島根県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

出雲大社をはじめとする、観光スポットが人気の島根県。

島根県には、日本海の恵みや宍道湖の名産品を使った、美味しいご当地グルメが沢山あります。

松江を中心にして、お茶の文化が栄えたこともあって、甘い物も高レベル。島根県を訪れたら、ぜひ食べておきたいご当地グルメ5選をご紹介します。

スポンサーリンク

島根といえばこれ!出雲そば

島根のご当地グルメの代表は、日本3大そばの1つである出雲そば。

島根では、古くからそばの栽培が盛んで、地元産のそば粉を使ったそば作りの文化が根付いています。出雲大社の近くに、そば店が集まっているほか、出雲市内や県内全域に多くのお店があります。

そばの実を、皮ごと挽いた粉を使って作る出雲そばは、香りが高いのが特徴。一番有名な食べ方は、割子という小ぶりな器に盛られて出てくる「割子そば」です。

3段重ねの割子にそばが盛られ、大根おろしやねぎ、焼き海苔やもみじおろしなど、何種類かの薬味が別についてきます。好みの薬味を入れて、上からつゆをかけて食べると、そばの強い香りが口の中に広がります。

もうひとつ、出雲そば独特の食べ方が「釜揚げそば」です。これは、茹でたそばを水で洗わず、そば湯と一緒に器に盛ったもの。

出雲大社のお祭りに出る屋台のそば屋が、発祥だと言われます。釜揚げそばは、一口目は何もかけずに食べてみるのがおすすめ。そばの、濃厚な香りが楽しめます。

その後、薬味やつゆを上から加え、好みの濃さにしていただきましょう。

がっつり行きたい!島根の和牛


肉と言えば松坂、米沢などが思い浮かびますが、島根県でも、優れた肉牛が生産されています。島根のブランド牛は、内閣総理大臣賞や農林水産大臣賞などの賞を多く獲得しており、その質の高さには定評があります。

島根県内で生まれ育ち、肉質などの厳しい基準をクリアした黒毛和牛しか、これらのブランド名を名乗ることは許されていません。

島根の和牛の味の特徴は、赤身が美味しいことです。他のブランド牛の多くは、脂肪の美味しさを重視していますが、島根の和牛が大事にしているのは赤身本来の旨味。

こくが深く、最初に感じた旨味の余韻が長く続くのを感じられます。その赤身に、ほどよく霜降りが入っています。霜降りのバランスがよいため、霜降りの多すぎる肉は胸焼けしてしまってという人にも向いています。

お肉をしっかり、がっつり味わうならステーキが最適ですが、和牛を使ったコロッケやライスバーガーもあり、より手軽に島根の高級和牛を味わうこともできます。

宍道湖の恵み、しじみを味わう

島根県のご当地グルメで忘れてはいけないのが、宍道湖で採れる魚介類を使った料理です。宍道湖は、海水と淡水が混ざり合う汽水湖で、独特の環境が多種多様の生物を育んできました。

宍道湖産の魚介類のうち、代表的なものは「宍道湖七珍」と呼ばれていますが、しじみはその筆頭に挙げられます。

宍道湖産のしじみの特徴は、大粒であること。汽水湖は潮の満ち引きによって、塩分濃度が変化するため、その環境に対応しようと内臓が発達したことによります。

味は、他県産のものよりも濃厚で力強く、栄養も詰まっています。

しじみ汁が最もポピュラーな食べ方で、身の味がしっかりしているため、味噌とよく合います。また、粒が大きいので酒蒸しにも向いています。

宍道湖に接する松江市を中心に、多くの郷土料理のお店などが、しじみ料理を提供しています。島根に宿泊すると、旅館やホテルの朝食にしじみ汁が出てくることも多いです。

さっぱりした鯛飯は、お殿様の味

島根の隠れたご当地グルメが、松江の鯛飯です。鯛の身を炊き込んだ鯛飯は、日本のあちこちで食べられていますが、島根の鯛飯はちょっと独特。炊き込みご飯ではなく、ご飯と具とが別々になっています。

具は、鯛の身のそぼろ、別々に裏ごしした卵の白身と黄身という手の込んだもの。それと、大根おろしや葱、海苔などの薬味です。白、黄色、緑色と、具と薬味の色合いのコントラストが美しい料理です。

食べ方も、また独特。ご飯の上に具をのせ、好みでわさびを加え、そこに鰹ベースのだし汁をかけ、だし茶漬にして食べるのです。さっぱりした味で、さらりと口に入っていくのが特徴です。

こうした松江独特の鯛飯は、松江藩七代藩主、名君として愛された松平不昧(ふまい)公の考案が、元になっているのだとか。

これを、松江の老舗料亭の板長がアレンジし、家伝として伝えています。松江市内にいくつかある料亭や、旅館で提供されています。

シメは甘味!出雲ぜんざい

島根の美味しいご当地グルメをたくさん味わったら、最後は甘い物でしめておきたいところ。

松江には、古くからお茶の文化が根付いており、街中には和菓子のお店をよく見かけます。また、出雲はぜんざい発祥の地とされ、大社前には多くのぜんざい屋さんが立ち並んでいます。

出雲大社には、旧暦の10月、全国から神様が集まってくるとされています。この時に行われる神事が「神在祭(かみありさい)」で、そのお祭りの時に「神在餅(じんざいもち)」というものが振舞われたのだとか。

その「じんざい」が訛って、「ぜんざい」と発音され、京都に伝わって今の形に近くなったと考えられています。

現在、出雲大社周辺にあるぜんざい屋さんは、小豆の汁のなかに、2つほどのお餅か白玉が入っているというのが基本のスタイル。

出雲産の大納言小豆を使ったり、お餅の原料を島根産の仁多米にしたりと、各店が個性や郷土色を競っています。ぜひ、ぜんざい発祥の地で味わっておきたいご当地グルメです。

最後に

島根県には、さっぱり系からがっつり系、スイーツまで、様々なご当地グルメがあります。

それらの背景になっているのは、島根の豊かな自然と、由緒ある伝統。

島根のご当地グルメを味わうことは、島根の歴史や文化を味わうことでもあります。

島根県に行くなら、ぜひともこうしたご当地グルメを満喫したいですね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

-->

関連記事

栃木県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

北関東に位置する栃木県は、ご当地グルメの激戦区としても有名です。 両毛線や東北自動車道などの沿線には、佐野ラーメンや宇都宮餃子などの店が人気を集めています。 山間部の日光では、豊富な名水を活用したご当 …

花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「きくらげ」

春が近づき暖かくなると、花粉症が発症します。 スギなどの花粉がとびちり、目や鼻の粘膜に付着すると、鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどの症状が現れてきます。

【いんげん豆】には食物繊維が豊富に含まれている!

いんげん豆は、南北アメリカ大陸の主要作物で、ヨーロッパには、コロンブスの2度目の航海で持ち込まれたとされています。 日本には、江戸時代の前期に、明(みん)からの帰化僧、隠元(いんげん)禅師によって持ち …

お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによる美白効果

冬の間は、色々な食材をバランス良く摂取できるお鍋を頻繁に作る人が多いようです。 野菜も豊富に取り入れることができますので、日頃野菜不足の人にも、最適のメニューです。 気温が低いと、ただでさえ体が冷えて …

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「ファーストフード」

ファーストフードは、カロリーが非常に高く、満足感を得られやすい食品です。 肉・揚げ物が多く、空腹時には、たまらなくおいしいものですが、トランス脂肪酸が多く含まれているのです。

楽天モーションウィジェット