時計のベルトにスカーフを巻いてエレガントに!

手首のオシャレは、コーディネートのキーポイントです。

ブレスレットやバングルなどの重ね付けはゴージャスですが、じゃらじゃら感が強いと、オフィスや改まった場には向いていません。

仕事中にデスクの上にバングルが当たってカチカチ音がし、ちょっと気になることもあります。また時計とブレスを重ね付けして、ガラスを傷つけてしまうこともあります。

スポンサーリンク

いつもの時計をキラリと輝かせるアイテム

そんな時、小さめスカーフを時計のベルトとして巻くのはいかがでしょう?あなたのセンスが、キラリと光ります。

時計だけでは何だかさみしかった手首が、ターコイズやゴールドの入ったシルクのスカーフを巻くだけで、シンプルに、エレガントにさりげなく、ハッと目を引くポイントになります。

時計は、あなたのファッションを引き立てる大切なおしゃれのアイテムですが、装いに合わせて高価な時計をいくつも揃えるわけにはいきません。

そんな時、ベルトの布を変えるだけで、毎日使っている見慣れた時計が早変わりします。ブルー系で涼し気にまとめたり、ガーリーなピンクをアクセントとして手首に加えるだけで、いつもの時計がぐっとエレガントに引き立ちます。

フワッとしたオーガンジー系を結べば、手首に蝶がとまっているような「ふわり」感がプラスされ、サラサラしたシルクをバングル風にぐるぐる巻きすれば、カッチリしたゴージャス感が出ます。

それぞれのシーンで使い分けて、楽しむことができます。

テーブルの上で手を組んだり、軽く頬杖をつくようないつもの仕草も、手首に華やかな彩りがあるだけで、自然に優雅なフェミニンな所作になり、きっとあなた自身の気持ちも浮きたちます。

センスが光るオシャレな使い方いろいろ

ひと工夫するだけで、手元が上品でエレガントになります。あなたのお好みに合わせて、いろいろな使い方ができます。

1.ネイルと合わせる
ネイルとブレスレットをコーディネートすることは割とありますが、ネイルと時計のマッチングは、それほど簡単ではありません。

そんな時、スカーフならネイルとの相性も抜群です。ネイルの色をスカーフの色と合わせるのはもちろん、同じ柄をネイルに施して、手首と指先をリンクし、統一感を持たせることもできます。

ストライプのネイルは指を細く見せますが、手首にも同パターンの布を巻くことで、腕もほっそりして見えます。

または逆に、シンプルな無地の生地を腕に巻き、指先はラメやストーンでキラキラと、コントラストを激しくするのも心憎い演出です。

2.人気のツイリーを使う
ツイリーは、首に巻いたり、手首に巻いたりのアレンジが簡単な細長い形をしたスカーフです。

時計のベルトにもうってつけです。エルメスやフェンディなどのブランドツイリーを使うと、時計の格もずっとあがり、手首が一段とエレガントになります。

縦長の形なのでリボンを結ぶ感覚で、手首に巻いてもボリュームがでません。大きく結んで、腕を動かすたびにリボンの羽の部分がひらひらするのも可愛いです。

3.文字盤とのコンビネーション
スカーフを選ぶには、時計の文字盤が大きなポイントになってきます。文字盤と布の色を同色系にまとめてもいいし、逆に白と黒、黒とゴールドなど大胆に対照的な色を組み合わせるのもエレガントです。

数字のないシンプルな時計には、ちょっと複雑なプリントパターンの布を腕に巻き、数字やアワーマークが細かく書いてある時計には、柄の少ない上質な布を選ぶとよいでしょう。

その日の気分、装いに合わせてコーディネートを

服装に悩んで、結局いつも同じようなモノトーンの服ばかり着てしまうなんてこと、良くありませんか。そんな時、手首にカラフルな彩りを一点投入するだけで、全体的な印象が変わってきます。

カジュアルな普段着が、手首のオシャレ度によって一気に、さり気ない洗練された装いとなるでしょう。

ノースリーブから出した二の腕の先に、バングル代わりにスカーフの腕時計をさり気なく巻いたり、ひらひらしたフレア袖から、暖色系のやわらかな生地をベルトにして手首に巻いたり、着ている洋服の袖口に合わせたコーデも楽しめます。

時計のベルトを何本もそろえるよりも、タンスの中に眠っている、使わないスカーフを再生する方がずっとお得で、洗練されています。

嫌なことがあって気持ちがふさいでいる時、出かける前に身だしなみに気が回らず、黒一色のコーディネートになってしまった時、手首に思い切りカラフルな色、きれいな色、キュートなフローラルパターン、アニマルプリント、ヒョウ柄など、派手目なスカーフをアクセントにすると、地味な装いが小粋なおしゃれに変わります。

また手首は比較的、自分自身の視野にも入りやすい部位です。

気分が落ち込んでやる気が出ない時、嫌なことがあって気持ちがふさいでしまった時、手首に巻いた布の爽やかな明るい色や、かわいいプリント模様を見て、元気を出しましょう。

そして優しい布の感触もベネフィットの一つです。時計の硬い金具のベルトでは味わえない、暖かさがあります。

ストレスで押しつぶされそうな時や、イライラして気持ちがとがっている時、肌触りのいいシルクの質感を感じ、ホッと一息ついてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

女の子でも可愛くかぶりたい!キャップ×ウェットスタイリング

女の子でも、キャップが好きで愛用している人も多いでしょう。 ボーイッシュなコーデにももちろん合うし、ガーリーテイストの時も、外しアイテムとして重宝しますね。 キャップのかぶり方には、どんな事に気を付け …

プチプラアイテムもブランド品に見える巧いコーデ!

近年、若い世代を中心に幅広い年齢層でプチプラアイテムが人気になっています。その理由は、昔の低価格帯商品とは違って、お洒落なアイテムを安く購入出来るようになったからです。 その為、工夫次第ではブランド品 …

春のアウターはトレンチコート!飽きない着回し術「パーカーをプラス」

トレンチコートは、1枚できちんと感を演出できるとあって、1枚は持っておきたいアウターです。 しかしそのまま羽織るだけでは、皆と差がつくコーディネートに仕上がりません。そこで、オシャレ上級者が着回し術と …

オシャレ度がぐっと上がる冬のコーデ法:トップスとバックのカラーをリンク

ファッションを楽しむことは、個性を表現するだけではなく自分をより魅力的に見せるためなど、年齢や性別に関係なく生きがいの一つと言えます。 ファッションをより楽しむために、雑誌やTV、インターネットで勉強 …

春一番!雨の日も風の日も乱れないヘアスタイル:乱れ知らずの三つ編み

湿気が多く、雨の日が続く梅雨の時期や、春先の風が強い時期には、ヘアセットしても、すぐに髪が乱れてしまうなんてことありませんか。 朝、念入りにブローをして、髪をしっかりセットしても、学校やオフィスに着い …

楽天モーションウィジェット