リブニットセーターの魅せ方「サイズをワンサイズ上げてふんわり」

リブニットセーターはいろいろな着こなし方があります。そのひとつが「ふんわり着る」という方法です。
これは特に2017年のビッグサイズの流行に合っており、とてもおすすめの着こなし方です。ファッションをきれいに着こなしたいのなら、リブニットセーターであえてふんわり着こなしましょう。

スポンサーリンク

リブニットセーターとはどういうもの?

このリブニットセーターとは、縦の線が入ったような編み方のニットセーターのことです。縦の線が入っているので全体的にスマートに見せ、また体にフィットするので、秋になったあたりや、まだ寒い春先のファッションに取り入れやすくなっています。

薄手のものならインナーにして防寒のみの目的で着るのもいいでしょう。
このリブニットセーターは他にも、線の幅や細さ、縦線の感覚などによって魅せる事ができます。縦ストライプのような印象をあたえるので少々スマートに見せることができますが、同時にカジュアルになりすぎず、適度に魅せる事ができるファッションです。

縦の線が強すぎる、しっかり出ているタイプだと主張するアイテムになりますし、縦の線が薄いタイプだとごくシンプルなニットに見えます。この中間くらいのちょうどよいサイズか、あるいは思い切って主張しがちなニットにすると良いでしょう。

コーデの方法はいたって簡単で、サイズを普段着ているものよりも大きくするというだけです。
ワンサイズ上か、大柄の女性ならメンズのちょっと大きめのサイズを選んでもいいでしょう。ピタッとマッチするサイズよりオシャレになり、可愛く見せることができます。
また、全体的にボディラインに自信がない人にもおすすめです。

リブニットセーターの魅せ方をもう少し詳しく

このリブニットセーターの魅せ方ですが、基本的にはいくつかの方法があります。

まずは大きめサイズを着るということで、ちょっとダボッとした感じが可愛くなります。ワイドサイズや大きめサイズが流行しそうなので、やはり大きめのコーディネートをするのに越したことはありません。
びっくりするほど大きなものだとチュニックなどと間違われてしまうので、そこはベストなバランスを探しましょう。

次に袖口です。袖は基本的に「ヌケ感」を大事にしたいところでしょう。
春先の時期なら手首を出し、そこにブレスレットをすることで抜け感を演出できます。実は袖を出すのは腕の細さを演出するのに良く、また腕時計などで手首の細さを強調するのに向いています。

その一方で、手首をあえて隠す、それどころか指先をちょっと出すくらいのコーデもあります。これは「あまえんぼ袖」と言われており、ちょっと甘えた感じのある袖口です。
子供が大きな服を着ているときのように、ニットの大きさと自分の小ささを強調できるでしょう。冬場で指先を出すのが寒いようなときにはおすすめですよ。

リブニットセーターを選ぶ場合、ボトムスとの境目がダボッとしているのもいいですね。大きめサイズならダボッと感を演出させやすく、魅せ方のワンポイントになりやすいのです。また、2016年には前だけ入れるコーディネートが流行りましたが、リブニットセーターの場合はどちらも出すか入れる、ということをはっきりさせたほうがいいでしょう。
どちらがいいかはコーディネート次第ですので、いくつか研究してみるといいかもしれませんよ。

リブニットセーターのボトムの選び方

大きめのリブニットセーターを選ぶのなら、ボトムスの選び方も気をつけたいところでしょう。
ボトムスについてはいろいろな意見がありますが、ダボッとしているのならある程度スッキリさせたほうがいいのか、もしくは同じく太めで全体的にリラックス感、太めのトレンド感を演出するという方法になります。

スッキリさせたい場合、色はリブニットセーターとはまた違った色を選びましょう。リブニットセーターがホワイトやブラック、グレーなどの無彩色ならば、有彩色で彩りのある色にするときれいです。あまり主張しないカラーで良いので、ダーク系のボトムスがおすすめですよ。
一方、カラーがしっかりあるニットなら、ボトムスは無彩色のホワイトやブラックがおすすめです。春先に着るのなら軽快なホワイトやライトグレーが春らしくておすすめ。

ワイドタイプのもの、ボリュームのあるスカートは悪くはありませんが、気をつけたいのは縦のラインです。
これらはどちらも太くしてしまうと、着膨れしたり太ったような印象を与えてしまいます。スマートに見せるのなら、スカートは縦のラインが有るもの、ちょっとタイトなもの、細かいプリーツや縦シワの入ったラインのものを選ぶのがおすすめですよ。

春先でもちょっと露出しても寒くないのなら、足首を出したりしてもおしゃれです。この場合はロールアップもいいですし、足首が出るくらいの長さのボトムスをチョイスしてもいいでしょう。

最後に

ボトムスに関しては、ある程度スマートに見えるもの・縦のラインが出るものを中心に選ぶと、トップスのボリューム感との調節ができて良いですよ。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , ,

関連記事

モテる20代・30代の必須アイテム「オーバーニット」

仕事に家事に、といつも何かに追われ、ファッションがおざなりになってはいませんか? 忙しいからと、ファッションに手を抜いてはモテませんよ。 20代・30代はまだまだ潤いのある年代。 瑞々しい感覚を忘れな …

女の子でも可愛く見える!おすすめのキャップのかぶり方:ロング

キャップが好きな女の子は、意外と多いのではないでしょうか? キャップは、スポーティーでカジュアルなアイテムです。オシャレが好きな人は、一つは持っているかもしれませんね。使い方によって、コーディネートの …

マンネリを脱出!寒い冬でもあったかい重ね着コーデ♪MA-1×ロングシャツ

冬のコーデはついコートに頼りがちですが、MA-1とロングシャツを使えばオシャレで温かいファッションを楽しめます。 ポイントは重ね着するMA-1とロングシャツの選び方です。 ポイントさえおさえれば簡単に …

40代の女性のための上品プチプラコーデ術

40代は、子育てがひと段落した主婦や、子育て真っ最中の主婦や、キャリアウーマンで仕事にばりばりの女性など、さまざまな世代のいろいろな職種の女性がいます。 同じ40代でも、童顔に見える人や、大人っぽく見 …

「大人の差し色」の取り入れメソッド:時計のベルトを思い切る

若者を中心に、毎日着る服のコーディネートやオシャレに気を使っている人は多いでしょう。 アパレル系の仕事に就いている人であれば、自分なりの個性を生かした、スタイリッシュでオシャレな着こなしが得意ですが、 …

楽天モーションウィジェット