美容やファッションに関わる資格:理容師国家試験

理容師

理容師は国家資格の1つで、理容師国家試験に合格しないと働くことができません。

以前は理容師=男性の仕事というイメージが強かったですが、最近では女性理容師も当然のように働くことができる職場になっています。

スポンサーリンク

自らのセンスと技術で働ける仕事

理容師になるためには、高校から理容師専門学校(2年)もしくは理容師専門学校通信制(3年)などの養成課程がある学校で学び、所定の課程を修了した後で理容師国家試験に合格することが条件です。

合格すれば晴れて理容室に就職することができます。

美容系の資格というと美容師の方がもてはやされるイメージがありますが、年配の男性客からはまだまだ理容室の方が利用が多いです。

理容師はお客さんの注文に応じて髪をカットする技術力とセンスが必要で、手先が器用でデザイン性がある人に向いています。

カットの技術さえあればいいと思われがちですが、コミュニケーション能力が高いことも重要な要素です。

お客さんと話をすることも多く、幅広い年齢層に対応できる会話力が求められます。

理容師は最近ではやや減少傾向にありますが、理容専門学校の講師はその学校のOBで、講師が自営している理容室もあるので、就職先は比較的見つけやすいです。

OBや業界のネットワークが強固なので、伝統的な専門学校であれば就職の受け皿になってくれるでしょう。

在学中から実務経験を積むためにお店で働きますが、そういう人たちの就職率は100%に近くなっています。

カットや美容について興味があり、国家資格を取得しておきたいというのであれば理容師試験を受けておくといいでしょう。

美容より理容に携わりたい人向きです。

理容師国家試験で出題される内容は?

理容師試験は、実技と筆記の2つがあります。

筆記試験のみに合格した場合は、翌年の試験に限って筆記試験が免除されて、実技試験のみ受ければ良いことになっています。
それ以降の年は、再び筆記試験と実技試験を受ける必要があります。

同じように、実技試験のみに合格した場合は、翌年の実技試験が免除されます。
それ以降は再び筆記試験と実技試験を受けなければなりません。

翌年までは前年の片方の試験の合格が引き継がれるというシステムです。

筆記試験の内容は、関係法規・制度、衛生管理、理容保健、理容の物理・化学、理容倫理です。

実技では理容の基礎技術として、カッティング、シェービング及び顔面処理、整髪に加えて、衛生上の取り扱いの内容で用具類の衛生状態と衛生上の取り扱いが出題されます。

筆記試験は50問中60%以上の正答率で合格ラインですが、いずれの課目においても無得点がないことが条件になっています。

つまり、筆記の勉強では山をかけて勉強してどこかの課目だけ0点ということは避けなければならないということですね。

実技では、衛生上の取り扱い試験が減点30点以下、基礎的技術試験が減点40点以下と減点方式で点数が決められます。

理容師の資格だけでも働くことはできますが、独立開業を目指すのであればさらに上級の「管理理容師」の資格を取得しておくとスムーズになります。

きめ細やかなサービスができる理容師に

理容師の平均年齢が上がってきて、若い人たちが少なくなっています。
それは、裏を返せば業界としては大歓迎ということです。

最近の傾向として、低価格カットや10分カットなど、値段や時間で差別化を図ろうとするサービスを展開するお店が増えています。

これまで通り、普通に理容室をやっていては顧客獲得競争に負けてしまうので、生き残るために様々な工夫を行なっているようです。

また、高齢化社会が進む中で「ケア理容師」という制度が登場しました。

理容店に来店した高齢者や障害者へのサービス、在宅や施設での訪問理容サービスに焦点を絞って、そのために必要な学習内容で構成されたオリジナル研修が受けられます。
これを受講するとケア理容師として活躍できるようになります。

在宅介護状態で理容室まで髪を切りに行けないということで、不快な思いをしているお年寄りは多いです。
そこにケア理容師が訪問して髪をカットしてあげれば、スッキリして気持ちにも余裕が出てきます。

医療や介護だけが高齢者を支えるサービスではありません。
髪やヒゲは生きている限り誰でも伸びますから、それを整えてあげられる理容師の存在は欠かせません。

理容師の立場から福祉に携わって、社会貢献をすることで自分の気持ちも満たすことができます。
もちろん、ケア理容師になるには、まずは理容師試験を合格して理容師になる必要があります。

資格を取得しておけば既存の理容室に就職できますし、腕を磨いて自信がついたら独立開業するという方法もあります。
職人気質で技術的なことが好きという人にとっても、やりがいを感じられるでしょう。

理容師試験公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格

関連記事

公務員になるための試験:家庭裁判所調査官補

家庭裁判所調査官補は、公務員の中でも職種が限られる専門職です。 難関な資格試験の1つです。

営業事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

女性に人気な事務職ですが、その中でも「営業事務」は、比較的事務職の中でも、能動的にアクションする必要のある職種になります。 言われた事をただやるのではなく、自分自身も売上を担っているという意識が、必要 …

就活で持っていたい資格「秘書検定」のアピールできるポイント

就活を始めるときには、みな不安を抱えているものです。 これまで社会人として働いた経験がある人も少ないですし、社会の中で必要とされるマナーを、きちんと身に付けているかというと疑問に感じる方もいるでしょう …

ニッチな外国語の資格:アラビア語検定

アラビア語はニッチな外国語として注目を集めています。 世界はグローバル化しており、経済や政治、国際協力、文化、芸術などあらゆる分野で日本とアラブ諸国との関わりも深くなってきました。 日本企業が世界に進 …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:公認スポーツ指導者

子供たちにスポーツの楽しさを伝えるだけでなく、安全に、かつ正しく指導していく役割を担っているのが公認スポーツ指導者です。 この資格は細かく分類されており、指導される側の健康に関する意識を高めるほか、指 …

楽天モーションウィジェット