茶道の魅力と習うメリット

茶道
お茶をたてる作法のことを茶道と言い、おもてなしの心と美しい立ち振る舞いを学ぶことが出来るとされています。

他にも、自然や季節に敏感になったり、物を見る目が養われる、礼儀作法が身につく、道具を大切にする心を学べるなどの効果もあるようです。

スポンサーリンク

茶道を学ぶメリット

茶道を習うことによって得られるメリットとしては色々ありますが、所作や知識が身につくだけでなく、自分の心をコントロールすることができるとされています。

茶道の心得として、和敬清寂という言葉があるほどです。

和敬清寂の意味としては、お互いの心を和らげて敬い謹み茶室の道具や茶会の雰囲気を清浄にすることとなります。

特に仕事をされている方は、ストレスが溜まりやすく不安定になりやすいですが、茶道の所作や立ち振る舞いを行うことで、悩んでいることや不安に思っていることがリセットされて頭の中を整理することができます。

和敬清寂以外にも、茶道に込められた言葉はあり、茶禅一味や一期一会などがあります。

茶禅一味は、茶道を学ぶということは、禅の教えを学ぶことという意味があります。

また、茶道は禅から始まったとされていることからこの言葉が使われます。

一期一会は一般的に知られていて、茶道でも、その日や時間で行われたお茶会で、まったく同じものはないとされているので、この言葉と茶道の関係性も深いとされています。

茶道は普段の生活にも活かせる

茶道を学ぶことで、知識を取得するとともに、普段の生活での意識も変わっていきます。

日常生活でお花を飾ったり、美しい文字を書きたいと意識するようになる方も多く、普段の暮らしを華やかにすることができるでしょう。

お客様をお招きする時に楽しく過ごせてもらうように、どんなお菓子や料理を出すか、食器の盛り付けや飾りなどを考えることなど、茶道にはそれらの立ち振る舞いが詰まっています。

また、焼物である茶碗や食器の塗り、などの日本の手工芸の素晴らしさを感じることができます。

外国人の方だけでなく、日本人でも日本の伝統美を様々な角度から堪能することができます。

茶道を行うことで、おもてなしの精神を学び、人と人との心の通じ合いを感じてコミュニケーションを豊かにするとも言われています。

茶道は女性の方が多いですが、男性の方でも茶道をされている方もいます。

以外と知られていないことですが、昔は茶道を男性がするものとされていました。

茶道を始めたいと思ったら

茶道の始め方としては、お茶会に参加して他の方たちの立ち振る舞いや所作を見てみると良いでしょう。

流派によっては立ち振る舞いや所作が違っていきますが、流派としては100から500ほどあると言われています。

その中で大きく3つの流派が存在し、武家茶道、三千家、千家流があります。

お茶会は気軽に参加できるものなので、色々な流派のお茶会に行って自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

茶道教室について

茶道の所作や立ち振る舞いを学ぶためには、茶道教室を探す必要があります。

人が多く大きな教室で行われている所と、個人の自宅で行われている所がありますが、これについて悩む方は多いかと思います。

大切なのは、長く続けていくことなので、教えてくれる先生との相性が合う教室を選ぶようにします。

選び方としては、その教室の見学やお茶会に参加して、その教室の教え方の雰囲気や通いやすいものを選ぶと良いでしょう。

必要な道具として思いうかぶものに着物がありますが、普段着でも教室に通うことが出来ます。

普段着で通う場合は、膝が隠れる長さのスカートと、白い靴下で行くと良いでしょう。

ネックレスや指輪、時計などのアクセサリーはしていかないほうが良いでしょう。

ネイルも控えめにするか、できればしないほうが良いです。

他に必要な道具として、茶扇子、懐紙、黒文字、ふくさ、こぶくさ、懐紙入れとなります。

茶扇子は閉じたまま使用し、他の人との間に結界を作って謙虚さを示すものとなります。

座礼の時に挨拶として使われるための道具なので、開いて暑さを凌ぐために扇いだりしてはいけないとされています。

ふくさは、茶器を清めたり、熱い釜の蓋を取る際に使われます。

こぶくさはお茶を飲む時と運ぶ時、道具を拝見する時に使われます。

懐紙はお菓子をいただく時に使用し、お茶を飲んだ時の口や手を清めたり、お菓子を取り分ける時に使います。

黒文字は、菓子ようじをつけてお菓子をいただきます。

これらの道具は、教室によっても違ってくるため、用意するのは教室で習い始めてからにしたほうが良いでしょう。

教室にかかる費用としては、流派や先生によって異なっていきますが、目安としては月に5千円から1万円ほどになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-, ,

関連記事

ダンスで楽しむ世界!「社交ダンス」を通して学べる文化と歴史

日本では、社交ダンスや競技ダンスに興味を持つ人が増えています。 社交ダンスは、「ソシアルダンス」とも「ボールルームダンス」とも呼ばれます。

婚活中におすすめ!お笑いが趣味だと出会いが広がる

ある程度の年齢に差し掛かると、結婚をできるだけ早くしたいという強い気持ちを持って、婚活に精を出す人が多くなります。 そういった人たちの中には、自由に使える時間の大部分を婚活か、それに直接的に役立つこと …

婚活中におすすめ!アニメが趣味だと出会いが広がる

結婚したいとは思って、色々と頑張ってはいるものの、なかなか自分に合った相手が見つからないと嘆いている人は少なくないでしょう。 そういった人の中には、趣味なんて楽しんでいる余裕はないという人がいるかも知 …

紙と鉛筆だけで始められる!日記の魅力と楽しむポイント

最近、特に若い世代を中心に、毎日の出来事や感じたことを日記に書いている人が増えてきました。 日記を書くのが面倒だったり、続かないという人もいるでしょうが、気楽に始めてみてはいかがでしょうか。

何かを作ろう!クリエイティブな趣味:フラワーアレンジメント

自分は無趣味で何にも興味がないと悩んでいても、やっぱり何か一つくらいは趣味と呼べるものを持ちたいと思うものです。 何も多趣味になる必要はなく、自分が好きだと思えることを自分のペースでコツコツ長く続けて …

楽天モーションウィジェット