成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「臨床心理士」

人の心は複雑で、時には心の乱れが健康に悪影響を与えることもあります。誰でも落ち込んだり悩んだりすることはありますが、それは一過性のものであり長く続くことはありません。

しかし、ストレスをうまく発散できない人や、メンタルがもともと弱い人はいつまでも心の傷から立ち直れなくなってしまうこともあります。

スポンサーリンク

心の専門家として働ける資格とは

こういった、発達障害や不安障害などで悩んでいる人を助けるのが、臨床心理士の仕事です。国家資格ではなく民間資格ですが、ドラマでも取り上げられたことで知名度が高くなりました。

企業のヘルスマネジメントを手がけることもありますし、子どもの不登校や精神障害などの心の問題を抱えた人に対して、心理療法を行うこともあります。臨床心理士はクライエント(相談者)の視点に立って、その人が持っている特徴や問題点を見つけることが仕事です。

さらにどのような援助を受けると、楽になれるのかを考えていきます。 臨床心理士は、クライエントによって心理的なアプローチの方法は異なるので、それを見極めて適切な対処法を探すプロです。

心療内科や精神科の医師とは違います。なので、投薬治療や障害の診断などは行えません。医師にかかる場合は健康保険が適用されますが、臨床心理士への相談は保険が使えないので自己負担となるのが基本です。

臨床心理士が対応する対象は幅広く、発達障害や精神障害のある人、身体疾患や人間関係で悩みを抱えている人などの相談にものります。医療機関や福祉施設、学校や会社の相談室、家庭裁判所の調査員としても働けますし、保護者の相談にのることもあります。

どうすれば臨床心理士になれるのか

臨床心理士になるには、受験資格を満たしたうえで日本臨床心理士資格認定協会が実施する、資格審査に合格する必要があります。国家資格ではなく民間資格ですが、レベルが高いです。受験資格は、大まかには、あらかじめ臨床心理士の養成に関する指定大学院か、専門職大学院の修了が基本とされています。

大学院修了レベルの専門知識が求められるので、かなりの知識を身につけておくことが必要でしょう。試験は一次試験と二次試験に分けられていて、一次はマークシートと論文記述問題、二次は面接が行われます。一次は多肢選択方式試験と、決められた文字数の中で論述する論文記述試験が出題されます。

臨床心理士として働くための専門の基礎知識、心理学の基礎的な設問にプラスして、基本業務で使う内容(臨床心理査定、臨床心理面接、臨床心理的地域援助、それらの研究調査)に関する基礎と基本が問われるので、幅広く知識を吸収しておくことが必要です。

論理や法律などの基礎知識や基本的な態度なども出題されます。これらの勉強は暗記できているかではなく、生きた総合知識が身についていることを証明することが大切です。暗記一辺倒で勝負するのではなく、実習などで得た体験をもとにした、知識を使って解答できるようにしておきましょう。

論述問題は、心理臨床について1題のテーマが出題されます。文字数は1001字から1200字の字数制限があるので、決められた文字数で求められている内容を記述する練習をしておきましょう。普段から問題を論述して答えられるような練習をしておくと、スムーズに解答できます。

心の成長を見守るプロとして働く

臨床心理士として働けるようになれば、保育や教育の現場で困っている子供たちの成長を助ける、プロフェッショナルとして活躍できるようになります。臨床心理士による療法は、心理アセスメントをして、心理療法の選択をし、心理療法を開始するという流れで行われることが多いです。

心理アセスメントは、クライエント独自の行動や振る舞いを、普段の生活の様子をヒアリングしたりして調べることです。様々な相談を受けて、クライエントの状態を理解して判断していきます。病院のような検査ではなく、観察法や面接法などの独自の検査方法を使うのが特徴です。

臨床心理士は、発達障害の子どもにも対応することが多く、この場合は聞き取りによるアセスメント、知能検査や発達検査やスクリーニング検査、行動観察などを行います。聞き取りは、保護者に質問したり話し合って手がかりを見つける方法なので、この際には大人とのコミュニケーションスキルも求められます。

知能検査はIQ(知能指数)、発達検査はDQ(発達指数)、スクリーニング検査は、子どもの障害として可能性のあるものを絞り込むために行う検査です。行動観察は子どもに言葉をかけたり、話し方や質問への回答を観察して、子どもの特徴や癖を掴んでいく手法です。

実際に臨床心理士として子どもの成長を見守っていくには、高度な心理学のスキルが求められます。特に発達障害へのアプローチは、臨床心理士の選んだ療法の種類によって、その後の子どもの成長度が変わってくることもあるほど重要なものですから、責任は重大です。

責任は重いですが、最近では心について興味を持つ人が増えていて、子どもがなりたい職業として、臨床心理士が挙げられているようです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

食と運動を学んで健康に!フードアドバイザーの資格とは?

美しく健康に過ごすための基本は、食生活と運動習慣です。 フードアドバイザーは、身体と食、そして運動に関する基礎知識を有していることを証明することができる資格です。

女性が持っていると役に立つ資格「ファイナンシャルプランナー(FP)」

女性は、様々な要因で生活スタイルが大きく変化することになります。 生活はもちろんのこと、特に仕事との関係で、大きな変化が起こりやすくなります。 男性であれば、学校を卒業して就職して定年まで勤め、第二の …

ファイナンシャルプランナーはどんな仕事?資格の難易度と合格率は?

これから何かの資格を取得したいのであれば、役に立つ資格がいいですね。 就職にも役立つだけではなく、自分の生活にも役立つ資格を選んで学んでいくといいでしょう。 自分の生活にも役立つ資格といえば、ファイナ …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:小型船舶操縦士

海や川などでエンジンのついたボートで颯爽と水面を駆け抜けるのはかっこよく、誰もがやってみたいと思います。 そのためには小型船舶操縦士という資格が必要になります。 資格取得の方法や船舶との関係性など知り …

保険事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

保険事務は、資格がなくても働ける仕事ですが、資格を身につけておくことで、就職や昇級の面で有利に立つことができます。 また、別の金融機関への転職を考えている方は、働きながらスキルアップの一環として取得し …

楽天モーションウィジェット