炊飯器で作れる時短レシピ「大学芋」

大学芋は、サツマイモを油で揚げ、煮詰めた蜜をからめるといった、料理初心者にはなかなかハードルの高い料理です。

サツマイモに上手く火が通らなかったり、蜜を焦がしてしまったりと、失敗も多々あります。しかし、炊飯器を使うと時短になりますし、初心者の方にも挑戦しやすくなります。

スポンサーリンク

炊飯器で時短の大学芋!用意するもの

まずは炊飯器を用意しますが、炊飯器は3合炊きでも5合炊きでもかまいません。サツマイモは、炊飯器の大きさに合わせた量を準備します。まんべんなく加熱されるように、釜の5分目以下におさえた量にしましょう。

サツマイモの下ごしらえは、ヘタを落として綺麗に洗い、一口大もしくはそれより大きいくらいの、お好みの大きさに乱切りします。水に10分ほど浸けてアクを抜いた後、ザルにあげしっかりと水を切っておきましょう。

蜜の基本の材料は、砂糖と醤油ですが、好みでみりんを加えることもあります。砂糖は、三温糖やざらめ糖などが適しています。また、砂糖の替わりにハチミツを使うのも良いでしょう。

炊く際に水を入れますが、用意したサツマイモの水分量には差があるので、様子を見て調整します。また油で揚げない調理法ですが、油を少し加えると大学芋に照りやコクが出ます。

☆材料☆
・サツマイモ・・・適量
・砂糖またはハチミツ・・・大さじ4から5
・醤油・・・小さじ1から2
・みりん・・・大さじ1
・水または油(サラダ油やココナッツオイルなど)・・・大さじ2から3
・黒ゴマ・・・適量

スイッチひとつで調理完了

下ごしらえをしたサツマイモを炊飯器の内釜にあけ、黒ゴマ以外の蜜の材料を全て混ぜ合わせます。サツマイモ全体に行きわたるように、蜜の材料はあらかじめ混ぜ合わせておくのがコツです。

材料が混ざったら、後は炊飯スイッチを押すだけで、普通のご飯を炊くコースでかまいません。調理時間は炊飯器によって変わりますが、一度炊き上がったらきちんとサツマイモに火が通っているか確認します。

サツマイモがパサパサしていないか、逆にベチャベチャしていないかなど、水分量の確認も必要です。蜜にトロみと照りがつくまで、炊き時間を調整しましょう。

炊き上がったら、サツマイモと蜜をしっかりからめて、お皿に盛ります。しっかりからめることで、粘りと照りが増し美味しく仕上がります。内釜の蜜は残さず全てサツマイモにかけて、味をつけておきましょう。

サツマイモと蜜を混ぜる時は、しゃもじや木ベラよりもゴムベラのほうが混ぜやすいです。イモが潰れない程度の力で、蜜を練るよう混ぜることができます。

まだ熱を持っているので、耐熱性のゴムベラが適しています。

仕上げに黒ゴマをトッピング

大学芋と言えば、欠かせないのが黒ゴマです。お皿に盛りつけた大学芋に、お好みの量の黒ゴマを振りかけましょう。多少風味は変わりますが、白ゴマでも代用ができます。

風味のアレンジとして、蜜に生姜を加えることもできます。炊く前の段階で、すりおろした生姜を小さじ1程度足すと、甘さの中にもさっぱりとした爽やかな風味が加わります。

また甘さを控えめにして、炊き上がりのトッピングに刻み生姜を乗せると、甘いお菓子からおかずに変えることが可能です。

もともと、サツマイモも黒ゴマも栄養価の高い食材ですが、トッピングを変えることでよりヘルシーなアレンジを楽しむことができます。

トッピングのアレンジには、近年、主に健康志向の女性に人気のスーパーフードを選んでみましょう。スーパーフードの中でも人気のエゴマは、有名なオイルとしてだけではなく、種子自体もまさに黒ゴマのかわりに活用できます。

またヘンプシードオイルで知られる麻の実、ヘンプシードは食物繊維や鉄分、マグネシウムなどを含みます。世間で話題になったチアシードは、水に浸して膨らますことが多いのですが、そのまま食べることも可能です。

時短大学芋でアレンジ

炊飯器で簡単に作れる大学芋は、ついついたくさん作り過ぎても、アレンジしてより楽しむことができます。特に、加熱済みで甘くしっかり味がついているので、洋菓子へのアレンジが簡単です。

大学芋を、1cmから2cmくらいの角切りにして生地に混ぜ合わせるだけで、スコーンやパウンドケーキを作れます。スコーンの生地は、混ぜ合わせる際に練り込まないようにしましょう。

スコーン独特のさっくりした食感のためには、生地を練りすぎないことがポイントです。角切りした大学芋は、カスタードクリームと一緒にパイ生地に乗せて、サツマイモデニッシュにもなります。

大学芋を軽く潰して、クレープで巻いたりクラッカーに乗せたりすることもできます。生クリームやクリームチーズとの相性もバツグンで、アイスクリームやトーストなどのトッピングにも良いでしょう。

クリーム状になるまで潰すと、パン生地に包んでサツマイモあんパンもできます。さらに卵と混ぜ合わせれば、焼くだけでスイートポテトが作れます。

洋菓子にアレンジするなら、大学芋を作る段階で味付けに、シナモンを加えた洋風大学芋にしておくと、より合わせやすくなるでしょう。

最後に

一見作るのが難しそうな大学芋も、炊飯器を使えば材料を入れて炊くだけなので、時短にもなり簡単です。

また、シンプルな作り方なのでアレンジもしやすく、和風だけでなく洋風にも変身可能です。

様々なアレンジで、大学芋をより楽しみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, , ,

関連記事

毎日食べたい!飽きないホットサラダのアレンジ法「蒸す」

一日に必要な野菜の量は、350gといわれていますが、実際に野菜をサラダだけで取るとすると、大変な量になります。 もちろん、色々な料理に含まれている野菜も少なからずあるので、全てをサラダからとる必要もあ …

埼玉県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

埼玉県には海はありませんが、豊かな田畑で収穫される農産物が育む、ご当地グルメの宝庫です。 昔から二毛作が盛んに行われているため、粉物の料理が多いことも特徴です。 さらに、行田や川越などの城下町に行けば …

隠し味で「バター」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

クリームシチューは、寒い冬に体を温めてくれる定番料理で、子どもから大人まで好む人が多いです。 ただ、牛乳や生クリームがベースとなっていて、誰が作っても同じという印象が強く、隠し味にバターなどを加えると …

ワクワクが止まらない!思わず行きたくなるキャラクターカフェ5選

小さい頃から慣れ親しんだコミックやアニメの世界観を表現したキャラクターカフェが続々とオープンし、観光スポットとしても人気を集めています。 大好きなあのキャラクターの家に遊びに来たようなコンセプトに、子 …

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「 パントテン酸」

どんなに忙しい朝でも、お味噌汁ならさらっと飲めますので、毎朝飲んでから出かける人も多いようです。 実はお味噌汁には、優れた健康効果があり、毎日1杯程度でも血管の年齢を10歳も若返らせるといわれています …

楽天モーションウィジェット