紙と鉛筆だけで始められる!川柳の魅力と楽しむポイント

川柳
川柳はいつでもだれでも手軽に楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

手軽に楽しむことが出来る川柳

紙と鉛筆があれば誰でも始められますが、その場で思いついたことを記憶しておくだけでもいいのです。
記憶だけなら紙も鉛筆もいりません。

ただ、思いついたことはすぐに忘れてしまいがちですから、紙に書いて残すということはとても大切です。

川柳はこの思い付きというものをとても大切にするのがポイントでもあるからです。
ちょっとした感動をわかりやすい言葉にして残すのが川柳の醍醐味といってもいいかもしれません。

そのため、ジャンルを問わず何でも感動したことを川柳にしていくといいでしょう。
日常のちょっとしたことに感動を覚えたことですし、何かを鑑賞していて気持ちが動いたことを川柳にしてもいいのです。

人はいろいろなことで気持ちが動くものです。
景色を鑑賞して感動することもあるでしょうし、何かを食べたり飲んだりして感動するということもあるでしょう。
体を動かしているときやその後で、匂いや音なども気持ちが動く要因となります。

こうしたさまざまなジャンルのものについて、人は心が動くものですから、それを素直な言葉で表現することで、その気持ちが自分の中でもしっかりとイメージすることが出来るようになるのが川柳のいいところでもあります。

いい句が出来ると作った自分もうれしいですし、いい句を聞くとなるほどなというような感じがして共感出来るようになったりするのが魅力でもあります。

魅力ある川柳にするポイントは、イメージにあります。

聞き手がよりイメージが出来るような言葉を選ぶことのがポイントです。

句を読むだけで、その場面にいるようなリアルなイメージをさせることが出来るようなものが、読み手に感動を味合わせることが出来るということになるからです。

人は単に言葉を聞くというのではなく、その言葉からいろいろなイメージを思い浮かべます。

いい句は、そのイメージがより鮮明に浮かぶようになるものです。

あたかも聞き手がその場にいるかのごとくに錯覚させられるような句が、いい句だということがいえるかもしれません。

また、イメージさせられなくても、共感を覚えてもらうというような方法もあります。

絵で感動してもらうか、句のなうように共感してもらうかというところがいい句が出来上がるかどうかのポイントということになるのでしょう。

自分が鑑賞している景色をいかに少ない言葉で、より鮮明に伝えることが出来るのかを考えることなので、知的な遊びとして古来より日本人がこれを楽しんできたわけです。

昔は川柳は、単に言葉遊びということだけではなく、これによって自分の才能や知恵の高さを証明するようなことにもなっていましたから、自分のこれまでの勉強の成果を見せる場として川柳を披露するようなことも行われてきました。

今でこそ川柳は趣味の一つのようなことになっていますが、昔の人はこれに命を懸けるほどの意気込みを持って作っていた時代もあるぐらいです。

つきつめればそれぐらいの奥の深さがあるのが、これ川柳ということになるでしょう。

その場で鑑賞しているかの如くに描写する

上述のように、いい川柳はその場で鑑賞しているかの如くにしっかりと風景描写がなされています。

そのため、言葉を聞いただけで、ハッキリと景色や風景などを瞼に思い描くことが出来るようになります。

この時のジャンルは特に問題ではありません。

何でも人は感動するものです。

最近ではサラリーマン川柳のようなものが流行っていたりして、サラリーマンの悲哀を感じさせるようなものが人気となっていたりしまうが、どんなことを描いてもいいのです。

問題は、そこに共感が持てるのかどうかということになります。

サラリーマン川柳では、その句からサラリーマンの悲哀が共感できるものがうまいと感じることになります。

そのため、単にサラリーマンは苦労が絶えないといったことをいっても、あまりいい句だとは感じられません。

それでは単にサラリーマンの愚痴になってしまうからです。

ですが、愚痴ではなく、仕事の後のビールが格別といったような句となれば、共感する人も増えてくるでしょう。

これがビアガーデンでの一杯となるとまた、共感する人も増えてきます。

これは、共感ということの他に、サラリーマンがビールの一杯を楽しんでいるというイメージが、句を聞いた人に出来るようになるからです。

まるで、その場で見ているような生き生きとした描写がなされていると、聞いていてもなるほどと感じ入るようになります。

絵が全くない言葉にも関わらず、絵をその場で見ているかのようにイメージ出来るということに聞き手も感動をすることが出来るわけです。

それぐらいに人の感情というのは豊かなのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-,

関連記事

身体を動かしてリフレッシュできる趣味:ゴルフ

一昔前までは、ゴルフは中年以降の男性がするスポーツというイメージがありました。 そのため、あまり体を動かすことがない印象が強いです。 しかし、実際ゴルフのラウンドをしてみるとわかりますが、かなり体力を …

宴会で盛り上がる!定番のコインマジックで人気者になろう

宴会に参加をした時には、何か芸ができると盛り上げ役として貢献でき、人気者になれて良いものですが、芸の種類として注目しておきたいのがマジックです。 しかし、マジックと一口に言ってもかなり種類がありますの …

ダンスで楽しむ世界!「社交ダンス」を通して学べる文化と歴史

日本では、社交ダンスや競技ダンスに興味を持つ人が増えています。 社交ダンスは、「ソシアルダンス」とも「ボールルームダンス」とも呼ばれます。

楽しみながら女子力アップができる趣味:インテリア

自宅は自分がくつろぐことができる大好きな空間にしたいものです。 特に女性はインテリアにこだわりを持っている人も多いでしょう。

女性が思わず惚れる!キャンプが趣味だとモテる理由は?

キャンプのバーベキューで女性からモテることは男性にとって嬉しいことです。 但し、モテるためには積極的に行動できることが大切です。 調理を含めて何も出来なければ、返って女性から冷たい目で見られてしまいま …

楽天モーションウィジェット