思わずアノ頃に戻りたくなる!高校生が主人公のおすすめ青春映画3選

「高校生」という3年間は、人生において短い時間です。その中で過ごす青春はさらに短く、瞬く間に去って思い出になった出来事に、子供だった大人は苦い思いとともに当時を噛み締めます。

その思い出は、勉強や部活など様々ですが、高校生を主人公にした青春映画もまた、多種多様なテーマで演出しており、見所が満載です。

スポンサーリンク

日本の青春映画と言えば「ウォーターボーイズ」

2001年に公開された映画「ウォーターボーイズ」の舞台は、現在牧之原市と呼ばれている静岡県相良町、その町にある唯野高校の水泳部は、鈴木智という男性高校生しかいないので廃部寸前でした。

ところが美人教師、佐久間恵が顧問に着任すると部員の数は30人に一気に増えます。何とか廃部の危機を脱したかと思った矢先、佐久間は「シンクロナイズドスイミングを教えたかった」とカミングアウトしました。

佐久間のカミングアウトによって、急増した部員を一気に減らし、残された5人のみです。

部長の鈴木、元バスケ部員の佐藤、ダンスが得意な太田、カナヅチな金沢、少し女の子っぽい早乙女たちは、佐久間の希望通りに渋々学園祭に向けてシンクロの練習をしていく事になりました。

「ウォーターボーイズ」にはモデルがあり、埼玉県立川越高校の水泳部が、1988年から文化祭の演目として行っているシンクロ公演を、映画プロデューサーが1999年に放送されたドキュメンタリーを見た事がきっかけです。

矢口史靖監督の協力もあって、映像化に成功しましたが、当初は少数の映画館のみの上映でした。

ところが、公開してから次第に口コミと全国各地のキャンペーン、宣伝のおかげで注目を浴びるようになり、大ブレイクしました。

現在でも、部活に頑張ったり、恋に戸惑ったりする高校生たちの姿を見たいというファンは大勢います。

ウォーターボーイズ スタンダード・エディション [ 矢口史靖 ]

夏の青春がいっぱい「ぼくと駐在さんの700日戦争」

「ぼくと駐在さんの700日戦争」は、2008年に公開された映画で、通称「ぼくちゅう」と呼ばれています。

元々は、2006年にブログのエッセイとして書かれた作品ですが、徐々に人気を集めて、2007年には英語版の「ぼくちゅう」がアメリカで行われている、ワールド・トップ・ブログにおいてユーモア部門の1位に飾りました。

映画と原作では異なる部分はありますが、気にせず見る事が出来ます。

1979年、まだ日本が昭和を満喫していた時代の高校生である「俺」ことママチャリの周囲には、個性的な友人たちがいました。スケベな悪ガキや真面目なクラスメイト、後輩など多種多様です。

そんな彼らが一致団結して取り組むのは、悪戯です。しかし悪戯には、「相手に怪我を負わせてはならない」などルールがあります。 そのルールを全てクリアできる標的が、ママチャリたちの前にいました。

それは、町に来た駐在さんです。ママチャリたちは、事あるごとに駐在さんに悪戯を仕掛け、駐在さんも大人げない反撃をしていく日々が続きました。

ところがある日、ママチャリたちはある女の子のために「悪戯」のルールを破りかねない行動に出ます。

以上が、「ぼくちゅう」のあらすじです。キャストは市原隼人さんや佐々木蔵之介さん、ガッツ石松さんなど豪華なのに、馬鹿馬鹿しい悪戯や言動はくだらなくて笑ってしまいます。

しかしコメディだけでなく、ハートフルな要素もあるので、最後には胸があたたかくなりました。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争【Blu-ray】 [ 市原隼人 ]

海外の青春なら「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

誰もが一度は耳にしたことがある「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、不朽のSF映画ですが、同時に青春映画としても素晴らしい作品です。

1985年、カリフォルニア州ヒルバレーに住んでいる高校生のマーティには、科学者の友人がいました。彼の名前はエメット・ブラウン博士、愛称はドクです。

孫と祖父と言ってもいいぐらい年齢が離れた2人ですが、マーティはドクのところに遊びに行くほど、大好きでした。

ある日マーティがいつものように遊びに行くと、そこにはデロリアンを改造したタイムマシンがあり、話を聞いたマーティは、さっそくドクとともにタイムマシンの実験を協力します。

