片付け上手になれる!整理収納アドバイザーの資格とは?


「整理収納アドバイザー」とは、部屋が片付かない・収納がうまくいかず必要なものがすぐに見つからない、などの問題を解決する、片付けのプロのことです。

この資格を取得すれば、自身の片付けはもちろんのこと、片付けに悩む人々にアドバイスをし、問題を解決することができるようになります。

単に「物を片付ける」だけでなく、「散らかりにくい部屋を作る」ことで、より暮らしやすい環境を生み出せます。

スポンサーリンク

整理収納のノウハウが学べる整理収納アドバイザー

整理収納アドバイザーの資格の種類

整理収納アドバイザーには、1級から3級までが用意されています。

1級を取得すれば、プロのアドバイザーとして一般の家庭で指導を行ったり、セミナーの講師として活動したりすることができます。

きちんとした仕事としての資格取得を目指すのであれば、この1級を取る必要があります。

あくまでも「自分や身近な人のために片付けの勉強がしたい」という場合は、2級か3級の資格を取得すれば、必要なノウハウを得ることができるでしょう。

2級を取得する際、必ずしも3級の資格を取得している必要はないので、最初から2級を目指すこともできます。

ちなみに1級を取得する場合は、2級の資格を取得している必要があります。

3級は簡単な講座を受講すればテストなしで資格を取得でき、2級も必要な講座を受講すればすぐに資格を取得することができます。

一度資格を取得すれば、それ以降更新の必要はありません。

整理収納アドバイザーを取得するには

資格の取り方にはいくつかの方法があります。

「実際にプロのアドバイザーの話を聞きながら勉強したい」という方は協会が開催している講座を、「自宅でゆっくりと学びたい」という方は通信講座を、というように自分に合ったやり方で学んでいくことが着実な知識の習得につながります。

1.ハウスキーピング協会の講座を受講する

基本的な方法としては、そもそもこの「整理収納アドバイザー」という認定資格を主催している「ハウスキーピング協会(NPO法人)」の講座を受講することです。

2級・3級の場合は、全国各地で行われている講座に申し込み、それを受講すれば簡単に資格を取得できます。

1級の場合は、まず2級の資格を取得したうえで、1級の予備講座を受講します。

その後、一次試験(筆記)、二次試験(実技)を受験し合格すれば、晴れて「整理収納アドバイザー」として様々な方面で活動できるようになります。

2.通信講座を受講する

もう一つの方法としては、通信講座を受講することです。(ただし2級のみ。)

ハウスキーピング協会から認定を受けた「ユーキャン」の行っている通信講座の場合、4ヶ月ほどで2級の資格と「1級の受験資格」を得ることができます。

こちらは全て在宅で行えるので、「講座を受ける時間がなかなか取れない」「自分のペースで勉強したい」という方に向いています。

通信講座で「1級の受験資格」を得た場合、1級の資格試験の内の「予備講座」を飛ばして「一次試験」から受験することができます。

整理収納アドバイザーでできる仕事は?

さて、ここからは「プロの整理収納アドバイザー」が実際にどのような活動を行っているのかについて説明していきます。

ただし、「整理収納アドバイザー」を名乗って活動するには1級の資格が必要となります。

整理収納アドバイザーの主な業務は、大きく分けて2つあります。

1.コンサルティング

1つ目は、片付けや収納に不安や問題を抱える一般の家庭に赴き、適切なアドバイスを行う「コンサルティング」としての役割です。

日々の片付けに悩む人々と共に考え、その人それぞれに合った収納プランを提供していくことで、より一層住みやすい環境を整えてあげることができます。

きちんと整理されている環境というものは、そこで暮らす人々の気持ちを前向きにしてくれます。

身の回りの物の整理をすることは、それがそのまま気持ちの整理につながることもあり、その手助けをすることができる整理収納アドバイザーは、やりがいのある素敵な役割です。

2.セミナーの講師

2つ目は、企業や団体等に赴き、実用的な収納術などに関する講演を行う「セミナーの講師」としての役割です。

家庭内の整理収納以上に、より効率が求められる職場の整理収納は重要です。

社内教育セミナーなど、その企業の社員に向けた収納指導は非常にやりがいのある仕事と言えます。

3.住まいに関する仕事

上記2つの主な役割以外にも、たとえば建築関係や不動産などの「住まい」に関係した仕事についている人であれば、きっとこの資格は多いに役に立つでしょう。

中には書籍を出版したり、ブロガーとして自身のノウハウを多くの人に提供したりしている人もいるようです。

日々の暮らしの中で常につきまとう「片付け」の悩みと真っ向から向き合える資格だからこそ、幅広く様々な方面へと応用することができるのでしょう。

最後に

ここまでプロの仕事について述べてきましたが、それほど気負う必要はありません。

2級までなら簡単に取得することができますし、それだけでも身の回りをより暮らしやすい環境へと変えていくことは十分できます。

さほど難しく考えず、「身の回りを整理したい」位の軽い気持ちで資格の取得を目指してみるのがいいでしょう。

それがきっと、より住みよい環境へと自分を導くことにつながります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

英語の資格が活かせる仕事:日本語教師

国際化していく現代社会で活躍するために、英語教育の重要性が叫ばれていますが、依然として日本人で英語をネイティブレベルで活用することができる人材を見つけることは難しいということが現状です。 もし、あなた …

専門職には欠かせない!技術系の資格「電気工事士」

いろいろ世の中には資格試験がありますが、試験内容が簡単なものから、難しいものまで数多くありますし、また仮に試験に合格したとしても、それで生活していけるのかどうかわからないものも多くありますよね。 とこ …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本実戦話力検定」

日本人なら、日本語を話せて当たり前と考える人もいるでしょう。 しかし、単純に言語として発音できるだけでは、役に立たない場面も多いです。家族や知人と話したり、買い物をしたりするなど、日常生活を送るだけで …

趣味で取れる実用的な資格:編物技能検定

いろいろな資格がありますが、編み物にもあります。 編物技能検定です。 ずっと編み物を楽しんでいる人は、自分がどれくらいのレベルなのかを確かめるためにも受験してみるのも良いかもしれません。

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:リハビリテーションミュージック指導講師

音楽をリハビリや健康のための活動に生かす音楽療法が世間の注目を集めています。 音楽の持つ力を最大限に活かしたこの療法をマスターする方に送られる資格が、リハビリテーションミュージック指導講師です。 リハ …

楽天モーションウィジェット