傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:臨床心理士

最近、臨床心理士という職業を耳にする機会が増えました。

この職業は心理的な問題に関するプロですので、心に傷を負った人を癒やすことができます。

そのため、やりがいを感じながら職務に当たっている人も多いようです。

スポンサーリンク

臨床心理士の詳細について

臨床心理士の場合、内閣府が認可する「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会」が資格認定を行っています。

臨床心理学の知識や技術を活用して心理的な問題を扱い、それらを解決していけるように導くのが主な仕事内容です。

人の心の問題にアプローチするような方法はまだまだ少ないので、期待されることは多岐にわたります。

他にも心の問題に向き合うような職業があり、心理カウンセラーや心理相談員などは耳にしたことのある人もいるかと思いますが、これらには明確な資格はありません。

ですから曖昧な面も多いのですが、臨床心理士は試験に合格して認定を受けることではじめて認められます。

実際にどのような現場で働いているのかというと、最近ではスクールカウンセラーとして派遣されるケースが増えているようです。

心に問題を抱えている子供たちに適切な方法でアプローチを試みながら、悩みを解決できるようにサポートしてくれます。

特に何か事件や事故などがあったような場所では、子供たちの心を守るためにスクールカウンセラーが必要になります。

行われる業務の種類とは

主な業務としては、相談をしてきた人との面接やその人の問題点の追及などがあります。

個々の特徴に応じて様々な心理学的技法がとられ、精神分析、夢分析、行動療法、行動療法、認知療法などによって内面に抱える悩みを引きだしていきます。

また、その悩みの根本的な原因を探ることもできますので、依頼者にとって非常に重要なステップです。査定がうまくいくと、どの方法でアプローチするのがもっとも効率的かが分かります。

個人と面接などをして問題を解決してくようなケース以外では、地域住民や学校、職場に所属する人々の心の健康を支援していくこともあります。

それぞれの所属するコミュニティ全体を配慮したアプローチが必要になりますので、個別に対応する場合とはまた違った方法がとられることもあります。

いずれの場合でも個人のプライバシーに十分に配慮しながら、より良い状態にしていくために適切なアプローチを行っていく必要があります。

地域援助としては、生活環境の健全な発展のために心理的情報を提供したり提言することもあります。

臨床心理士の資格を取得する方法

資格を取得したいと考えているのなら、まずは臨床心理士養成に関する指定大学院または専門職大学院の修了が条件となります。

受験資格がないと受験をすること自体ができませんので、しっかりと準備をしていきたいところです。

医師免許取得者の場合には、心理臨床経験2年以上を有する場合には受験資格が与えられます。

試験は一次試験と二次試験とに分けられています。

一次試験は筆記試験となっていて、100題のマークシートによる試験が2時間30分、論文記述試験が1時間30分となっています。

これらは1日のうちに全て行われますので、最後まで集中力を保てるかも重要です。

マークシートは専門基礎知識が中心に出題され、論文記述は求められた字数制限内で論理的にまとめることが大切です。

二次試験の面接は、2名の面接委員と面接します。

一次試験を通過できた人だけに実施され、専門知識や技術の習得度だけが確認されるものではありませんので注意が必要です。

基本的な姿勢や態度、専門家として最低限備えておくべき人間関係能力などが問われます。

資格を取得した後の活躍の場

無事に資格を取得することができれば、病院や大学、保健所、児童相談所、警察関係機関、研究機関、一般企業など様々な場で活躍することができます。

実は資格を持っていなくてもカウンセラーとして働くことはできるのですが、資格があれば優遇されることが増えますし、臨床心理士自体が非常に信頼性の高いものですので取っておいて損はありません。

最近では心に問題を抱える人が増加しており、一般的な企業でも様々な対策が始まっています。

心に問題を抱える人達に接する場合には適切なアプローチをしたり接し方に気をつけなければなりませんので、やはり専門家の力に頼りたくなることがあります。

そんな時に頼りになるのが臨床心理士であり、企業でのニーズも高まっています。

たくさんの案件を抱えていると、中にはかなり長期にわたるサポートが必要なケースも出てきます。

そうした状況であっても焦ることなく一歩一歩回復していけるように忍耐強く見守らなければなりませんので、忍耐強さの求められる仕事ですし、相談者と信頼関係を築くことも大切です。

最後に

信頼性の高い臨床心理士の資格を取得すれば、病院や大学、保健所などの様々な場で活躍することができます。
面接をして問題を追及し、より良い解決法を模索することで、相談者たちの抱える心の問題をしっかりとサポートしていく仕事です。

公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車整備士

現在の車は電子制御化が進み、不具合が起こればコンピューター診断機を取り付けて故障個所を探ります。 自動車整備士はこれまでの経験とスキルを生かして、さらに電気の知識を駆使して修理を行い解決していきます。

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「BJTビジネス日本語能力テスト」

ビジネスでは様々な状況、場面が存在します。そして、多くの情報に接し、その処理をスピーディーにしていくことが何より求められます。 ビジネスにおける情報処理能力を高めるには、基本的な日本語能力が備わってい …

地球環境を守る検定資格:eco検定

人々の地球環境意識の高まりを受けて行われている検定試験の1つがeco検定で、それに合格することでエコピープルになる資格を得ることができます。 2006年から試験が開催され、約41万人の方がその検定試験 …

就活で持っていたい資格「公認会計士」のアピールできるポイント

公認会計士とは、企業の経営者が作成した財務諸表をチェックし、それを利用する様々な利害関係者に向けて、自分が調査した結果を意見として表明することによって、財務諸表の適正性を保証することを独占業務とする職 …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「アロマテラピー検定」

香りは、人の心をリラックスさせてくれるものです。アロマを焚いて、部屋中をいい香りで満たしたり、お風呂に浸かりながらアロマでリラックスしながら温まったりと、色々な使い方ができます。 最近では、ビジネス、 …

楽天モーションウィジェット