伝統文化を学ぶ!茶道教室の選び方

茶道
茶道と言えば、日本で古来より伝わる伝統的な作法の一つとして知られていますが、これまではごく一部の人たちの間で親しまれているものというイメージが強いものでした。

しかし、近年は若い世代へも普及を広めようとして、初心者でもよりカジュアルに気軽な気持ちで楽しめる簡略的な茶道教室なども開かれるようになってきています。

魅力的な趣味として茶道を始めたいと興味を持っている人も多いのですが、実際にどのようにして始めれば良いのか分からないという初心者も多いでしょう。

茶道の特徴やマナーなどを知っておけば、いざ始める際にも役立つので、初心者はまず知識を集めることから始めておきましょう。

スポンサーリンク

茶道を始めるには

茶道を始める場合、始め方として最もポピュラーなのは、お茶の教室を開いている先生に師事して稽古に通うという方法です。

最近ではインターネット上で広く生徒を募集している教室を探すことができるので、先生を見つけること自体は難しくありません。

それぞれの教室の特徴や魅力的なキャンペーンなどを行っているケースもあるので、近所の教室を探してみましょう。

ただ、茶道にはそれぞれ流派というものがあり、自分が希望する流派がある場合は最初にしっかり調べておくことが必要です。

流派だけでなく、先生の人柄や教室の雰囲気など、実際に教室に入ってみなければ分からないことも多いので悩むところです。

茶道は一般的な習い事とは異なり、古くから続く伝統文化の一つとなるため、師匠と弟子という関係上、季節のご挨拶やお歳暮などの贈答品も贈る必要があるので注意しておきましょう。

この他にも、毎月発生する月謝の他に、定期的に開催される参加費や免状申請代など、細々とした出費がかさむので、ここも注意しておきたいポイントです。

これは茶道に限らず、他の伝統文化系のお稽古事ではよく見られるものなので特別出費が多いとも言い切れません。

このように聞くと面倒に感じてしまいがちですが、それだけで背を向けてしまうにはもったいないほど茶道には魅力的なメリットが数多くあります。

マナーや作法が身につくのはもちろん、本来なら出会えないような幅広い年齢層の教室仲間ができ、友人の幅が広がるのも魅力的です。

茶道を始めるのに必要な道具

茶道を始める場合、教室にもよりますが、まずはお稽古に必要となる道具を揃えることになります。

道具は初心者でもベテランの人でも変わらず同じものが必要になるので、教室を決めたら安価なものでも構わないので揃えておくようにしましょう。

一般的には茶道具は全部で7点必要になりますが、大掛かりなものではなく、片手で簡単に全部を持ち運べる程度の大きさなので安心してください。

・扇子
・帛紗
・古帛紗
・懐紙
・楊枝
・楊枝入れ
・帛紗ばさみ

男性と女性では使用する道具の色や大きさに違いがあります。

それぞれの性別に合わせ、使いやすいものを選ぶようにしましょう。

教室によっては入門するとこれらをプレゼントしてくれるケースもあるので、購入する前によく確認しておくようにしましょう。

稽古を始める場合にまず必要となる扇子ですが、これは茶室に入る前にお辞儀をする際や茶会で自分の位置を示す際に必須となる道具です。

男性用は約20センチで女性用は約17センチと小ぶりになっています。

また、茶会で出される茶菓子を食べる際にお皿やティッシュ代わりに使用する懐紙も男性用と女性用でサイズが異なるので注意しておきましょう。

帛紗は道具を拭き清めたりする場合に使いますが、流派によってサイズが異なり、色も男性が紫で女性は赤か朱色というのが一般的です。

帛紗ばさみは上記で挙げた扇子や懐紙などの道具一式を入れて持ち運ぶために使われる袋のことで、数寄屋袋と呼ぶこともあります。

これらの道具を全て揃えておけば準備は万端で、いつでもお稽古やお茶会に出かけることができます。

教室に購入が必要かどうかを確認した上で、自分で購入する場合はサイズや使い心地などを実際に自分の目で確認してから購入したほうが良いでしょう。

茶道具の専門店で店員さんに聞きながら購入するのが確実ですが、近所に専門店が無い場合はインターネットなどで簡単に注文することができます。

道具の値段が気になる人も多いでしょうが、扇子と古帛紗に帛紗ばさみなどは1,000円程度から、懐紙は一束あたり100枚から150枚ほど入って400円程度から販売されています。

楊枝や楊枝入れはセットで100本あたり600円程度、帛紗は1枚500円ほどとなっており、全て意外にリーズナブルな価格で購入することができます。

もちろん高価な品はいくらでもあるので、茶道に慣れてきたら品質の良い魅力的な道具を購入するのも良いでしょう。

高品質の道具や自分のお気に入りの道具を使用していれば、さらに茶道が楽しくなります。

まずは教室を探し、その後に道具を揃えてお稽古を始めていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-, ,

関連記事

自分のセンスや感性で!水絵画を習ってみよう

絵は描いてみると個性が出るものです。 思いついたときに道具をさっと出してきて描くことができ、生涯にわたって続けることのできる趣味です。

何かを作ろう!クリエイティブな趣味:レザークラフト

新しく趣味を持つならクリエイティブなものを選びたいという方には革工芸がおすすめです。 オシャレでクリエイティブな方から支持されています。

楽しみながら女子力アップができる趣味:ピラティス

ヨガでは精神のバランスやリラックスを重視していますが、ピラティスは精神と身体のバランスを整えるにはどのようにするべきかを身につける事です。 女子力を高めたい、身につけたいと前向きに方法を探している人に …

PC初心者におすすめ!パソコン教室で学べること

パソコンに関しての知識が豊富な方もいるでしょう。 周囲にも一人くらいはパソコンなどに関してのスキルを持っている方もいるはずです。 その人がパソコンを使っているのを眺めていると、キーボードやマウスを巧み …

女性が思わず惚れる!フットサルが趣味だとモテる理由は?

フットサルをしている男性は一般的にモテるというのが風潮です。 これを裏付けるように、男性は趣味を聞かれた際の自己紹介でお決まりのように趣味はフットサルですと言います。 人間的にはつまらない回答ですが、 …

楽天モーションウィジェット