赤ワンピにサッシュベルトを付けて今時スタイル

1970年から1980年にサッシュベルトが流行りましたが、また最近流行っているようです。

体系が変わったきた大人の方に、是非試してみてほしいサッシュベルトスタイルです。ウエストの位置よりも、少し上の位置で着用すれば脚も長くみえますし、お腹も気にならないですみます。

体型カバー効果には、サッシュベルトは良いです。

スポンサーリンク

今時のサッシュベルトのスタイル

着用の仕方は、トップスを全部入れて、その上から着用しても良いですし、サッシュベルトの下からシャツを出しても、上品なスタイルになります。

スプリングコートをボタンを留めないで、サッシュベルトで、ウエストだけを締めるやり方も、今時のスタイルになります。

最近の流行のワイドパンツには、スタイルよく見えておすすめです。ロングスカートに合わせると、軽快な感じになりスッキリします。

ポイントは、きつくしめないことですが、ゆるくしめてもスタイルが良くみえます。引き締め効果は、やっぱり黒のサッシュベルトが使いやすいですが、ブラウンやベージュもおしゃれにみえます。

ワンピースにサッシュベルトをするだけで、締まってみえますのでおすすめです。

赤いワンピースには、同系色の赤でも合いますし、もちろん黒も締まってみえます。ブラウンやグレーなども合います。ワンピースの形や体型に合わせて、色を選んでみることをおすすめします。

今時のサッシュベルトは、素材が柔らかいものが多いので、締め方もいろいろアレンジがききます。

前で、リボンのように結んでも可愛いですし、片方を長めにしてもおしゃれです。ウエストマークすれば、痩せて見えるので是非おすすめです。

赤ワンピにサッシュベルトを付けて

冬のニットワンピース、夏の涼しげなワンピース、どちらもサッシュベルトを付ければ、今時でスッキリとした印象になります。

ニットワンピもダボッとした感じが流行っていましたが、ベルトでひきしめるのが今時です。その上からコートを羽織ってもすっきりとみえます。

赤のワンピースですと、黒のサッシュベルトを結んでかっこよくなります。

結び方も、リボン結びや片方流す結び方などで変化をつければ、また雰囲気が変わってきます。赤に黒はかっこいいですが、色が分担されて太って見える場合があります。

そのときは、色が分担されない同系色を選ぶことをおすすめします。赤のワンピースに、ワンピースよりも少し暗い赤をえらんでみても良いですし、ニットでしたら、少し太めのサッシュベルトが太ってみえないです。

シャツワンピの場合は、少し細めのベルトでもスッキリみえます。

色、太さ、結び方、サッシュベルトの素材、いろいろアレンジをして、自分の体型と服とのバランスを考えながらコーディネイトしてみるのも楽しいです。

ワンピースの場合は、ウエストよりも少し高い位置で結ぶのをおすすめします。脚が長くみえてスタイルよくみえます。ワイドパンツの時も、ウエストよりも上に巻くと脚長効果は大です。

逆に、ウエスト位置から少し下げて巻くのもおしゃれです。サッシュベルトが目立ちにくいので、取り入れやすいと思います。

ワイドパンツで、ウエストよりも下に付けてみるといいです。パンツと同系色なら、より取り入れやすいです。そのとき足元は、スニーカーなどでラフな感じにするとバランスがよくなります。

ベルトを、トップスで少しかぶせるのも、いいですね。

今時のサッシュベルトのスタイル

サッシュベルトで、スタイルよくみえる場合と太って見えてしまう場合があります。ワンピースにサッシュベルトは巻く時は、場所や色でスタイルよく見せることができます。

ウエストまわりが気になる人も、ウエストよりも少し上に結ぶことで、スッキリみえます。そのときに、あまりきつく結ばないほうが、痩せてみえます。

細めのベルトよりも、太めがスッキリみえます。ベルトをしたときに、ワンピースが上に持ち上がってしまうのが嫌な人は、ぐっと下の腰骨あたりで少しルーズに結ぶのもおすすめです。

アクセントにもなりますし、シャープなイメージになります。

上にジャケットを羽織っても、スッキリみえます。少し長めのシャツワンピにも、サッシュベルトは合います。カジュアルな印象のシャツワンピですが、女の子らしくなります。

お尻が大きいことが悩みの方にも、ウエストの上で結ぶことで目立たなくなります。スリムパンツやワイドパンツにも、取り入れやすいです。

アウターの上から巻くというのも今時です。

ワイドパンツに上着を羽織ると、全体が大きくみえてしまいがちですが、アウターの上から結ぶことで、エレガントになります。

ゆるめのトップスが流行りましたが、ゆるめのトップスに巻くと上品になり、女らしさが増して素敵です。

普通のベルトでは出ない雰囲気が楽しめますので、コーディネイトしやすいブラック、ブラウンを一つ持っていれば使えます。

ベージュも品良く仕上がりますので、おすすめのカラーです。

ワイドパンツやロングスカート、ワンピースにサッシュベルトは合いますが、膝丈のスカートに巻くのもおすすめです。

ウエストが、締まってやせ効果あります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

おしゃれに温かく!冬のニット帽コーデ

寒い時はどんなファッションを楽しみますか? どうしても冬は寒くなりますから、防寒対策も必要です。 おしゃれは我慢と言う言葉もありますが、風邪をひかないようにもしたいし、おしゃれも楽しみたいものです。 …

オシャレ度がぐっと上がる冬のコーデ法:小物とアウターの色を統一

ベージュやライトグレーのアウターは、女らしさと上品さが引き立つ優れもの。 どうしてもダークカラーになりがちな冬のコーデだけど、明るい色を着ることで華やぎが出て、女子力UPは間違いなしなのですが、それを …

トレンドを取り入れよう!オフショルを着こなすコーデ術:細ベルトでミニワンピースを絞る

オフショルダーは、デコルテと服のラインとの境界線のコントラストが美しく見えるコーディネートの一つですが、オフショルダーを着用する時に一番考えるのが、インナーについてです。 オフショルダーは、仕様上イン …

季節の変わり目に必須アイテムのカーディガン!ジャケットの上から羽織る

毎回、季節の変わり目は何を着たら良いか迷いますよね。 そんな時に持っておきたい服としてカーディガンがあります。 カーディガンは、誰でも1枚は持っている定番で、着まわしに必須な服の一つですが、近年はお洒 …

何色にする?ファーの色について

秋冬に活躍するファーアイテムは、手持ちの服に合わせやすく、使い勝手が良いです。 この時に気になるのが、どの色を選ぶべきかで、好みはもちろん、色の持つイメージを考えてチョイスすると、コーデに役立ちセンス …

楽天モーションウィジェット