ところが実験中、ドクを恨む相手のせいで、ドクは命を落としてしまいました。タイムマシンで命からがら逃げたマーティは、1955年にタイムスリップします。

元の時代へと帰還と、ドクの命を救う手段を模索するマーティでしたが、1955年のマーティの母がマーティに恋をしてしまい、自分が消滅してしまう可能性が発生しました。

はたしてマーティは、体験した事がないトラブルを解決できるかというストーリーです。

当時は学生だったマーティの母や父たちのロマンスや、1955年の雰囲気は青春が満載で、過去に戻りたくなります。

バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション ブルーレイBOX【Blu-ray】 [ マイケル・J.フォックス ]

「君に届け」や「スパイダーマン」など他にもあります

主人公が高校生であり、青春を感じられる映画は他にもたくさんあります。

原作は人気の少女漫画である「君に届け」は、自信がなかった女子高生が、爽やかな人気者の男子生徒と親しくなった事がきっかけで、学校生活を満喫していく姿が描かれており、漫画やアニメ同様に大ヒットしました。

「スパイダーマン」も、高校生の青春を味わえる映画です。スーパーヒーローになった主人公の葛藤や苦悩、ヒーローになっても変わらない、一般人の感性に共感を覚えるファンや観客は少なくありません。

葛藤と言えば「桐島、部活やめるってよ」も、登場人物たちの葛藤やストレスが見せ場となっています。

男子バレーボール部のキャプテンである桐島が、部活を退部する事で広がる波紋と、登場人物たちの心理を描かれており、第34回ヨコハマ映画祭作品賞および監督賞など輝かしい賞を数多く受賞しました。

他にもバンドを結成した女子高生たちの、等身大な姿が好評な「リンダリンダリンダ」や、超能力を手に入れてしまった3人の高校生たちの日常が崩壊する「クロニクル」、見た目は可愛いのに中身は男気あふれる「下妻物語」が挙げられます。

DVD/君に届け DVDプレミアム・エディション (本編ディスク 特典ディスク) (初回生産限定)/邦画/VPBT-13531

最後に

青春時代の人間は、とても繊細でありながら大胆な時もあり、大人になって見てみると首を首を傾げてしまうほどです。

けれど、間違いなく楽しくても悲しくても、成長の過程で大切な出来事であると言えます。

だからこそ、青春映画は色褪せる事がありません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 映画
-,

関連記事

読んだあと運動したくなる!おすすめスポーツ漫画3選

漫画雑誌を開けば、必ずといって良いほどスポーツをテーマにした作品が連載されています。 学生時代はそんなスポーツ漫画に影響されて部活を決めた人も多いのではないでしょうか。 数ある作品の中で、読んだ後に自 …

実写化が大成功した「アニメ」といえば?

日本においてアニメは、重要な文化の一つでファンが多いです。 人気アニメを実写化することは、原作ファンから戸惑いの声が寄せられることもありますが、大成功してアニメの存在を知らなかった人まで、ファンに取り …

ヨドバシ.comの電子書籍ストアの特徴とおすすめポイント

電子書籍は新時代の読書のスタイルです。紙の本だけを読む時代は終わりました。 既に日本人の間でも、その文化は浸透し始めています。 既に紙の本を離れて、電子書籍一本でコンテンツを楽しんでいる方も少なくはあ …

無料で読める電子書籍サイト「青空文庫」の特徴とおすすめポイント

著作権が切れている古い作品でも、名作といわれる読みごたえのあるものがたくさんあります。 無料でたくさんの作品を電子書籍として読むことができるのが青空文庫です。 様々な作品を無料で読むことができるので気 …

映画化しているおもしろい小説5選

なんといっても最近の日本映画には勢いがありますよね。 中でも小説を元にした映画は数多く、映画公開が決まってから売れる小説も多いのではないでしょうか。

楽天モーションウィジェット