるのです。

このように、仕事でもプライベートでも便利に役立てることができる知識をファイナンシャルプランナーの勉強で身に付けていきましょう。

教材も豊富に出ていますから、2級までなら主婦でも独学で十分チャレンジできます。

介護関係の資格

さらに、女性だからこそチャレンジしておきたい資格として、介護の資格が挙げられます。

高齢化社会となり、高齢者の数が多くなっている中、介護の仕事であれば探しやすいという特徴があります。

育児を終えた後の仕事探しは女性にとって大きな壁となりますが、これから求人が増えていく分野での仕事を探すのであれば、比較的楽に就職先が見つかりやすいのです。

かといって、まったく経験も知識もないまま仕事を始めてしまうことになると、自分には合わなかったという事になりがちです。

そういったミスマッチを防ぐためにも、きちんと学んで技術も身に付けておくことが役に立ちます。

また、介護は自分の親など身近な人の問題でもあります。

そういった時にいきなり介護に携わることは難しいですから、基本的なことや技術を学んでおけるとよいです。

使えるサービスや効率的な介護法などを知っておけると、身近な人の介護も楽に乗り切りやすくなります。

親の介護なども人生において大きなポイントとなってきますから、きちんとこうした知識や技術を身に付けておきましょう。

そのために資格取得を一つの目標としてみると学びやすくなるはずです。

できるだけ高度な資格を狙ってみると、役立てやすくなります。

子育て関連の資格

それ以外にも女性ならではの良さや人生のイベントとかかわるものとして、子育て関連の資格が挙げられます。

保育士などもそうですが、それ以外にも医療や教育にかかわるものなど、子供に関するものは社会的にも重要であり、仕事も探しやすいです。

何より自分の子育ての時に学んだことを活かせるという点が大きいです。

子育ては不安になりがちなものですし、意外と大変だという事にあとで気が付くこともあります。

そのような場面で、自分自身に知識があると、余裕を持って子どもに接することができますし、より良い生き方につながっていきます。

もちろん、自分の子育て経験を生かして働きたいというときに資格を持っていると役に立つという事もあるでしょう。

年齢を問わずに、自分の経験をきちんと力として活躍していきたいという方は是非取得しておきたいものです。

このように、様々な場面で便利に活かせる資格が子供関連のものには多いのです。

最後に

女性は年齢を重ねるごとに様々なライフイベントに出会うことになります。
その都度自分ではどうしようもない問題に行き当たることが多いものです。
そこを突破するための力として、きちんと何かを学び、資格という形にしておくことが大きな意味があります。
資格の選び方としては、仕事に活かせるという事だけではなく、自分自身のこれからの生き方を考えて取得するものを決めていきましょう。
特に、育児などで社会から離れている時間を自分の成長のために使うよう、資格取得も考えてみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格, 民間資格
-

関連記事

公務員になるための試験:消防士

消防士(消防官)は24時間常に消防署で待機をして、事態が起きたらすぐかけつける、私たちの安全を守る非常に大切な役割を持った職業です。

ニッチな外国語の資格:アラビア語検定

アラビア語はニッチな外国語として注目を集めています。 世界はグローバル化しており、経済や政治、国際協力、文化、芸術などあらゆる分野で日本とアラブ諸国との関わりも深くなってきました。 日本企業が世界に進 …

心理カウンセラーになるには?

心理カウンセラーと呼ばれる仕事は、これまでは特別な資格を持たなければできないと言うものではありませんでした。 法的に国家資格が存在している分野ではなかったため、民間の資格を持っていることが心理カウンセ …

レジャー好きを仕事に!旅行・観光に関する資格「ツアーコンダクター」

かつてツアーコンダクターになるには、求人雑誌や新聞の募集を見て応募というのが一般的でした。今ではインターネットの普及で、ツアーコンダクターの会社の採用情報を見ることができますので、一年を通じて求人が出 …

受講のみでOK!誰でも取得できる国家資格

国家資格とは法律によって規定されている資格で、国の機関(役所)や、国からの委託を受けた団体などが講習・試験・認定を行います。 国家資格は取得するためのハードルが高いというイメージがあるかもしれません。 …

楽天モーションウィジェット