「世田谷アートフリマ」で見つけるハンドメイドの魅力

世田谷アートフリマは、世田谷で開催するハンドメイド品の展示販売を行うホビーイベントです。

こうしたイベントは、各地で行われていますが、世田谷アートフリマは世田谷の人々を繋げるイベント、世田谷を知って貰うイベントなどの特徴を持ちます。

スポンサーリンク

2003年から毎年開催されているイベントです

世田谷アートフリマは「Art Flea Market」、アートの「のみの市」などと呼ぶホビーイベントです。ホビーとは、趣味などの意味を持ちますが、作り手と買い手を結ぶイベントなどの特徴を持っています。

趣味で、ハンドメイドを楽しむ人も多くなっているわけですが、自分で手作りをした商品を展示して、会場に訪れたお客さんに見て貰える、気に入って貰えたら買ってくれるなどの、素敵なイベントです。

実店を持っていて、商売をしている人なら手作り品を売る事が出来ますし、多くの人々に自分の作品を提供する事が出来ます。しかし、趣味の範疇で楽しんでいる場合には、友達にあげる、家族に使って貰うなどしか出来ません。

世田谷アートフリマは、自分の作品を多くの人々に見て貰えるイベントでもあり、買ってくれた人からの評価を貰える、繋がりが出来るなどの魅力もあります。

尚、世田谷アートフリマは2003年から毎年開催しているイベントで、2017年は9月9日(土)と10日(日)に開催予定になっており、2017年度で15年目を迎える事になります。

ものからものづくりをした人に繋がるイベント

世田谷アートフリマは、普通のフリーマーケットとは異なり、ものからものづくりをした人に繋がる魅力を持つイベントが特徴です。

会場には、多くの参加者がそれぞれのブースで、自分達が制作したアート作品を展示、それを見る人がいて初めて繋がりが生まれ始めます。

手に取って見る事が出来る、実際に触れてみる事が出来るのも、ホビーイベントの魅力でもあり、手に取った瞬間から、作品を作り上げた人と手に取る人とのコミュニケーションが作り出されます。

気に入ったものが見つかった時には、値段を聞いて買う事が出来る、参加者の多くが世田谷に在住しているので、気が合えばハンドメイドの極意を教わる事も出来るわけです。

子供が大きくなって、自分の時間が取れるようになった人など、趣味の一つとしてハンドメイドにも挑戦してみたい時など、世田谷アートフリマに出掛ける事で、手作りの楽しさを教えてくれる友達を見つける事も出来ますよ。

ちなみに、世田谷アートフリマは出展を行うための申請手続きが必要で、審査を受ける事で会場内で作品の展示並びに販売が出来るのが特徴です。

ハンドメイドは世界に一つだけの作品です

2003年から始まった世田谷アートフリマも2017年で15年目、回数としては28回目を迎えるなど、毎年多くの参加者や来場者を持つホビーイベントとして人気を集めています。

手作りの雑貨品を初め、写真やイラストなど、すべてがハンドメイドによるオリジナル作品で、微妙に色の違いや形の違いがあるので、好みの作品を選べるなどの魅力もありますし、まったく同じものがないのがハンドメイドの魅力、世界に一つだけの作品を自分の目で見て、手に取り選ぶ事が出来ます。

尚、世田谷アートフリマの会場は、三軒茶屋キャロットタワーの3階から5階で、東急世田谷線、東急田園都市線の三軒茶屋駅近くにあります。

駅から近いので、会場へのアクセスにも便利ですし、会場は室内になるので雨天の時でも中止になる事はありません。

会場をゆっくりと見て回っていると、自分もハンドメイドの作品を作ってみたいと感じる人も多いかと思われますが、世田谷アートフリマでは恒例の体験ワークショップが用意してあるので、作品づくりの初挑戦も可能です。

ワークショップでは、小学校4年生から大人まで参加する事が出来ます。

出展者の中には過去の来場者も

世田谷アートフリマは、三軒茶屋のキャロットタワー、生活工房やセミナールーム、ワークショップ、市民活動支援コーナーなどの会場を利用して、開催が行われるホビーイベントです。

会場には、多くの参会者が作品を展示販売しており、どれもが手作りのハンドメイドなどの特徴があります。

参加者の中には、過去に来場してハンドメイドの魅力に惹かれ、自分も挑戦、そして参加者の立場になっている人も少なくありません。

世田谷アートフリマでは事前登録と審査が必要で、審査に通過する事で参加が可能になるのが特徴です。ちなみに、ブースの数は2日間のイベントの中で約160組の出店者による、ブースが並ぶ事になります。

アクセサリーを制作販売しているブースも多くありますが、それぞれがハンドメイドなので、自分の好みのアクセサリーを探す楽しみもありますし、気に入ったアクセサリーを販売しているお店の人と会話を楽しむ事も出来ます。

そのため、ものづくりを通じて新しい出会いの場にもなります。ワークショップを利用する事で、ハンドメイドの楽しさを体験出来る魅力もあります。

最後に

世田谷アートフリマでは、参加者が制作したオリジナル作品を展示・販売しています。

2017年度で28回目を迎え、会場にはお馴染みと言える参加者もいますし、今年が初めてと言う参加者もいます。

手作り作品になるので同じものがない、たった一つのアイテムと出会えるのが魅力です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-, , ,

関連記事

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:刺繍

糸と針、そして布さえあればいつでもできる刺繍は、おばあちゃんの趣味として認知されていることが多いかもしれません。 しかし、色とりどりの糸の配色を考え、デザインから針の刺し方、配置や構成を考えるのはとっ …

ハンドメイド販売するなら「tetote」でこだわりのお店始めよう!

手作り品の通販サイトを探しているなら、tetoteがおすすめです。ハンドメイドの作品を、アーティストが販売しているので完全オリジナル、世界にひとつだけのアイテムが購入できます。 アーティストにとっては …

PC初心者におすすめ!パソコン教室で学べること

パソコンに関しての知識が豊富な方もいるでしょう。 周囲にも一人くらいはパソコンなどに関してのスキルを持っている方もいるはずです。 その人がパソコンを使っているのを眺めていると、キーボードやマウスを巧み …

自分のセンスや感性で!写真を習ってみよう

スマホやデジカメの普及で誰でも写真を撮れるようになりましたが、その分上手に撮って周りと差をつけたいですよね。 何回も撮りなおせるから失敗は少ないけれど、なんだかメリハリもないし、インパクトもない。 そ …

ダンスで楽しむ世界!「バレエ」を通して学べる文化と歴史

バレエというと、日本では女の子の習い事として広く定着しています。 最近では、有名な国際コンクールで優秀な成績をおさめたり、世界の名だたるバレエ団で活躍する日本人が増え、ますます注目を集めています。

楽天モーションウィジェット