スクールカウンセラーとは?仕事内容や現在の待遇


スクールカウンセラーは、不登校やいじめなどの問題に対応することが主な仕事内容です。

現在、日本の15,000校以上の学校に配置されています。

いじめや不登校が学校で問題になっている昨今では非常に重要な役目を担っている仕事ですが、どのような仕事内容なのでしょうか。

スポンサーリンク

スクールカウンセラーとは?

スクールカウンセラーの仕事内容

スクールカウンセラーの仕事内容は、生徒や保護者、教職員の問題解決をサポートする業務と、問題が発生した時に大きくならないように未然に防ぐ業務があります。

問題解決のサポートは悩みを抱えた生徒の相談に乗ることが主ですが、それに加えて、教職員や保護者への助言や援助、各専門機関との連携を取ることも仕事内容に含まれます。

また最近はストレスを抱えた教職員も多いので、そのメンタルケアを行うこともあります。

時には養護教諭と連携を取って、保健室に来る生徒の精神状態や家庭問題の解決に協力する場合もあります。

スクールカウンセラーは生徒や教職員を評価する立場にないので、学校という枠組みを外れた存在であることが必要です。

スクールカウンセラーは学校において心を許せる存在であり、安心して相談できる心理学の専門家としての成果を上げています。

また大きな事件や災害時にスクールカウンセラーの仕事内容に注目が集まることがよくあります。

緊急時の生徒の心の傷は非常に大きい場合もあるので、学校全体の心理面の回復にスクールカウンセラーが重要な役割を担っています。

問題が発生した時に、いかに大きくならないように未然に防げるかが重要なのです。

今やスクールカウンセラーは、学校になくてはならない存在となってきています。

スクールカウンセラーになるには

学校にとってなくてはならない存在であるスクールカウンセラーですが、その人手は足らないといわれています。

スクールカウンセラーになるには、臨床心理士か精神科医または大学教員のいずれかの資格が必要となります。

その中で臨床心理士の資格は、スクールカウンセラーの9割が取得しています。

スクールカウンセラーになるには、まずは臨床心理士の資格を取得するのが近道であると言えます。

心理カウンセラーの資格を持っている場合も働くことは可能ですが、待遇の面でかなり変化があります。

スクールカウンセラーの待遇

スクールカウンセラーは非常勤職員の場合が多いので、週に数日しか仕事がないこともあります。

一般的に時給は高く、3000円から5000円ほどになりますが、1か月トータルで考えると、そこまで待遇がいいとは言えません。

また心理カウンセラーの資格で働く場合は、時給で2000円から3000円となります。

そのため、いくつかの仕事を掛け持ちしている人も多く、家族を養う立場の人にとっては厳しい待遇でもあります。

残業は非常勤ということでまずありませんが、大きな問題を抱えている場合は勤務時間外の仕事を行う必要もあります。

学校に出勤した場合は主に相談室で過ごしますが、教室や場合によっては家庭訪問を行うこともあります。

また、教室に入ることができない保健室登校の生徒の様子を見に行ったりと、積極的に動いて生徒のSOSを見逃さないようにしないといけません。

しかし非常勤職員という立場から、毎日学校に出勤しているわけではないので、生徒が相談するタイミングを逃す場合もあるようです。

そのため、現在の雇用形態を改善すべきであるという声もあります。

雇用面の環境を整えることは、生徒にもっと寄り添うことにつながるので、問題改善に期待が集まっています。

スクールカウンセラーの魅力

スクールカウンセラーの一番の願いは、子供たちの健やかな成長を応援するということです。

思春期で傷つきやすい生徒の悩みとじっくり向き合い、どう導いていくかをしっかり考えないといけません。

そんな中で、悩んでいた生徒に笑顔が戻ったり、前向きな報告を聞くことができることが何よりのやりがいとなります。

悩みを乗り越えて逞しく成長する生徒を見ることができるのはスクールカウンセラーの仕事の魅力といえます。

しかしそのためには、現代の子供たちの悩みをよく理解できるかどうかが重要になります。

昔とは環境がガラッと変わってきているので、それに対応できる柔軟性も必要となります。

何より、生徒の悩みとじっくり向き合える忍耐力や人間性が大切です。

時には、聞くのもつらい相談内容と向き合わないといけないでしょう。

そんな生徒たちの心の闇と向き合うためにストレスを抱えるカウンセラーも少なくありません。

スクールカウンセラーは強い使命感を持ってその生徒たちの闇に向き合って仕事をしているのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格, 民間資格
-

関連記事

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ユニバーサルマナー検定」

ユニバーサルマナー検定について知る前に、まずは用語であるユニバーサルマナーという言葉について考えてみましょう。 ユニバーサルという言葉を直訳してみると、全体の・全てに属する・全てにかかわる・一般的な・ …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:経絡リンパマッサージ・セルフケアインストラクター

リンパマッサージは女性の中でも人気を集めるマッサージであり、体のむくみや老廃物を排出できるよう積極的に行う人も少なくありません。 リンパマッサージに東洋医学の十二経絡を融合させ、その指導を行えるのが経 …

医療系の資格:薬剤師になるには

薬剤師になるには、薬剤師国家試験を受けて合格する必要があります。 試験に合格すれば、晴れて薬剤師として医療に従事できるようになります。

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自家用操縦士(飛行機・回転翼航空機)

旅行などで飛行機を利用することもありますが、そのような大型のもの等を操縦するには選ばれた人しか行えません。 しかし、自家用操縦士の資格を取得すれば、小型の航空機を操縦することができます。

学校事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

学校事務は、人気のある仕事で未経験でも働くことができますが、経理業務もあるため、簿記の資格などがあると有利だと言えます。 仕事内容は幅広く、さまざまな業務をこなしていかなければならないため、最初のうち …

楽天モーションウィジェット