コートのウエストリボンをスカーフにして周りに差をつけよう!

最近人気のスカーフは、首に巻くだけでなくバッグの持ち手にクルクルと巻いたり、ベルト替わりに使える万能アイテムです。

少し派手めなくらいのものを一つ持っておくと、シックな装いのポイントになりますし、一枚持っておくだけで着こなしの幅が広がります。

スポンサーリンク

ウエストリボンを取り換えるだけで、着こなしが新鮮に

特におすすめのコーディネイトとしては、コートのウェストリボンの代わりに使うアイディアです。

ウエストリボン付のコートは、最近どこのブランドでも人気で、特に今年はノーカラートレンチなどでも多用されているデザインですが、そのまま着てもとてもかわいいコートにひとつ工夫を加えるなら、スカーフをウエストリボンの代わりに巻くコーディネートです。

コートのフロントのボタンを開けていても閉めていても、ウエストのリボンがスカーフに変わるだけでぐっと今年らしい着こなしにかわります。

コートの色は、ベーシックカラーを選んだ方がスカーフで遊べますので、ベージュやネイビーブルーといった、定番カラーのものと合わせるのがおすすめです。

逆に、淡いピンクやイエローなどのかわいらしい感じのコートを持っている場合は、ウエストリボンの代わりにまくのは、ダークな色合いのものがおすすめです。

パステルカラーを引き締めてくれるネイビーブルーやカーキグリーンなどをベースにしたものを、ウエストリボンの代わりに巻くとパンツにもスカートにも合わせやすいです。

ウエストにリボンがついたタイプのコートは、色々なブランドから出ていますが、かわいい感じのコーディネートばかりになってしまうという方は、スキニーデニムやダメージデニムに、パンプスなどを合わせるのがおすすめです。

友達も真似したくなる、脱帽のアイディア

ウエストリボンがついたコートは、今期一枚は欲しいアイテムで、素材やカラーも色々なタイプが出ています。

もちろんそのまま着てもかわいいですし、ボトムスも意外と色々なものと合うので、ガウチョパンツやスキニー、ロングスカートやミニスカートなどと合わせて、毎日着こなしたいアイテムです。

ウエストリボンのついたコートを持っているお友達が多く、かぶってしまいがちという方にお勧めなのが、スカーフを使ったコーディネートです。

毎日同じコートでも、ウエストのリボンを変えるだけで、まったく違ったデザインのコートに早変わりしてしまいます。

スカーフを色々なタイプに変えるだけで、毎日違った表情のコートを楽しめますので、何枚か用意しておくと便利です。結び方も、くるくるとひねったり、平らに折ったりと、折ったり結んだりのアイディアを駆使することで、着こなしの幅もぐっと広がります。

スカーフは、ウエストだけでなく最近バッグの持ち手に結んだり、ヘアバンドの代わりにしたり、髪と一緒に編みこむスタイルが大流行しており、今期欲しいアイテムナンバーワンと言っても過言ではありません。

実際色々なブランドからカラフルなタイプの製品が出ており、素材もシルクのものから、買いやすいリーズナブルなタイプまで、好みに合わせて選択することが可能ですので、まずは一枚上質なものを購入して、プチプライスのものを買い足していくのもおすすめです。

周りのお友達と着こなしに差を付けたいなら、洋服そのものを個性的にするよりも、ベーシックなアイテムに小物をプラスするのがおすすめです。

ウエストリボンを取りかえるアイディアは、周囲でも流行すること請け合いです。

ワントーンコーディネートと相性抜群

ウエストリボンのついたコートは、どんなインナーやボトムスとも意外と合わせやすく、クラシックで上品なイメージで着こなすことが出来ますが、意外とデニムとも相性が抜群ですので、カジュアルなアイテムにも、どんどん合わせたいコートです。

一枚上質なスカーフを手に入れたら、さっそくコートのウエストリボンととりかえて、コーディネートをしてみましょう。

質の良いスカーフはハリ感があり、色や柄もクリアに出ていますので、コートの質もワンランクアップして見えるメリットがあります。

リーズナブルなタイプから始めたいという方は、ベルトのようなデザインのタイプも販売されていますので、買いやすい値段のものからトライするのもおすすめです。

ファストファッションのブランドからも、今期は非常に多くのデザインの商品が販売されています。

ウエストリボンがついたタイプのコートもスカーフも、どちらも今期人気のアイテムですので、非常に多くのブランドから様々な色や素材のタイプが出ていますので、まずはコートを試着して、どのような色柄をウエストに巻くかのシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。

インナーに合わせるものは、その場合シンプルなワントーンコーディネートがおすすめです。

ワントーンコーディネートは、スーパーモデルなどのプライベートファッションでもおなじみで、ワントーンで上下を合わせることによって、縦の長さが強調されるので、着やせ効果もありますし、合わせる羽織物や小物をポイントに持っていきやすくなるため、おしゃれなセレブリティたちの間で流行しているコーディネートです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

季節の変わり目必須アイテム、カーディガン!インナーはシンプルに

どんなファッションにも使える、万能なアイテムカーディガン。 コーディネートによって、様々な取り入れ方ができますね。割と、どんな服にも合わせやすいアイテムですが、中に着るトップスとの相性は大切です。

今年1本は持ってたいハイウエストデニム!「ハイライズスキニー」

ボディフォームを美しく映せるファッショアイテムの一つに「ハイライズスキニー」があります。 ローウエストと違って、ハイライズというウエストのくびれあたりまで股上があるスタイルのため、ヒップを全面に隠せる …

トレンドカラー!レッドのボトムスを使ったコーディネート

今年のトレンドカラーの1つがレッドですが、レッドはトップスで取り入れる人が多いです。 しかし、スカートやワイドパンツなどのボトムスで取り入れれば、周りの人とちょっと差がつく、おしゃれなコーディネートが …

ネックレスでコーディネートに遊びを加える♪

ネックレスは、ファッションのワンポイントとして取り入れることで、ちょっとしたアクセントになったり、全体の印象を大きく変える事もできる遊び心のあるアイテムです。 それゆえに、上手く取り入れなければファッ …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【参観日】

参観日は子供だけでなく、参観するママにとっても緊張する行事です。 学校によっては、参観と他の行事を一緒に行うこともあり、子どもたちの授業を参観した後に、保護者と先生が集まって懇談会が開かれたり、参観後 …

楽天モーションウィジェット