お米を美味しく炊く裏技:備長炭を入れる

備長炭

お米専門店で味わうごはんは、家庭で炊いたものよりもおいしく感じませんか?

お米を美味しく炊くためには、水も大事なんです。

スポンサーリンク

備長炭でお米がおいしくなる

そのままでも美味しいが、おかずと食べて真価を発揮するお米

毎日食べていると気にしないことが多いですが、やはり主食であるお米には魅力がたくさんあります。

お米は炭水化物なので、体内に吸収されるとブドウ糖に変わります。
ブドウ糖は体内の細胞に吸収されると栄養源となって代謝を促進し、代謝が促進されれば熱が発生し、病気のリスクを減らし、さらには脂肪を燃焼させることでダイエット効果を与えます。

茶碗一杯分にまでなると、その栄養素は計り知れないほど多くなります。
特に特筆すべき成分は、体内の循環に欠かせないミネラルの量です。
骨や歯を丈夫にするカルシウムはトマト半分に相当する5mg、体内に酸素を送り貧血防止につながる鉄分はとうもろこしの1/3に相当する0.15mg、そしてマグネシウムや亜鉛など、人間が生きていくうえで欠かせない栄養素がたくさんあります。

これで茶碗一杯分の栄養素という面で魅力があることが伝わりましたが、本当の魅力はやはりご飯はおかずの味を引き立てることだといえます。

先に言ったとおりに炭水化物なので糖質に変わることから、食べたときに甘みを感じます。
ただ、甘みといっても基本は淡白な味であり、もちろん炊いたときに穀物らしい香りがしますが、別に気になるほどではないです。

しかしこれが長所であり、他の料理と一緒に食べたときに邪魔をしないどころか、淡白な味わいが料理の中に入り込み、よりおかずの味を引き立てます。

お店で食べるお米と家庭で食べる味の違い

類まれな栄養素に加えて甘みがあり、他のおかずを生かす魅力から、お米の需要が再び復権し始めています。
現在ではお米専門店が数多く出回ることになるほどです。

その専門店でお米を食べる場合、なぜか家庭のものとまったく味が違うことに驚くことが多いです。
雑味が少なく、すっきりとした味わいとなっています。

もちろんお米の質が関係しているのも確かですが、それ以上に関係しているのが、炊くときに使用している水の違いです。

一般家庭では水道水を使いますが、専門店ではミネラルウォーターや天然水で炊くことが多いです。
この水の違いから、味わいとして差が生まれる結果になります。

基本的に水の成分には差がないのですが、一般家庭で飲まれるお水は貯水所から各家庭に滞りなく運ぶために塩素を加えています。

塩素は殺菌作用が強く、安全に運ぶためにやむなく加えているものですが、とてもにおいが強く、水に独特のにおいを与えてしまいます。

さらに塩素を加えたことによって、水の中にいた僅かな雑菌を死滅させることが出来ますが、その雑菌も水の中で溶け込んでしまい、それも雑味として感じてしまう要因になります。

つまり、一般家庭と専門店で食べる味の差を埋めるためにはどうしたらいいのかというと、やはり炊くときに使う水の質を改善することが秘訣になるといえます。

水の質を改善する備長炭の効果とは

一般家庭と専門店の違いは水の質の差です。

水道水に含まれている雑味となってしまうものが多く含まれていることが原因であるため、解決策はやはり不純物を取り除くことになります。

不純物を取り除くには、現在では浄水器だったりウォーターサーバーのフィルターで漉す方法があります。

しかし、何度か使っていると不純物が取り除けなくなってくることに加えて、フィルターを換えるのに資金がかかってしまうので、持続的な活動には向いていないです。

手軽に水の質を上げる別の方法として考えられているのが、日本古来から使われている燃料である備長炭なのです。

備長炭とはウバメガシなどの樫の木だけを使用し、高熱の火の中で燻し続けることで炭化させたものです。

なぜ備長炭が水の質を上げるのかというと、それは炭化した物に共通することですが、物質の吸着率が高いことが挙げられます。

炭化すると、焼けた部分から内部の水分が抜けて無数の空洞が生まれるのですが、その空洞が空気中や水の中にある不純物と同じ大きさなのです。

そのため、備長炭は粉末にして下箱やトイレなどの臭いのあるポイントに置くと消臭効果として期待されているのですが、それが料理にも役に立つ効果なのです。

水の中に入れると、備長炭の空洞に水道水の塩素や不純物が入り込んで吸着されることで、不純物のない天然水に近い状態にもっていく事が出来ます。

その状態の水を使ってお米を炊く、もしくは炊くときに備長炭を一緒に入れることによって、一般家庭でも専門店に負けないような美味しい状態で炊くことが出来るのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-

関連記事

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「菜の花」

春の訪れを、黄色い絨毯の花で教えてくれるのは、菜の花畑の美しいイエローカラーです。美しいスプリングシーズンの元気カラーですが、子供時代は楽しくはしゃぐばかり、それを口にして美味とは、子供の口には理解で …

ホームパーティーに最適なおもてなしメニュー:パイのレシピ

ホームパーティーでは、いつもよりちょっと手の込んだ豪華なおもてなし料理を出したいものです。 あんまり料理が得意じゃない、時間がないという人でも、意外と簡単にできるのがパイです。

【キャベツ】は脂肪吸収を抑える力がある!

キャベツは春が旬で、価格も安くなり美味しく食べれますが、春以外の季節でもいつでも手に入って、使いやすい野菜でもあります。 ただ、刻んだだけのコールスローにしてもいいし、野菜炒めや煮込み料理にも使えるま …

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【タラ】

まだまだ寒い日に食べたい、湯豆腐に入れると美味しくなる薬味、それはタラです。 吐く息も白い季節には、日本人であればなんといっても、心も体も温まる食べ物です。湯豆腐は、あっさりとした美味しさと温かさで、 …

自宅で作れるチャーハンに入れて美味しくなるもの:紅ショウガ

紅ショウガと言うと、真っ赤な生姜漬けと言ったイメージを持つ人も、多いのではないでしょうか。 真っ赤な色が付いているのは、色をより鮮やかに見せるための合成着色料であり、合成着色料に抵抗がある人には、無着 …

楽天モーションウィジェット