ニッチな外国語の資格:ロシア語能力検定試験


英語や中国語はメジャーで広く知られている言語です。

しかし世界は広く、私たちの知らない言葉や文字がたくさんあるのも事実です。

そんなニッチな外国語の中から、大きくて未知の国、ロシア語をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

ロシア語を資格としてゲットするには、ロシア語能力検定試験というものがあります。

スポンサーリンク

ロシア語を学んでみよう

このロシア語能力検定試験、実は数ある語学検定の中でも難関といわれる資格で、最上級の1級をとるにはかなりの知識と語彙力がないと合格できないのだとか。

試験内容には読み上げや作文など、相当な語学力を必要とする科目があり、それぞれの科目の合格率がすべて6割を超えないと合格できないというシビアさです。

生半可な気持ちで記念受験すると痛い目に合いそうなので、しっかりと試験前には勉強をしておくことをおすすめします。

ペーパー試験だけではなく、きちんと読んで発音することも審査の対象なので、誰かと話したり、実際に会話を聞いたりする勉強も大切です。

ロシア語の語学学校というのはなかなか手軽に見つけられるものではないですが、最近はやりのスカイプを利用した語学学校や、興味のあるロシアのテレビ番組や映画を見るなどの自習も役に立つでしょう。

ニッチな外国語は少しできるようになるだけで、自慢できたり得意になったりするものです。

最初は興味本位で始めたことも、後々役立つこともあるのでまずは初めて見るといいのではないでしょうか。

目標とするロシア語能力検定試験というものがあれば、やる気も継続できるので、是非受験を視野に入れて勉強してみましょう。

それなんて読むの?見慣れない文字を操るロシア人

ロシア語を初めてみた時、誰もが感じるのは、これはアルファベットなのだろうか?という疑問です。

確かにAがありBもあるのに、Rがひっくり返っていたり、見慣れない文字もあります。

ロシア語で使われている文字は「キリル文字」と言って、発音も英語のアルファベットとは大分違いがあります。

最初は戸惑いますが、日本語の50音、カタカナ、漢字を覚えるのに比べたら数も少ないので、大文字小文字を覚えてもそんなに時間はかかりません。

ロシア語はキリル文字さえ覚えてしまえば、なんて読めばいいのか迷うということはほとんどありません。

もちろん、日本人にとって難しい発音というものも存在しますが、それを差っ引いても読むだけなら簡単です。

英語と発音が重なるような単語も多いため、発音してみたら意味が分かったというような言葉も多く存在します。

文法的には、女性形や男性形などが存在し、格の変化が非常に多様なので、単語一つ一つの格変化を覚えるだけでも慣れないうちは苦労します。

最終的には人の名前さえも格変化を起こすので、愕然とする気分も味わえます。

そんな面白さもあるロシア語ですが、身近に触れる機会がないというのが最大の難点です。

モチベーションを上げるためには、常に周りにロシア語が感じられる対象があるといいので、ロシア語講座やロシア語カフェ、ロシア人を友達にする、など色々プランを考えてみましょう。

ロシア語応力検定試験を一緒に受験して資格習得を狙う同士を集めるなども効果大。
夢はロシア一周など、語学力を生かした目標を設定するのも一案です。
楽しみながら学習していきましょう。

ロシア語能力検定試験で資格をとったら

ロシア語能力検定試験で資格を取得したら、できることはどんなことでしょうか。

もちろんロシア旅行は一番能力が発揮でき、楽しみにもなるのでおすすめです。
ロシアにはエルミタージュ美術館やボリショイ劇場など芸術に興味のある人なら一度は訪れたいという場所があります。
街並みも美しく、閉ざされたロシアというイメージは払しょくされるはずです。

ロシア語が使えるのは、何もロシアだけではありません。
旧ソビエト連邦であった国々も、公用語としてロシア語を残している国々があります。
ウクライナやグルジア、中央アジアでもロシア語が話されています。

まだ発展途上の国も多く、海外ボランティアが多く活躍している地域も含まれているので、国際貢献に興味がある場合はロシア語も立派に役立つでしょう。

日本国内では、通訳や翻訳家としても活躍ができるかもしれません。
まだまだ仕事にできるほどではないという方でも、国際大会のボランティアなどでは必要な人材として重宝されます。

ロシアが活躍するスポーツ、芸術といえばバレエやフィギュアスケート、新体操などがあります。
フィギュアスケートなどは今大変人気があり、盛り上がっていますのでボランティアとしても選手を手助けできることは喜ばしいことではないでしょうか。

ロシア系企業に興味がある場合も少しのロシア語は役立ちます。
挨拶だけでも現地のスタッフとコミュニケーションできるだけで違ってきます。

ただし、ロシア語のネックというのもあって、筆記体が全く読めなくなってしまうことがあります。
まるでボールペンの試し書きのようなメモを渡されても何のことだかわからない、という現象もいつか味わうことができるはずです。

ロシア語能力検定試験公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

おもてなしの心が身につく!ホテル・ブライダルの資格「ウェディングプランナー」

ブライダル業界の中でもひときわ華やかなのが、ウェディングプランナーです。結婚式を控えているカップルの結婚式の相談を受けて、企画して作り上げていくのが仕事です。

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「セールスレップ資格検定試験」

最近では、不景気が続いた影響や、十分に欲しいものが揃った時代になり、ものが売れなくなっています。 生活していると、みんな普通に買い物しているように見えますが、昔のようにワクワクしてものを見て、買うとい …

営業事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

女性に人気な事務職ですが、その中でも「営業事務」は、比較的事務職の中でも、能動的にアクションする必要のある職種になります。 言われた事をただやるのではなく、自分自身も売上を担っているという意識が、必要 …

女性に役立つ資格:リテールマーケティング(販売士)検定

現在の流通業界を取り巻く環境は、少子高齢化やライフスタイルの変化をはじめ、情報技術の急速な進展、流通外貨の相次ぐ参入などで、急激かつ大きく変化しています。 このような状況のもとで必要とされているのが” …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「福祉住環境コーディネーター検定試験」

4人に1人以上が、65歳以上という超高齢化社会が到来する中で、直近の課題になってきたのが住まいです。 誰もが安心して暮らせる住まいという条件を満たすには、様々なことを考える必要があります。

楽天モーションウィジェット