学校事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

学校事務は、人気のある仕事で未経験でも働くことができますが、経理業務もあるため、簿記の資格などがあると有利だと言えます。

仕事内容は幅広く、さまざまな業務をこなしていかなければならないため、最初のうちはどんどん聞きましょう。

スポンサーリンク

学校事務の大まかな仕事内容

学校事務とひとえに言っても、小中高、専門学校、大学、学習塾などの教育機関があり、仕事内容も期間によって少しずつ異なってきます。

一般的な学校事務の仕事は、施設や備品管理、来客や電話の対応、経費の精算や伝票作成、郵便物の手配など様々です。

そのため、パソコンはワードやエクセルだけでなく、パワーポイントも使いこなせるほうがいいでしょう。

学校の規模が大きければ、複数の事務食品が配置されていますが、小規模の場合は、一人でこなさなければいけない場合もあります。

そのため、特に一人で全ての業務を行う学校事務の仕事の場合は、未経験で入ると慣れるまで相当大変だと言われています。

ただ慣れてしまうと、手際よくこなしていけるようになります。

また、中学や高校で学校事務の一般的なスキルを身につけてから、専門学校や大学、語学学校などの事務に、転職されるかたもいると言われています。

学校事務の経験を身につけると、様々なスキルが蓄えられ、色々な分野で応用がきくようになりますので、転職するときにも役に立ちますしメリットもあります。

コミュニケーション能力も必要です

主に、裏方の作業となりますが、教職員や学生とのコミュニケーション能力も必要になります。

特に、教職員との会話は、仕事をスムーズに進めるために必要となりますので、人と上手に接するスキルも必要となります。

教職員の方々と上手くコミュニケーションをとりながら、地道に作業をしていくようにしましょう。

大学の事務に携わる場合は、一般的な学校事務の仕事の他に、学生の相談や就職のサポートを行う場合もあります。

学校事務は、学校の顔という側面も持っていますので、身だしなみや言葉遣い、来客対応の仕方にも注意が必要となります。

パソコンの操作がひととおりこなせれば、特別な資格は必要がないので、未経験でも働けますが、普通の会社での一般事務ともまた異なる特殊な業種ですので、教育現場で働くという責任感も、強くなるのが特徴的です。

ベテランになると、学校の支出監理も任されるケースがあるようですが、まずは着実に仕事を覚えこなしていくようにしましょう。

責任感が強くなるし、学生のサポートもできますので、やりがいもあると言われています。

他業種からでも転職できます

別業界から学校事務に仮に転職する場合でも、前の職種のスキルが重宝されて採用に至るケースもあります。

接客スキルが必要であることから、接客業の経験のあるかた、経理経験のあるかたは、経費や予算管理などを任せやすいので、重宝されることがあります。

基本的なビジネスマナーが身についている人が、望ましいと言えるでしょう。

最近では、大学や専門学校に留学生も増加しているため、英語ができる方や海外での留学、就業経験のある人も採用されやすいです。

それでも一番重要なのはパソコンスキルですので、自信のない方は、学んでおくことをおすすめします。

パソコンの資格などを、取得しておくと、さらにいいでしょう。

何らかの事務経験があれば、採用されやすいですが、連携ワークも必要となりますので、周囲とスムーズに連携作業ができる人や、周囲の様子を見ながら、自分の判断で仕事ができる人なども向いています。

地道でコツコツとした作業が好きな人も、向いていると言えるでしょう。大変ですが、残業は少ないと言われており、そこが最大の魅力となります。

スキルが身につけば将来性が高くなります

短大や大学卒業から、未経験で就職することも十分にできますが、パソコンや接客のスキルがないと大変ですので、学生のうちに、資格取得や接客のアルバイトなどで慣れておくのも、いいと考えられます。

また、学校事務という職業が、ひととおりこなせるようになると、あらゆるスキルが身につきますので、将来性も高くさらなるスキルアップを目指せますし、異なる学校事務への転職が可能になるほか、さまざまな業界への転職もしやすくなります。

費用や会計のスキルも必要になりますので、将来は、他分野で経理として働くこともできます。

そのため、数字が苦手な人にとっては、少し向いていない職業と言えるでしょう。

しかし、更に特殊な職業の事務員として働くこともできますので、かなり幅広い将来性が見込めます。

学校事務は、真面目でコミュニケーションも円滑に進められる人が、好まれやすいですが、新卒で未経験のうちは、色々なことを学べるチャンスですので、どんどん吸収していくようにしましょう。

わからないことはあって当然ですので、最初のうちは誰かに聞くことが大切です。

最後に

学校事務は、特別必要な資格はありませんが、パソコンのスキルやコミュニケーション能力が求められます。

仕事内容も幅広いですが、未経験でも働けて、様々なスキルが身につき、将来の可能性も広がりやすい鵜職業ですので、おすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

仕事に役立つ英語の資格:日商ビジネス英語検定

日商ビジネス英語検定は、海外取引を行う企業などビジネスで使える英語力を証明することができます。 海外取引に関する実務的な内容などの理解度が問われる資格です。

行政書士はどんな仕事?資格の難易度と合格率は?

スポンサーリンク 行政書士とは? 法律関係の職種と聞かれると、弁護士や検査官、そして裁判官を挙げる方が多くいらっしゃいます。 これらの仕事は、あまり法律に馴染みのない方たちにとっても広く知られているも …

ニッチな外国語の資格:ロシア語能力検定試験

英語や中国語はメジャーで広く知られている言語です。 しかし世界は広く、私たちの知らない言葉や文字がたくさんあるのも事実です。 そんなニッチな外国語の中から、大きくて未知の国、ロシア語をチョイスしてみて …

おもてなしの心が身につく!ホテル・ブライダルの資格「レストランサービス技能士」

「レストランサービス技能士」は、「(社)日本ホテル・レストランサービス技能協会」が実施する試験で、おもてなしの心が身に付く、厚生労働省が認定する国家資格になります。 ホテルのフード&ビバレッジといわれ …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「色彩技能パーソナルカラー検定」

カラフルな色を見ていると、本当に気持ちが和んで落ち着いたりすることも感じることが多いと思います。 疲れている時にはこんな色を見るとよいとか、調子の悪い時にはあの色を見るとよいとか、それぞれ色を見ること …

楽天モーションウィジェット