好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「色彩技能パーソナルカラー検定」

カラフルな色を見ていると、本当に気持ちが和んで落ち着いたりすることも感じることが多いと思います。

疲れている時にはこんな色を見るとよいとか、調子の悪い時にはあの色を見るとよいとか、それぞれ色を見ることによって励まされたり、癒されたりすることがあると思います。

このように、色には私たちの生活に大きな影響を与える要素であるといえます。

スポンサーリンク

色彩技能パーソナルカラー検定について

それらをどのような場面に、どういう時に、使われるかということを的確に判断し、表現することができるという資格があるのです。それは色彩技能パーソナルカラー検定といいます。

自分ではなかなか、どういう色を選べばいいのかわからない方に対しては、その方の目的やその時の場面、どういう状況かに応じて、お客様の期待にしっかりと応えることができる色彩を提案していくのが、このカラリストの仕事となります。

このカラリストの資格を持つことによって、お客様に喜んでもらえるような色を選択すること、所謂色彩のスペシャリストとして活躍していくということ、単なる色の選択だけではなく、商品企画まで含むかなり幅広い活躍を期待することができ、企業などでもこのカラリストを取り入れようとする動きも、今では大分広がってきているのです。

また、商品の色彩を選択するだけでなく、その人の顔色や肌質によって、その人の魅力をうまく引き出すことができるプロフェッショナルこそ、パーソナルカラーリストとなります。

美容業界やファッション業界など、その活躍する場面が沢山あるわけですから、これからもますますその活動の場が広がっていくといえます。

色彩技能パーソナルカラー検定の魅力

では、色彩技能パーソナルカラー検定の試験はいったいどういった内容かといいますと、まさに色彩に着目した内容だといえます。色に対する知識と、その色をどのように組み合わせていけばいいのかということを身につけていく資格でもあります。

色彩を学ぶだけでなく、その配色調和を学び、技術を研鑽していくことができます。その結果、販売やサービスなどといった仕事に大きく役に立つことは間違いありません。また、ファッションや服飾関係もしくは生活の中で言えば、食卓の飾り付けやもしくはインテリアなど、色彩を利用し応用していくことによって学んだ知識を生かすことができます。

こうすることで、生活の質の向上や日常を豊かにすることもできるので、この仕事のもつ役割はとても大きく、責任感のある仕事に就くことができると言えるでしょう。

また試験の出題範囲としても、かなり内容がとても多く、「色彩と文化」をはじめ、「色彩理論」や「ファッション関係の色彩」及び「パーソナルカラー」などを勉強したりします。

1級から3級までありますので、各級に応じて出題される範囲なども違ってきます。

とえば、ヨーロッパの歴史を学ばなければいけなかったり、人が持っている肌の色や髪の色、目の色なども勉強しなければいけません。配色調和の原則なども、しっかりと理解しなければ上の級には行けないといえるでしょう。

また、パーソナルカラーを実践として、どのようなものを使っていくのかということも問われてくるので、この資格試験の難しさがうかがい知れます。ただ、これに受かれば、色彩のスペシャリストとして活躍していくことができますので、それを目標として頑張っていくこともできます。

色彩技能パーソナルカラー検定を取得すれば

この世の中で色が存在しないところありません。必ず明るい、暗い、薄い、濃いなどといった形で色は存在します。そこには必ずその色が持つ力などがありますし、何か伝えようとするメッセージもあるわけです。

だからこそ、我々が意識してその色を用いることにより、何が言いたいのか、何を訴えたいのかということを、間接的に色によって伝えることができるのです。

そういう色をチョイスし、世の中に表現することができるのが、カラリストの役割なのです。それを一定基準に達しているかどうかを確かめることができるのが、この検定試験だと言えるのです。

スペシャリストとして活躍できる場面は多岐にわたり、ファッション業界をはじめ、ヘアサロン業界やブライダル関係もしくはメイク業界やネイル業界なども引く手あまたとなっています。また宝石関係などもそうですが、きらびやかな世界だからこそ、きちんとした色を選んで、それに合った服飾品を選びたい、これは誰しもが願っていることです。

それをうまくチョイスするのが、この仕事といえます。また日常生活においては、普段の生活がそこで繰り返されるわけですから、飽きることのない色彩を持ちたいものです。

ですのでインテリア業界でも、この仕事は非常に不可欠なものとなります。

このように活動できる場面、活躍していく場面は沢山ありますので、この資格を目指し、いろいろなジャンルの業界に羽ばたいていく可能性が広がっているといえるのです。

色彩技能パーソナルカラー検定に受かることにより、自分の能力をもっと広げていくことができるとなれば、今まだ自分では気づいていない事も見えてくるかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

ドイツ語を通して学ぶ文化と歴史

ドイツ語は外国語の中でも比較的馴染みやすい言語で、大学の第二外国語として講義を受けたことがある人も多いはずです。 世界的には約1億3千万人の人に話されていて、ヨーロッパでは母国語とする人の割合が最も多 …

宅建事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

宅建事務というと、宅地建物などの不動産物件を売買したり、その媒介を務める職場での事務処理業になります。 この為、書類作成などの事務関係の資格と、宅建業に関する資格の両面を保持しておくのがおすすめと言え …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語検定」

仕事を引退すると、第二の人生を歩んでいかなくてはなりません。その時に、どんな人生を歩んでいくかを自問自答してみるといいでしょう。 ただ、毎日をなんとなく過ごすのがいいのか、それとも何か目標を持って過ご …

外国語を学ぶ資格:工業英語能力検定

工業英語能力検定の知名度は低いですが、語学系の検定の中で一番役に立ちます。

将来的に独立ができる国家資格:税理士

税理士は景気に影響を受けやすい業界ではありますが、今後、グローバル化の影響で国際会計基準が日本でも大企業や中小企業問わず適用されようとしている流れの中で税理士は必要とされる存在です。 有資格者として企 …

楽天モーションウィジェット