旅行事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

旅行事務の仕事内容は、旅行に関する仕事の、事務全般を行います。

旅行に関する専門的な知識が求められるため、未経験でも歓迎されやすいですが、旅行が好きな人や、職業意識の高い人、好奇心旺盛な人が向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

旅行事務の仕事内容と適正

女性に人気の職業となっており、専門的に覚えることが多い仕事です。

旅行事務の仕事内容としては、旅行会社で個人や団体における電話やメールでのお客様対応、予約管理、空き状況の確認、情報登録のほか、海外旅行の場合はビザの申請から各種チケットの手配、ホテルの予約などを行う場合もあります。

ほぼ、お客様の旅のサポート全般を、行います。時には、レジやクレーム対応もしますので、業務内容は幅広いものとなります。

時給は、一般事務と変わらないと言われていますが、旅行事務の仕事は、一般事務以上に忙しいと言われているため、プライベートとのバランスを取りたい人にはおすすめができません。

しかし、旅行が大好きで、旅にかかわる仕事をしたいという人には、おすすめとなりますので、仕事内容をきちんと理解していけば、未経験からの就職も可能となります。

大変ですが、少しずつ知識を増やしていくことで、慣れていくと考えられます。

一番のポイントは、手違いがないように配慮しなければなりませんので、気配りのできる人や注意深い人にも向いています。

求められているスキル

最初に求められるのは、旅行に関する知識です。国内外における観光名所や、乗り物にかかわる状況や料金、旅行プランによる価格変動なども覚えていきます。

留学経験のある人や、語学に長けていればなおいいでしょう。また、パソコンのスキルは必須となります。エクセルやワードは最低限使いこなせることが、重要となります。

旅行プランも作成しますので、パワーポイントも必須です。未経験歓迎のところもありますが、旅行会社での経験者は即戦力となりやすいため、優遇されやすいです。

また、他業界でも事務経験などで、チケットなどの手配を経験したことのある人も、重宝されます。特別な資格は必要ありませんが、パソコンの資格や旅行関係の資格があれば、時給が上がることもあり得ます。

また、旅行先との交渉もしなければなりませんので、高度なコミュニケーション能力が必要となります。

また、旅行は状況も変化しやすいため、臨機応変で柔軟な対応ができるスキルが、求められています。明るくてきぱきと動ける人や、忙しさや状況の変化に動じない人も必要とされています。

いきなり就職するよりも派遣がおすすめです

旅行業界が未経験の場合、少しハードルは高いと考えられます。転職で正社員になるよりは、新入社員から旅行事務の仕事を積んでいくか、派遣として登録することがおすすめとなります。

派遣の場合は、仕事内容や職場の雰囲気、忙しさの度合いやライフワークとのバランスが取れるように、相談することもできるでしょう。

ただし、相談しても全て思い通りにとはいきませんので、注意が必要となります。

ただ、派遣会社によっては、旅行事務に必要なスキルである航空端末を扱えるように、研修できるところもありますので、派遣会社が行う講習や研修はうまく利用していくようにしましょう。

自信がないかたは、上手に活用していくことで、スキルアップができますし、安心して就業することができます。

また、派遣会社では常時パソコンの研修もしていますので、サポート体制はある程度整えられています。

そのため、個人でいきなり旅行会社へ面接へ行くよりも、派遣会社へ登録するといった方法をとるほうが、適正もわかりますし、就業先でもスムーズに仕事を行うことができるでしょう。

研修はありますので安心です

ある程度の専門性と、パソコンなどのスキルは必要になりますが、いきなりカウンターに立って業務全般を行うということは、ほとんどありません。

ある程度の研修期間があったり、マニュアルが用意されたりしていますので、まずは難しく考えずに始めてみましょう。

旅行シーズンでは、繁忙期で残業がある可能性も高くなりますので、そこは予め覚悟を持った方がいいと考えられます。

ただし、旅行が好きなかたが集まる職場でもありますので、話題性も高くなり、先輩や社員のかたから思いがけない穴場の観光名所を聞けたりすることもあります。

それが知識として、役立つこともありますので、そこで働く人々とのコミュニケーションも、必要となります。

最初は、基本的な受付業務やカウンター業務、手配の仕方などを覚えていくケースがほとんどなので、少しずつ、そして着実に仕事を覚えていくようにしましょう。

メリットとしては、さまざまな観光地に詳しくなれることです。お客さまが、楽しかったとお礼を言ってくることもあるようですので、そういう時は仕事に自信が持てるようになります。

最後に

旅行事務は専門用語を覚えたり、手違いのないように手配したり書類作成をしていくといった、大変な業務になりますが、基本的には旅行好きな人には向いている職業と言えるでしょう。

少しずつ慣れていくことが、肝心です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

宅建事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

宅建事務というと、宅地建物などの不動産物件を売買したり、その媒介を務める職場での事務処理業になります。 この為、書類作成などの事務関係の資格と、宅建業に関する資格の両面を保持しておくのがおすすめと言え …

世のため人のため役立つ!法律に関する資格「ビジネス実務法務検定試験」

法律に関する資格は、実に様々あります。弁護士や司法書士、行政書士という法のスペシャリストは、有名な国家資格だといえますが、これらの資格を取るためには、実に長い間勉強をし、合格率の低い試験に挑戦しなけれ …

将来的に独立ができる国家資格:弁理士

弁理士とは、特許や実用新案などの知的財産を取り扱う国家資格です。 今狙い目の国家資格の一つです。

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「作文・小論文検定」

日本語は、世界でも有数の難解な言語と言われています。同じ言葉でも、複数の言い回しがあります。 使い方を誤れば、別の意味にもとられかねません。

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「フードアナリスト検定」

飲食業界で働いている人に向いているのが、フードアナリスト検定です。レストランの料理や店舗の雰囲気などを、言葉にして評価分析できる力が身につきます。 初心者レベルの4級からプロレベルの1級の資格まである …

楽天モーションウィジェット