お米を美味しく炊く裏技:もち米を加える

もち米
お米を炊く時に一緒に入れるとおいしく炊けるものは、酢・酒・塩などが有名ですが、もち米を加えて炊くことでお米がおいしくなることも知られています。

スポンサーリンク

もち米でお米がおいしくなる

おいしくないお米というのは味の問題もありますし、パサパサで食感に問題がある場合もあります。

もち米は一般的な米と比べてもちもちとした食感があり、甘味も感じられます。
そのことから、お米にもち米を混ぜて炊くことでおいしくなるといわれているのです。

加えるもち米の量は、目安としては大体ひとつかみ分です。
基本的に混ぜるもち米の分だけ主体の米を減らします。

お米がだいぶおいしくない場合は、1割くらいのもち米を混ぜ加えるといいです。

米1合は約150gですが、1割の量を正確に知るためには、使うお米の重さを量っておくと適切な量を加えることができます。

もしくは、米用計量カップを用いると手っ取り早くて便利です。

重さを量るアイテムの種類について

もち米を加えて炊く時の手順は、普段より少し多いかもしれないというだけで、いつも通り炊く時と同じです。

始めに米を量りますが、正しく量るなら、ボウルに入れて上皿はかりに乗せることをおすすめします。

ライスメジャーを用いたり、専用計量カップでも量ることは可能です。
ただ、計量カップの素材が変形しやすいプラスチック製やアルミ製が多いことから、熱い状態にあるものを入れたことがあると、変形して正確さに欠けることがあります。

米専用計量カップはスイーツ作りなどで熱いものを入れる時に使用しないで、できるだけ米類専用で使うと長期的にちゃんと量れます。

また、上皿はかりで量る時もズレがないかの確認をしたり、ズレの調節を行ってから量らないといけません。
ズレのチェックを終えたら、ボウルなどの米を入れる容器分の重さを引いて量ります。

重さを知ることができるアイテムの中で、正確性に於いて一番優れているのはライスメジャーです。
計量カップと似ていますが、木製の製品を多くみかけます。

木製のライスメジャーは四角または長方形の形をしており、お酒を入れて飲む升のようにも見えます。
サイズが色々あるので、よく使う合数のものを選ぶと良いです。

他にも個性のあるライスメジャーが登場していて、ラクダの形やサボテンの形をしているものもあります。
これらユニークな形のライスメジャーは、取り出しやすい口の瓶に米と一緒に入れておくと砂漠のようになるので、一種のインテリアとして扱うこともできます。
昔と比べて、米を炊く用品も進化しているようです。

レシピは色々あるが食べ過ぎには注意

お米にもち米を混ぜ加えて作るレシピはたくさんあり、その多くは炊き込み系となっています。

炊き込みは米類の他に豆やキノコなどの具材を加えて味付けをして炊くので、手間がかからず洗い物も少ないため、簡単でおいしく作れる料理として人気があります。

炊き込みごはんそのままでもいいですが、おにぎりにしてもおいしく頂けます。
おこわもおいしいですし、サツマイモや餅を加えるとおやつ感覚にもなりますよ。

白米ともち米を混ぜて炊いたごはんをイカに詰めるとイカ飯になります。
イカ飯にはもちもちの食感が感じられる米が合うので、もち米は最適です。
お餅が余っている時には、米と餅をイカの中に詰めると、おいしくてボリューム満点になります。

もち米に関して少し注意したいことは、食べる量です。
白米と栄養面では大差ないようですが、食べやすいために、たくさんお腹には入ってしまう現象が起きる可能性が高いと思います。
他の米類と比べて少しの量でもお腹が膨れるとされますが、満腹感より味覚が勝ってしまうと危険です。

もちと名前に付いているので、白米より太りやすい食品という誤解もありますが、実際には太りやすさに変わりはありません。
適量であればダイエット時に用いても問題は起きないとされますが、味覚及び食べやすさに違いがあるので、食べ過ぎには気を付けたいところです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-

関連記事

高カカオチョコレートの知られざる効果!【肥満抑制効果】

最近、テレビや雑誌などでも取り上げられている高カカオチョコレートには、ポリフェノールのほかにも、マグネシウムやカルシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分や、食物繊維が豊富に含まれています。 特に、カカオ分が …

栽培しやすいハーブの種類:オレガノ

育てやすいハーブの1つにオレガノがあります。 オレガノの品種や育て方について紹介します。

身体を冷やす野菜を温める野菜に変える方法「熱を加える」

身体を冷やす野菜は、そのままの状態で食べれば胃腸への負担も大きくなりますが、熱を加える場合には性質は大きく変わることになります。 温めることで甘味を感じやすくなり、全体的な食味を向上させるためにも役立 …

【こんにゃく】は脂肪吸収を抑える力がある!

こんにゃくはシンプルな食材ですが、脂肪吸収を抑えてくれたり、便通を良くしたり、健康にも役立つ食べ物です。 おでんや煮物料理など、料理にも引っ張りだこです。肥満防止や糖尿病の予防にもなりますし、コレステ …

包まない時短レシピ:餃子

餃子を食べるのは美味しいけど、作るのがすごく手間です。 皮に包んだり丸めたりするのにすごく時間がかかってしまうため、他の料理を作る時間がなくなってしまったりします。 そこで、皮に包まないで簡単に作る事 …

楽天モーションウィジェット