海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(機関)

船橋当直3級海技士は船橋のブリッジなどで、安全に航海を行うため当直制度によって監視を行う船員のことです。

船橋当直3級海技士(機関)の役割は、推進機関や操舵装置などが安全に正常に動いているのかに関して、監視したり点検を行います。

スポンサーリンク

船舶運行の安全を確保するスペシャリスト

船橋当直3級海技士(機関)は船舶のブリッジで船舶運航の安全を確保する専門家になるための資格です。

船橋は船舶での甲板上の高い位置にあるブリッジと呼ばれる場所のことで、そこで監視を行ったり海の安全を守るのが仕事で、24時間で勤務態勢をしいており、ブリッジから気象や視界、周囲の状況や障害物の有無などさまざまな状況を監視することで、安全な運航を確保します。

船橋当直3級海技士(機関)の資格を取得するには、別途「海技士国家試験」を受験しなければいけません。

筆記試験や身体検査、口述試験などの各試験に合格すると資格が得ることができます。

資格を得るのに、合格した後に「海技士免許講習」などを受ける必要があり、 国土交通大臣が指定する船舶職員の養成施設の過程を修了すると、海技士免許講習や学科試験などが免除されるケースがあります。

受験資格として、19歳9ヶ月以上が必要で、免許年齢は20歳となります。

乗船履歴として、試験が開始する以前の15年間において、所定の乗船履歴などが必要です。

筆記試験や口述試験などがある

資格試験内容はいくつかの試験に合格する必要があります。

筆記試験として、主に機械に関する科目その1や出力装置、プロペラ装置などがあります。

機械に関する科目その2や補機、電気工学や電子工学、電子設備や自動制御装置などのさまざまな項目があり、その他には執務に関する科目や当直・保安、機関一般や船舶の環境汚染防止なども必要です。

応急医療に関する項目も出題されます。口述試験として、試験 内容は筆記試験の範囲から出題され、筆記合格者に実施されることになります。

資格試験の合格率は90%前後と高く、資格試験日は年4回実施されており、だいたい2月、4月、7月、10月に行われています。

試験を受けるには、各地方にある運輸局に問い合わせると良いでしょう。

受験料は筆記試験が5,400円で、口述試験が5,500円で、身体検査が870円となっています。

比較的合格率が高く、受験費用もそれほど高くないので受験しやすい資格の1つでしょう。

1年間に4回実施されているので、都合の良い時期に資格受験を行うことが可能です。

船舶運行の経験がある人が求められる

受験資格には17歳9か月以上が求められますが、その他にも満たしていなければいけない条件があります。

例えば、総トン数1600t以上の沿海航行の船舶や、総トン数20t以上の近海や遠洋航行船舶などで3年以上の船舶運航の経験のある人が必要です。

また、総トン数500t以上の沿海航行の船舶や、総トン数20t以上の近海や遠洋航行船舶などで1年6か月以上で、4級海技士(航海)の資格があり航海士としての経験がある人も求められます。

総トン数200t以上の沿海航行の船舶や、総トン数20t以上の近海や遠洋航行船舶などで1年以上で、4級海技士(航海)の資格を有しており、船長や一等航海士などの経験がある人もです。

身体検査もあり、普通の運動能力や体力があると大丈夫でしょう。

その他には視力が求められ、矯正視力では0.6以上が必要です。

弁色力、つまり色を正しく認識する力が求められたり、適切な聴力や眼疾患などの有無、疾病があるかないかなどが検査対象となります。

身体的に心配な人は事前に問い合わせると良いでしょう。

級が上がるにつれて難しくなる

海技士国家試験にはいくつかの種類があり、航海、通信、機関、電子通信の4種類があります。

階級は主に6段階あり、数字が小さくなるほど難易度が高くなります。

例えば海技士(機関)の場合は1級〜6級海技士(機関)試験があり、船橋当直3級海技士(機関)試験があり、内燃機関2級〜6級海技士(機関)試験などがあります。

海技士国家試験はその階級が上がるにつれて難易度もあがるので、受験生が難易度に悩まされているでしょう。

筆記試験対策として、過去の試験問題を3年間分ほど取り組むことでかなり対応することが可能です。

最難関である1級は、だいたい6年間分の過去の問題を解けるようにしておき、口述試験対策にも力を入れると良いでしょう。

1級などの口述試験は難しく、試験官によって質問内容が変わったり、受験する人の乗船経験などによって異なるケースがあります。

知識はもちろん、現場である乗船中に問題にどう対処できたかが問われるようです。

船橋当直3級海技士(機関)の資格を取得した後、キャリアアップとして上の階級を目指すことができます。

最後に

船橋当直3級海技士(機関)は運航士とも言われている船舶・甲板部職員の資格で、当直勤務体制によって常にブリッジから気象状況を観察したり、航行状況などの必要な情報を収集したり解析することで、船舶航行の安全を図ります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:栄養士

健康や美容にとって、栄養は欠かせません。 そのための栄養の知識は、義務教育では詳しく教わらないことが多いです。 大切なことなのに国語や数学などに必要性が押されてしまう栄養の知識は、大人になってから必要 …

美容やファッションに関わる資格:ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定は、ファッション性はもちろん、カラーコーディネーターやビジネスをしていく上で欠かせない経営学を学べます。 更に美容等の分野も網羅しているカリキュラムで、幅広く様々な知識を得 …

主婦にオススメの資格「整理収納アドバイザー」

整理収納アドバイザーとは、なぜ部屋が片付かないのか、その原因や問題点を見つけ出して、根本から問題を解決する、片付けや整理収納のプロフェッショナルと言えます。 比較的簡単に取得することができる資格であり …

経験なしでも取得できる!給料アップに繋がる3つの資格

就職に有利になるとして資格を取得する人は多くいますが、全ての方がその資格を活かせているというわけではありません。 資格には、国家資格や民間資格を合わせると数多くの種類があります。 そのため、中には取得 …

専門職には欠かせない!技術系の資格「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者」

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者は、法律(労働安全衛生法)で酸素濃度が低くなるような場所(タンク内や窒素などの不活性ガスが充満した所など)、または酸欠の可能性と共に硫化水素中毒の恐れもある場所(下水道 …

楽天モーションウィジェット