2人用ボードゲーム「ローゼンケーニッヒ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

ローゼンケーニッヒはどんなゲーム?

ローゼンケーニッヒ(Rosenkönig)は1455年にイングランドで起きた薔薇戦争をモチーフにした2人用の対戦陣取りゲームです。

実際の薔薇戦争では、赤薔薇が紋章のランカスター家と白薔薇が紋章のヨーク家がイングランド王の座を巡って30年以上に亘って戦い続けました。

このゲームでは、王冠を模した1つの黄色いコマを交互に動かしながら自分の陣地を広げていき、最終的により大きな陣地を獲得したプレイヤーが勝ちとなります。

ルールは大変シンプルなので、簡単に説明を受ければすぐに始めることが出来ます。

貴族をモチーフとしているだけに、イラストやゲームの雰囲気が上品で高級感があり、対戦ゲームと言っても殺伐とした感じではないので女性にもとっつきやすいボードゲームです。

ローゼンケーニッヒの遊び方

プレイ人数は2人、プレイ時間は30分ほどです。

使うコンポーネントはメインボード、進行カード、騎士カード、陣地の獲得を表す薔薇チップからなります。
薔薇チップはオセロのように、表と裏に赤と白の薔薇の模様が描かれています。

まず場のセッティングをしましょう。
メインボードの真ん中に王冠のコマを置きます。

次に赤か白のどちらをプレイするか決め、自分の色の進行カードから5枚ずつランダムに引いて、最初の手札とします。

進行カードには、上部に1~3のギリシャ数字と、中央に方向を表す剣のイラストが描かれています。
手札はすべてオープンにして手元に並べますが、この時、王冠のイラストが上に来るように置きましょう。
剣の方向は王冠コマが進める方向を意味しているので、カードの向きは大事です。

配置が終わったらプレイスタートです。

プレイヤーは自分のターンに2つのいずれかを行います。

①移動する
進行カードを使ってボード上の王冠コマを移動させて、移動した先に自分の色の薔薇チップを置くことが出来ます。
薔薇チップを置いたら王冠コマはその上に載せておきましょう。

②カードを引く
移動する代わりに、山札からカードを補充することも出来ます。
手札は5枚しか持てないことに注意しましょう。
カードを補充するタイミングはゲーム全体でここしかないので、移動を諦めて1ターン消費してカードを補充しなければならないことがミソです。

次のプレイヤーのターンになったら、今ある王冠の場所から進行カードを使って進み、進んだ先に薔薇チップを置きます。

これを繰り返し、薔薇チップがすべて無くなったらゲーム終了となり、領土の計算をして勝敗を決めます。

ローゼンケーニッヒのルール

自分のチップが置いてある場所には進むことは出来ないことに注意しましょう。

進んだ先に相手の薔薇チップがある場合、騎士カードを使って自分の色にひっくり返すことが出来ます。
騎士カードは4枚しかないため、いつ使うのがが戦略の立てどころです。

自分の薔薇チップを連続して並べることが勝利のポイントです。

ゲーム終了後の陣地の数え方は、連続した薔薇チップの数の2乗とします。
例えば5つ繋げた薔薇チップと3つ繋げた薔薇チップがあったとすると、5×5+3×3=34が領土となるのです。
分かれている陣地があったら、個別に2乗していき、それらを合計した値が最終的に自分の領土となります。

2乗に慣れていなくて面倒だと思ったら、2人ともに共通した数の領地を相殺していき、残った所を数えるという方法で簡略化できるでしょう。

ローゼンケーニッヒをさらに楽しむために

ローゼンケーニッヒは頭脳ゲームの色合いが強く、静かに淡々と進むボードゲームと言えます。

領土の計算の仕方が独特で、連続したチップの数を「2乗」するところに面白さがあります。

薔薇チップを長く繋げれば繋げるほど、領地の大きさが飛躍的に広がっていくので、相手の領地をいかにして分断するのかも考えどころです。

相手のカードがオープンになっているので、相手が次どんな手で来るのかもある程度予測でき、妨害するのか手を進めるのかなど思惑の駆け引きが重要になります。

ゲームが進行していくと、どこにもコマを動かせない局面も出てきます。

こうなると「パス」するしかなくなります。

いかにして相手に連続でパスさせるかも戦略の1つです。

相手の薔薇チップをひっくり返す騎士カードの使いどころも重要です。

1回の所要時間が短めなのでゲーム感が非常に軽く、サクサクとテンポよく進み、繰り返しプレイできるのも嬉しいポイントです。

ゲーム進行に派手なところが無く、落ち着いた印象なのでどちらかというと大人向けな印象です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

富山の薬売りが発祥?日本が誇る食玩文化の歴史

以前はどこの家庭にも置き薬というものがありました。 年に一度か二度回ってくる薬屋さんがいて、使った分だけ料金を払うというシステムでした。 現在のように、どこにでも薬局やドラッグストアーのある時代とは違 …

育成要素が豊富なRPG「サマナーズウォー」の基本的な遊び方

最近は暇つぶしにスマホゲームを遊ぶ人が増えています。 スマホの画面に壮大な世界が広がり、美しいグラフィックや高い操作性を楽しめるゲームが人気です。 その一つであるサマナーズウォーは2014年にリリース …

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:スーパーファミコン

今の若い人たちは知らない方も多いかと思いますが、30代40代の世代のゲームと言えば任天堂のスーパーファミコンだと思います。 スーパーファミコンについて簡単にまとめました。

ボードゲーム「マラケシュ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク マラケシュはどんなゲーム? マラケシュ(Marrakech)は簡単にルールが覚えられる対戦型頭脳派ゲームで、初心者も気軽に手を出しやすいです。

ディディエフの鉄道模型の魅力と特色

鉄道模型の楽しみ方のひとつに、本物そっくりの風景や、コミカルな街の世界などのジオラマに、模型車両を走らせて眺める方法があります。 鉄道に関心がある方であれば、鉄道をテーマにした博物館で展示されているジ …

楽天モーションウィジェット