老化防止にもなるクリエイティブな趣味:カメラ

フィルム時代にカメラを始めたベテラン諸氏の中には、一般大衆にとってのカメラとは記録写真を撮るための道具であって、素人の趣味としては敷居が高いとお考えの方がいると思います。

確かに昔はそのような傾向がありました。

小型カメラの場合なら、36または24ショット毎にフィルム代と現像料金が生じるのがフィルムの宿命。

そのため、子供の成長など記録用途以外には使ったことがなく、子供が巣立ってからはカメラから遠ざかったままという例もありそうです。

スポンサーリンク

今や気軽に始められる趣味の写真

フィルムは現像してみなければ結果が分からないタイムラグが生じます。

それが好きでフィルムにこだわる人も一部に存在しますが、大多数にとっては結果が直ぐに見られる方がクリエイティブであり、同時に大きな魅力でもあります。

そんな即時性と、出来た写真を直接パソコンで表示できる利便性から、今日ではカメラといえばデジカメを指すのが一般的になりました。

デジカメがもたらす恩恵はたくさんあります。

第一にフィルム代が不要なこと。
そのため、予算を気にすることなく好きなだけ撮影することができます。

言い換えれば、クリエイティブなショットが撮れるまでトライアンドエラーを繰り返せるということです。

フィルムの排除は、同時にそれに替わる画像センサーの大きさを自由に選べることを意味します。
しかも、センサーは薄い電子部品なので、携帯電話などに内蔵することが容易になり、カメラの様式を増やす原動力にもなりました。

今や、皮のケースに入った無機質な機械だけがカメラではありません。
ただし、それが好きでクラシックカメラ一筋の達人がいるのも事実です。

操作が面倒なクラシックカメラは一見不便そうですが、逆に考えれば頭を使うため脳の老化防止には良いかもしれません。

撮影を助けるもの、あると便利なカメラの機能

ほとんどの人がスマートフォンやフューチャーフォンを持つ昨今、単に写真を撮るだけなら、カメラ専用機を別に持つ必要性は薄れています。

特に最新のスマートフォンは内蔵するカメラの性能が素晴らしく、画素数、感度ともに並のコンパクトカメラを凌ぐ機種が増えました。

そうは言っても専用機にはそれなりの魅力があるのも事実です。

そこで、専用機を選ぶことを想定し、クリエイティブな写真を撮るのに役立つ機能について説明します。

センサーサイズは大きい方が画質の点で有利です。
モデル的には新しい方が良く、一昔前の物とは文字通り隔世の開きがあります。
特に高感度特性の進歩が目覚ましいので、夜景や星空の撮影を考えるなら、外せないチェックポイントです。
最低でも1インチサイズとか4/3インチとかが必要で、レンズ交換式なら申し分ありません。

レンズが交換できる点もクリエイティブな写真を撮るのに役立ちます。
花や昆虫、腕時計などをアップで撮りたい場合にはマクロレンズを、被写体から離れた距離からでなければ撮ることが難しい野鳥などが被写体の場合は望遠レンズに付け替えて対応することができるからです。
物によりますが、交換レンズはレンタルすることも可能です。

記録に関する機能ではRAW(生)フォーマットで記録できる方が有利です。
JPEGは間引かれた後のデータなので、ファイル容量が小さい反面、後から画像処理を行う場合RAWに比べて画像が荒れ易い欠点があります。

撮影に際して気を付けるべきは手ぶれです。
対策として手ぶれ補正なる機能が存在するため、それを備えたボディーあるいはレンズが有効なのは言うまでもありません。

また、露出オーバーは厳禁です。
物体の質感がなくなり、ひどい場合は色が白く飛んでしまいます。
そのような状況を回避する場合、露出補正機能が便利です。

楽しみながら撮れば撮るだけ腕が上がる、それが写真の魅力です

非日常的な物や風景はそれだけで人を感動させます。

例えば、暗くなるまで屋内で働いている人にとって夕暮れ時の情景は珍しく、他に何もなくても感動を誘います。
年に数回しか見ることのない花火大会は頻度的に希少です。
花のおしべを普段見ることのない人なら、そのクローズアップ写真を見るだけで新鮮な気分になれます。

逆に考えれば、写真の対象は身の回りに無限に存在すると言えます。
被写体がどこにでもあることを理解したなら、外出時にはカメラを持って出るのが吉です。

趣味の写真で一番重要なのは楽しむこと。
これに上手い下手を持ち込むのは邪道ですが、実は、楽しさ任せにたくさん撮ることは、写真上達の近道でもあります。

たくさん撮って、たくさん失敗しながら経験値を増やすうちに、徐々にコツが分かってきます。
他人の性格を読み取るのと同じで、経験が増えればベストな対処方法をすぐに判断でき、それが写真の歩留まり向上へとつながるというわけです。
また、楽しさと感動は脳の神経細胞ネットワークを刺激するため、老化防止にも良い効果を伴います。

時には距離的あるいは障害物による制約が発生し、理想の構図が得られない場面に遭遇することもあるでしょうが、そんな時は焦点距離の変更や構図の変更で対応するしかありません。
この作業は案外頭を使うので、これもまた脳の老化防止には好都合と開き直ると気が紛れます。

ひとつ忘れてならないのは、趣味の写真は仕事ではないということ。
だから他人の評価は気にせず、自分が残したい写真を撮るのが良い写真を撮る最大の秘訣です。

そういう視点で見た場合、気になるものを見つけたらとにかく撮る。
違った角度から何枚も撮ってみる。

いくら撮ってもフィルム代は掛かりませんからとにかく感性に任せて、時にはクリエイティブな気持ちで撮り続けるのが趣味の写真の醍醐味です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

ストレス解消や気晴らしに最適!散歩の魅力と効果

運動不足で体を動かさなければいけないと思っているけれども、重い腰が上がらないという人も多いのではないでしょうか。 元々体を動かすことが苦手な人が多いものですから、いざ体を動かそうと思っても億劫になって …

婚活中におすすめ!お笑いが趣味だと出会いが広がる

ある程度の年齢に差し掛かると、結婚をできるだけ早くしたいという強い気持ちを持って、婚活に精を出す人が多くなります。 そういった人たちの中には、自由に使える時間の大部分を婚活か、それに直接的に役立つこと …

婚活中におすすめ!スキーが趣味だと出会いが広がる

結婚をしたい場合には、出会いのきっかけは重要です。 仕事などが忙しい場合にはなかなか出会いのチャンスに巡りあわないという方は、趣味などをきっかけにしてみるというのも一つの方法です。 自分の趣味から交友 …

一度知ったらハマってしまう人とは違う趣味!資格取得の魅力

巷には沢山の資格が存在していますが、資格取得を目指す人の多くは、スキルアップや就活のためなどの目的があったりします。 ところが、資格取得自体が趣味になっている資格マニアも存在するのです。

あまり知られてない世界の趣味:自転車ツーリング

ツーリングはまだまだあまり知られてない趣味かもしれません。 ですが、だんだんと世界でも認知されるようになってきています。

楽天モーションウィジェット