カードゲーム「三国殺」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

三国殺はどんなゲーム?

日本でも人気の高い中国の「三国志」をテーマにしたカードゲームで、三国志の登場人物をロールプレイングしながら、忠誠を尽くしたり戦闘するなどのアクションを繰り広げる傑作ゲームです。

現在中国で最も流行っているボードゲームといえ、日本でも愛好者が増えてきています。

中国のヨカゲーム (Yoka Games) 社が開発し、2008年に発売されました。

2人、4人から遊べ、最大10人まで一緒にプレイすることが出来ます。

三国殺の特徴は、勝つためにはプレイする人間同士のリアルな駆け引きが重要になっていることです。

プレイヤーは「主公」「忠臣」「反賊」「内奸(スパイ)」のいずれかの役を引き受けることになり、自分がどの役を果たしているのかが公にされるのは「主公」のみです。

それぞれの役には勝つための違う目的が課されており、それを秘密裏に達成するために、リアルのプレイの場でプレイヤー同士の駆け引きが衝突します。

例えば、最後まで自分が内奸であることを隠して、さも忠臣であるように振る舞い、他のプレイヤーが脱落して初めて主公に牙をむくなどの展開が繰り広げられるのです。

日本人の三国志好きはコンシューマーゲームやオンラインゲームの人気ぶりを見ても明らかですが、三国殺はそんな日本人の嗜好にぴったりのカードゲームと言えるでしょう。

三国志の著名で魅力的なキャラクターになりきって、いかにも中国的な人間同士の思惑のぶつかり合いを体感できる三国殺は大変興味深いカードゲームと言えます。

カードの種類について

身分カード、武将カード、体力カード、プレイングカードの4種類のから構成されています。

・身分カード
ゲーム内でプレイすべき「役」を表すもので、標準版のセットには「主公」1枚、「忠臣」3枚、「反賊」4枚、「内奸」2枚の合計10枚入っています。

・武将カード
ゲームの中で演じる武将を表しており、各武将の持つスキルや能力などが書かれています。
標準版セットでは魏国・蜀国・呉国・群雄の4つの勢力から25人の武将が選ばれ、それぞれの武将のイラストが描かれています。

・体力カード
自分の体力のゲージを表すもので、いくつかの勾玉が書かれており、ダメージを受けるごとに勾玉が減っていくことで体力の減少を示します。
標準版のセットには体力カードが10枚入っています。

・プレイングカード
ゲームを実際に進めるためにメインとして使用するカードで、基本カード、錦嚢カード、装備カードの3種類あり、合計で104枚からなります。

プレイヤーの役割について

プレイヤーは最初に身分カードを割り振って自分の役を決めます。

・主公
反賊と内奸のプレイヤーを全て倒し、天下を統一することを目的とします。

・忠臣
主公を守りながら、反賊と内奸を全て倒すことを目的とします。

・反賊
主公を討伐することを目的とし、反賊の誰か1人でも主公を打ち倒したら勝ちになるため、反賊が複数いるケースでは反賊同士の協力も有効です。

・内奸
反賊と忠臣、自分以外の内奸を全て倒したあと、主公と一騎討ちして主公を倒すことが必要です。
主公を倒し、かつ自分が唯一の生存者であることが必要であることから、勝利条件は厳しめで、プレイの初期段階では忠臣を装うことがままあります。

ゲームの進め方

プレイ人数は2~10人、プレイ時間は20~40分ほどです。

プレイヤーの人数によって、身分カードを配る枚数が決まっていますので、ルールに従って身分カードを配りましょう。

次に自分の演じる武将カードを選びます。
主公となった人は選択の際に優先的に選ぶことができ、全員が1人ずつ自分の演じる武将を決定したらそれを公開します。

体力カードを貰い、武将カードの下に差し入れ、現在の体力ゲージがわかるようにセットします。
ダメージを受けたら、体力カードを動かしての勾玉の数を減らすように隠していくことになります。

プレイングカードをシャッフルし、まず4枚ずつ配って手札とします。
残りは山札となります。

順番に自分のプレイングカードを使ってアクションを行い、他のプレイヤーの行動から、誰がどんな役を演じているのかを推測しながら進めます。

最初は腹の策り合いをしながら装備を集めて強くしたり、攻撃や防御、体力の回復などをしつつゲームを進めます。

プレイヤーの位置関係から「距離」の概念が重要な要素となります。
攻撃できる範囲がカードによって決められているために、隣からいくつ離れた位置に該当のプレイヤーが座っているかで、攻撃が届かなかったりというケースも発生します。

主公の体力ゲージが全てなくなり死亡するか、すべての反賊及び内奸が死亡することによってゲーム終了となります。

三国殺をさらに楽しむために

大人数で遊ぶと大変盛り上がるでしょう。

通常の遊び方の他にも様々な遊び方のモードがあり、標準パックの他にバラエティに富んだ拡張バックも多く販売されているため、長く楽しむことが出来るでしょう。

三国志の大好きな方、思惑の読み合いや駆け引きの好きな方には是非ともお勧めしたい傑作カードゲームです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

通勤・通学時間の合間に出来る!おすすめスマホパズルゲーム3選

現在はスマートフォンが広く普及し、ゲームアプリで遊んでいる方も多いのではないでしょうか。 通勤や通学などのちょっとした時間でも遊べるパズルゲームを紹介します。

プラモデルやフィギュアの塗装に!Mr.カラーの特徴と使い方

Mr.カラーは、株式会社GSIクレオスから販売されている模型用塗料です。 1960年代から親しまれている歴史ある製品であり、国産のものとしては最大規模のカラーバリエーションを誇っていて、ビビッドなもの …

2人用ボードゲーム「世界の七不思議:デュエル」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク 世界の七不思議:デュエルはどんなゲーム? 世界の七不思議:デュエル(7 WONDERS:DUEL)は、大人数用ボードゲーム「世界の七不思議」を2人用にしたゲームです。

コスプレの強い味方!”ジェイル”のウィッグはどんなキャラにおすすめ?

コスプレとは、コスチューム・プレイを語源とする和製英語ですが、今は世界中で通用する単語となっています。 アニメや漫画、ゲームなどに登場するキャラクターに扮する行為のことで、それらのジャンルの愛好者や、 …

パズルRPGの定番「パズル&ドラゴンズ」の基本的な遊び方

パズル&ドラゴンズはパズルとRPGの2つの要素を組み合わせたスマホゲームです。 テレビCMも積極的に行われているので、スマホゲームをプレイしていない人でも名前を知っているという人が多いです。 基本的に …

楽天モーションウィジェット