冬の名物!北海道の札幌雪まつり

札幌雪まつり
北海道の冬はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツの他にも、札幌雪まつりを代表する冬のイベントも大変人気があります。

現在、道内では20を超える冬のイベントが例年開催されています。
一番人気の札幌雪まつりは毎年多くの来場者でにぎわいます。

スポンサーリンク

札幌雪まつりを見に行こう

札幌雪まつりは1950年に札幌観光協会と札幌市によって開催されてから今年で68回目の開催となります。

最初の雪まつりは市内の中学生が作る5~6基の雪像のみでしたが、1955年からはお馴染みの自衛隊による大型の雪像も登場し、1972年の札幌冬季オリンピック開催とともに海外からの観光旅行者も増えました。

現在ではメイン会場となる大通り会場に116基、お子さんに人気のつどーむ会場に24基、氷の彫刻が美しいススキノ会場に60基の計200基の雪像を見ることが出来るほどに発展を見せています。

また例年の来場者数は第64回~65回目までは230~240万人の来場者数だったのに対し、第67回(平成28年)は260万9000人と250万人を超えています。

今年の札幌雪まつりの見どころはというと「スターウォーズ」の大雪像「白いスターウォーズ」が2年ぶりにお目見えし話題となっています。
これはスターウォーズシリーズの第一作目「スターウォーズエピソード4/新たなる希望」の全米公開から40周年を迎える事を記念して作られ、大通り会場の雪像では最大級の大きさという事もあり昼間の真っ白な巨大雪像と夜のライトアップされた巨大雪像ともに作っている段階から注目されていました。

そんな北海道を代表する札幌雪まつりですが、それぞれの会場の特色としては、メインとなる大通り会場は1丁目会場~12丁目会場まで約1.5km続き、1丁目J:COMひろばは北海道食の祭典とステートリンク、テレビ塔観光など旅行者に人気のスポットとなっています。

そして2丁目道新氷の広場からいよいよ大氷像が登場し、3丁目HTBPARKにはデモンストレーションも見ることが出来るジャンプ台、そして4丁目~5丁目の大氷像と大雪像を見ながら行くと、6丁目には北海道食の広場がありますので、そちらでホッと一息ついて体を温めると良いでしょう。

さらに7丁目~9丁目の大雪像、中雪像を観つつ10丁目UHBファミリーランドには注目のスターウォーズの大雪像があり、11丁目~12丁目にかけては国際広場、市民雪像と続きます。

ちなみに市民雪像はスマホアプリで人気投票にも参加できますし、12か国が参加する国際雪像コンクール出展作品や初音ミクの雪像など一般の方々の楽しい作品ばかりなので11丁目会場12丁目会場も人気があります。

他にも北海道のイベントが盛りだくさん

また札幌雪まつりに合わせて市内各地、北海道内各地で様々なイベントも開催されていますので、時間に余裕があるならばそちらにも足を運ぶと更に冬の北海道を満喫できます。

例えば、札幌市内のクラーク先生の銅像でお馴染みの羊ケ丘展望台では「羊ヶ丘スノーパーク2017」という親子で遊べるチューブそり滑りや歩くスキーなどのアクティビティを体験できるイベントが札幌雪まつり期間1月6日から始まり雪まつり終了後の3月の初旬まで開催されます。

また、札幌の奥座敷として人気の温泉「定山渓温泉」では湯煙の温泉街を2000本のキャンドルの灯りで包む幻想的なイベント「定山渓温泉雪灯路2017」が2月1日~2月5日まで開催され、カップルからご家族連れまで人気があります。

他にも市内中心部北三条アカプラ(旧道庁赤レンガ庁舎前)では2月4日~12日までの間、久門剛史氏、八木良太氏などのアーティストが作品をかまくら内に展示する雪のイベント「SAPPORO YUKITERRACE 2017」が開催されますので、夜の旧道庁や時計台を見学に行く際はぜひ立ち寄ってみるのも良いでしょう。

そして、札幌近郊のイベントでは例年50万人の来場者数を数えている札幌のお隣り小樽市の「小樽雪あかりの路」、札幌から特急で1時間半、北海道第二の街旭川市の「旭川冬まつり」、千歳空港よりバスで1時間弱で行くことが出来る支笏湖「氷濤まつり」などが国内外の旅行者に大変人気があります。

小樽雪あかりの路は小樽のシンボル小樽運河の会場や駅周辺、寿司屋通りなどに12万本のキャンドルが灯りをともし、その手作りの温かさとロマンティックな様子はふるさとイベント大賞を始め様々な賞を受賞するほど注目されています。

そして旭川冬まつりは2017年で58回目を迎える札幌雪まつりと並ぶ北海道の冬の代表的なイベントですが、例年100万人ほどの来場者数を数え2017年の目玉はというと全国的に有名な市内旭山動物園が開園50周年を迎えるにあたって旭山動物園の動物たちをモチーフとした雪像が登場するという事で話題となっています。

また支笏湖氷濤まつりは国内有数の透明度を誇る支笏湖の水を骨組みに吹き付け凍らせた氷像がとても美しく、昼間の青く澄んだ氷像、夜間のライトアップされた氷像ともに人気があるイベントです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー
-,

関連記事

キーストーン(アメリカ・サウスダコタ州)のおすすめ観光スポット

アメリカのサウスダコタ州のキーストーンには、人気のスポットがたくさんありますが、中でも特に多くの観光客が訪れているのが、ラシュモア山国立記念公園です。

紅葉の名所「神宮外苑いちょう並木」の景色を満喫!

神宮外苑いちょう並木とは、青山通り(国道246号)から美術館である聖徳記念絵画館まで続く300mほどの大通のことを指しています。 大通り沿いの両側には、146本ものいちょうの木が植えられています。秋に …

ボルチモア(アメリカ・メリーランド州)のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国メリーランド州最大の都市であるボルチモアは、1797年に誕生したアメリカで最も古い都市のひとつです。

手ぶらでOK!大洲家族旅行村オートキャンプ場で楽しもう

たまには自然に触れてバーベキューでも楽しみたいと思っている人もいるかもしれませんが、そもそもバーベキューのための機材を持っていないという人も多いのではないでしょうか。

初心者も気軽に行ける!「大黒海づり施設」で釣りの魅力に触れよう!

大黒海づり施設は、初心者でも安心して釣りを楽しむ事が出来る管理施設で、神奈川県横浜市鶴見区大黒埠頭に、施設が設けられています。 横浜のベイエリアには幾つかの埠頭がありますが、本牧埠頭と大黒埠頭を結ぶ横 …

楽天モーションウィジェット