管楽器初心者におすすめ!サックスの魅力

サックス

管楽器といえば、トランペットと並んで、まず最初に思い浮かぶものがサックスではないでしょうか。

技巧的な難しさは一旦横に置いても、単純に「音を出す」という面では、トランペットやフルートに比べて圧倒的に音を出しやすく、管楽器入門としても最適なのがサックスです。

吹奏楽やポップス、R&Bやジャズ・ビッグバンドなど、華麗に演奏する姿を目にして憧れている方も多いはず。

ここでは、憧れのサックスがどんな人に向いているか、またその魅力について迫ります!

スポンサーリンク

サックスを始めてみよう

サックスはどんな人に向いている?

サックスは、ポップスのホーンセクションやメロディ、ソロフレーズを吹いたり、R&Bやファンク、ロックバンド、スカバンドなどのホーンセクションで吹いたり、吹奏楽やジャズのビッグバンド、ジャズバンドやフュージョンバンドでメインを張ったり、というのが主な活躍の場でしょうか。

もちろんトランペットやホルンよりは少ないですが、クラシックもあります。

そういった音楽が好きなこと、サックスの音色が好きな人、というのが向いている・向いていないを分ける条件と思っておけば良いでしょう。

サックスは吹奏楽器の中では比較的簡単

先述の通り、息の入れ方や口の調節が非常に難しいトランペットやフルート、音程の調節が難しいトロンボーン、全てにおいて難易度の高いクラリネット・オーボエに比べれば、単純に「音を出す」という一点に絞れば、比較的容易な吹奏楽器です。

そういった意味で、吹奏楽器の入門楽器とも言えるかもしれません。

人によっては、鍵盤を先に触って音感のトレーニングを積んでおくべき、という方もいるかもしれませんが、トロンボーンやヴァイオリン・チェロなどのように「作音楽器」ではないため、そこまで厳密に考える必要もありませんよ。

サックスの種類と所有の組み合わせ

サックスにも大きさ・音程によって種類が異なり、複数本所有する方もいて、独特の持ち方の組み合わせがあります。

ソプラノ・アルト・テナー・バリトンの4種類が主なもので、右から順に大きくなり、音程も低くなっていきます。

ややこしいのは、ソプラノとテナーの「調」がB♭、そしてアルトとバリトンがE♭です。

細かい説明は省きますが、テナーを例にとった場合、テナーの楽譜でC、つまりドの音を出した場合、実音つまりピアノと合わせるとB♭・シ♭となります。

この考え方は移動ドと呼ばれ、サックスを吹いているだけなら大丈夫ですが、他の楽器とのアンサンブルに混じるときに、他の楽器のために用意された楽譜を読む時に、この知識が必要となります。

ただ、初心者のうちは気にしなくて構いません。

ただサックスの持ち方として、テナーとソプラノの組み合わせで所有する、という持ち方が多いのは、アンサンブルで両方要求されることが多いこと、調が統一されていて演奏しやすいこと、の2点が主な理由です。

サックスを1つ選ぶならどれがいい?

じゃあ、どれを持つのが良いの?と思うことでしょうが、大体はテナーかアルトです。

ジャズ、特にモダンジャズをやるならテナーが多いです。

ポップスはアルトが少し多いくらいで、両方需要があります。

フュージョンは逆にアルトが多いでしょう。

本田雅人氏や伊東たけし氏、勝田一樹氏など日本のフュージョンサックスプレイヤーは大抵メインがアルトです。

どのスタイルに憧れているか、どういう音を出したいか、をまず考えて選ぶと良いでしょう。

もちろん、ケニーGに憧れているならソプラノです。

クラリネットに少し音が似てると言われていて、その柔らかい音色に憧れる方も多いはず。

多彩な音色を出せるサックス

サックスの魅力は、なんといってもその華やかな音色。

一説によると、クリーントーンしかなかったギターに、ディストーションサウンド(歪みギター)が生まれたのは、ギタリストたちがサックスプレイヤーの音色に憧れた結果誕生したと言われています。

なので、ディストーションをかけた音で弾いたギターのリードプレイをサックスと聴き間違えた経験のある方は、かなり音楽を好きな方なのだと思います。
(ちなみにサックスの音は、音響学的な面で言えば鳥の声と同じソフトディストーションに分類されます。)

柔らかで温かみのある音、攻撃的にブロウした音、そして心が弾む様なリズミカルなラインなど、単音楽器とは思えないほど、バンドやアンサンブルに彩りを添えて、多彩な役割を果たすサックス。

そのため、実はピアノやギター、ベースといった他の楽器経験者が転向する、というケースも少なくありません。

もちろん、他の楽器から転向する場合、それまでの音楽経験が少なからず反映されるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最後に

また、変わり種として、エレキのサックス、ウィンドシンセサイザーというものも存在します。
(機種としては、AKAIのEWIが有名です。)

サックスの難点である「大きな音が出るがゆえに練習場所を確保しにくい」といった問題を解決できる、という消極的な理由だけでなく、1980年代に誕生した比較的新しい楽器であるからこそ、新しい表現を追い求められる大きな可能性を秘めた楽器なので、ぜひ興味のある方は挑戦してみてください!

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-,

関連記事

日本舞踊の魅力と習うメリット

日本ならではの伝統的な文化やお稽古事は数多くありますが、その中でも代表的なものと言えば日本舞踊が挙げられます。 茶道と並んで大和撫子の必須お稽古事とも言えますが、なかなか内容について詳しく知っていると …

フリマアプリ「ガレージセール」の特徴や使い方

自宅内にある不用品を、誰かに売りたい場合や、あげたい場合に便利なフリマアプリが、ガレージセールです。 価値のあるものを、有料で購入するだけでなく、ゴミとして処分されてしまいそうな不用品を、無料で譲り受 …

婚活中におすすめ!歴史が趣味だと出会いが広がる

歴史は意外と男女に興味がない分野だと言われており、恋愛などでもそれを語ることはタブー視されることが多かったです。 しかしながらタブーである歴史を逆手にとって、それを趣味として共通の話題が生まれれば、お …

一度知ったらハマってしまう人とは違う趣味!懸賞の魅力

趣味と言えば、何かをコレクションしたり、どこかへ行ったり、教室に通ったりと、案外お金のかかるもの。 しかし、懸賞が趣味という場合、お金がほとんどかからないだけでなく、現金や旅行券、家電、食品などいろい …

花に心を癒される!フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントとは、主にパーティーやお店の雰囲気を華やかにするために花を美しく飾り付けることを言います。 単純に花を生けるのではなく、それぞれの花が持つカラーや花言葉、バランスやイメージなどを …

楽天モーションウィジェット